このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018181412) 円錐ころ軸受
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/181412 国際出願番号: PCT/JP2018/012617
国際公開日: 04.10.2018 国際出願日: 28.03.2018
IPC:
F16C 19/36 (2006.01) ,C22C 38/00 (2006.01) ,C22C 38/04 (2006.01) ,C22C 38/18 (2006.01) ,F16C 33/36 (2006.01) ,F16C 33/58 (2006.01) ,F16C 33/64 (2006.01) ,C21D 1/06 (2006.01) ,C21D 9/40 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
19
専ら回転運動のためのころがり軸受
22
1列またはそれ以上の列の中に実質的に同じ大きさのころをもつもの,例.針状ころ軸受
34
ラジアル荷重およびアキシァル荷重用
36
単列のころをもつもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
04
マンガンを含有するもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
18
クロムを含有するもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
33
軸受部品;軸受または軸受部品の特別な製造方法(金属加工または類似の操作は関係クラスを参照)
30
玉軸受またはころ軸受の部品
34
ころ;針状ころ
36
円筒状以外の転動面をもつもの,例.円すい状;転動面にみぞをもつもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
33
軸受部品;軸受または軸受部品の特別な製造方法(金属加工または類似の操作は関係クラスを参照)
30
玉軸受またはころ軸受の部品
58
軌道;軌道輪
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
33
軸受部品;軸受または軸受部品の特別な製造方法(金属加工または類似の操作は関係クラスを参照)
30
玉軸受またはころ軸受の部品
58
軌道;軌道輪
64
特別な製造方法
C 化学;冶金
21
鉄冶金
D
鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
1
熱処理,例.焼なまし,硬化,焼入れ,焼きもどし,の一般的方法または装置
06
表面硬化
C 化学;冶金
21
鉄冶金
D
鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
9
特定の品物に用いられる熱処理,それに用いる炉,例.焼なまし,硬化,焼入れ,焼もどし(炉一般F27)
40
リング用;軸受レース用
出願人:
NTN株式会社 NTN CORPORATION [JP/JP]; 大阪府大阪市西区京町堀1丁目3番17号 3-17, Kyomachibori 1-chome, Nishi-ku, Osaka-shi, Osaka 5500003, JP
発明者:
川井 崇 KAWAI, Takashi; JP
代理人:
特許業務法人深見特許事務所 FUKAMI PATENT OFFICE, P.C.; 大阪府大阪市北区中之島三丁目2番4号 中之島フェスティバルタワー・ウエスト Nakanoshima Festival Tower West, 2-4, Nakanoshima 3-chome, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5300005, JP
優先権情報:
2017-06334528.03.2017JP
2017-06335428.03.2017JP
2017-06336028.03.2017JP
2017-06397228.03.2017JP
発明の名称: (EN) TAPERED ROLLER BEARING
(FR) ROULEMENT À ROULEAUX CONIQUE
(JA) 円錐ころ軸受
要約:
(EN) Provided is a tapered roller bearing that has a long service life and high durability. The tapered roller bearing is provided with an outer ring, an inner ring, and a plurality or rollers (1012) that are tapered rollers. The outer ring has an outer ring raceway surface in the inner circumferential surface thereof. The inner ring has an inner ring raceway surface in the outer circumferential surface thereof and is arranged inside the outer ring. The plurality of rollers (1012) are arranged between the outer ring raceway surface and the inner ring raceway surface and comprise a rolling surface that is in contact with the outer ring raceway surface and the inner ring raceway surface. At least one of the outer ring, the inner ring, and the plurality of rollers comprises a nitrogen-enriched layer (1012B) formed on the outer ring raceway surface, the inner ring raceway surface, or the surface layer of the rolling surfaces. The prior austenite grain size in the nitrogen-enriched layer (1012B) by grain size number according to the JIS standard is 10 or more. The distance T1 from the outermost surface of the surface layer to a bottom section of the nitrogen-enriched layer (1012B) is 0.2 mm or more. Logarithmic crowning (1022A) is formed on the rolling surfaces of the rollers (1012).
(FR) L'invention concerne un roulement à rouleaux conique qui a une longue durée de vie et une durabilité élevée. Le roulement à rouleaux conique est pourvu d'une bague externe, d'une bague interne et d'une pluralité de rouleaux (1012) qui sont des rouleaux coniques. La bague extérieure comporte une surface de trajet de roulement de bague externe sur sa surface périphérique interne. La bague interne comporte une surface de trajet de roulement de bague interne dans sa surface circonférentielle externe et est disposée à l'intérieur de la bague externe. La pluralité de rouleaux (1012) sont agencés entre la surface de trajet de roulement de bague externe et la surface de trajet de roulement de bague interne et comprennent une surface de roulement qui est en contact avec la surface de trajet de roulement de bague externe et la surface de trajet de roulement de bague interne. La bague externe, la bague interne et/ou la pluralité de rouleaux comprennent une couche enrichie en azote (1012B) formée sur la surface de trajet de roulement de bague externe, la surface de trajet de roulement de bague interne, ou la couche de surface des surfaces de roulement. La taille de grain d'austénite antérieure dans la couche enrichie en azote (1012B) par numéro de taille de grain selon la norme JIS est de 10 ou plus. La distance T1 de la surface la plus extérieure de la couche de surface à une section inférieure de la couche enrichie en azote (1012B) est de 0,2 mm ou plus. Un bombement logarithmique (1022A) est formé sur les surfaces de roulement des rouleaux (1012).
(JA) 長寿命かつ高い耐久性を有する円錐ころ軸受を提供する。円錐ころ軸受は、外輪と内輪と複数の円錐ころであるころ(1012)とを備える。外輪は、内周面において外輪軌道面を有する。内輪は、外周面において内輪軌道面を有し、外輪の内側に配置される。複数のころ(1012)は、外輪軌道面と内輪軌道面との間に配列され、外輪軌道面および内輪軌道面と接触する転動面を有する。外輪、内輪および複数のころのうちの少なくともいずれか1つは、外輪軌道面、内輪軌道面または転動面の表面層に形成された窒素富化層(1012B)を含む。窒素富化層(1012B)における旧オーステナイト結晶粒径はJIS規格の粒度番号が10以上である。表面層の最表面から窒素富化層(1012B)の底部までの距離T1は0.2mm以上である。ころ(1012)の転動面には対数クラウニング(1022A)が形成されている。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)