国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018181573) 有機エレクトロルミネッセンス素子用電極、有機エレクトロルミネッセンス素子、有機エレクトロルミネッセンス表示装置、及び有機エレクトロルミネッセンス素子用電極の製造方法

Pub. No.:    WO/2018/181573    International Application No.:    PCT/JP2018/012968
Publication Date: Fri Oct 05 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Thu Mar 29 01:59:59 CEST 2018
IPC: H05B 33/26
H05B 33/02
H05B 33/10
H05B 33/24
H05B 33/28
Applicants: GEOMATEC CO., LTD.
ジオマテック株式会社
Inventors: ITO, Takahiro
伊東 孝洋
Title: 有機エレクトロルミネッセンス素子用電極、有機エレクトロルミネッセンス素子、有機エレクトロルミネッセンス表示装置、及び有機エレクトロルミネッセンス素子用電極の製造方法
Abstract:
可視光領域における反射率を低減することで外部反射を抑え、かつ仕事関数を任意に調整することが可能であり、有機EL素子の陽極、陰極のどちらにも適用可能な有機EL素子用電極、及び有機EL素子用電極の製造方法を提供する。 金属又は合金を主成分とする導電層1と、該導電層の上に設けられた可視光領域の反射率が40%以下の黒化層2と、該黒化層の上に設けられた所定の仕事関数を有する透明導電酸化物からなる仕事関数調整層3と、を含み、可視光領域の反射率が10%以下であり、シート抵抗が1Ω/sq以下である有機EL素子用電極20により解決される。