WIPO logo
Mobile | Deutsch | English | Español | Français | 한국어 | Português | Русский | 中文 | العربية |
PATENTSCOPE

国際・国内特許データベース検索
World Intellectual Property Organization
オプション
検索言語
語幹処理適用
並び替え:
表示件数
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018181226) 触媒及び触媒群
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/181226 国際出願番号: PCT/JP2018/012233
国際公開日: 04.10.2018 国際出願日: 26.03.2018
IPC:
B01J 35/02 (2006.01) ,B01J 23/887 (2006.01) ,C07C 45/35 (2006.01) ,C07C 47/22 (2006.01) ,C07C 51/215 (2006.01) ,C07C 57/05 (2006.01) ,C07B 61/00 (2006.01) ,C07C 45/29 (2006.01) ,C07C 51/23 (2006.01)
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
35
形態または物理的性質に特徴のある触媒一般
02
固体
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
23
グループ21/00に分類されない,金属または金属酸化物または水酸化物からなる触媒
70
鉄族金属または銅に関するもの
76
グループ23/02から23/36までに分類される金属,酸化物または水酸化物と結合したもの
84
ひ素,アンチモン,ビスマス,バナジウム,ニオブ,タンタル,ポロニウム,クロム,モリブデン,タングステン,マンガン,テクネチウムまたはレニウムと結合したもの
85
クロム,モリブデンまたはタングステン
88
モリブデン
887
グループ23/02から23/36までに分類される他の金属,酸化物または水酸化物をさらに含有するもの
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
45
炭素原子または水素原子のみに結合している>C=O基をもつ化合物の製造;それらの化合物のキレートの製造
27
酸化によるもの
32
分子状酸素を用いるもの
33
CHx部分の
34
不飽和化合物における
35
プロペンまたはイソブテンにおける
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
47
―CHO基をもつ化合物
20
非環式炭素原子に結合している―CHO基をもつ不飽和化合物
21
不飽和結合として炭素―炭素二重結合のみを有するもの
22
アクロレイン;メタクロレイン
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
51
カルボン酸またはその塩,酸ハロゲン化物または酸無水物の製造
16
酸化によるもの
21
分子状酸素を用いるもの
215
飽和ヒドロカルビル基の
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
57
非環式炭素原子に結合しているカルボキシル基をもつ不飽和化合物
02
不飽和結合として炭素―炭素二重結合のみを有するもの
03
一塩基性カルボン酸
04
アクリル酸;メタクリル酸
05
気相酸化による製造
C 化学;冶金
07
有機化学
B
有機化学の一般的方法あるいはそのための装置
61
他の一般的方法
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
45
炭素原子または水素原子のみに結合している>C=O基をもつ化合物の製造;それらの化合物のキレートの製造
27
酸化によるもの
29
水酸基の
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
51
カルボン酸またはその塩,酸ハロゲン化物または酸無水物の製造
16
酸化によるもの
21
分子状酸素を用いるもの
23
酸素含有基のカルボキシル基への
出願人: MITSUBISHI CHEMICAL CORPORATION[JP/JP]; 1-1, Marunouchi 1-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008251, JP
発明者: TAZAWA Kazuharu; JP
TANIGUCHI Takanori; JP
NAKAMURA Takuya; JP
代理人: EIKOH PATENT FIRM, P.C.; Toranomon East Bldg. 10F, 7-13, Nishi-Shimbashi 1-chome, Minato-ku, Tokyo 1050003, JP
優先権情報:
2017-06196227.03.2017JP
2017-08864827.04.2017JP
2017-09765516.05.2017JP
2017-09765616.05.2017JP
2018-01254729.01.2018JP
2018-01254829.01.2018JP
2018-01254929.01.2018JP
2018-01255029.01.2018JP
発明の名称: (EN) CATALYST AND CATALYST GROUP
(FR) CATALYSEUR ET GROUPE DE CATALYSEURS
(JA) 触媒及び触媒群
要約:
(EN) The objective of the present invention is to provide a catalyst with which pressure losses and coking are suppressed and with which it is possible to produce a target substance with a high yield, when the catalyst is used to produce the target substance by causing a material to undergo a gas phase catalytic oxidation reaction. The present invention relates to a ring-shaped catalyst which is used when producing a target substance by causing a material to undergo a gas phase catalytic oxidation reaction and which has a straight body portion and a hollow body portion, wherein the length of the straight body portion is less than the length of the hollow body portion, and the catalyst has a concave curve from an end portion of the straight body portion to an end portion of the hollow body portion in at least one end portion of the catalyst.
(FR) L'objectif de la présente invention est de fournir un catalyseur avec lequel des pertes de pression et une cokéfaction sont supprimées et avec lesquelles il est possible de produire une substance cible avec un rendement élevé, lorsque le catalyseur est utilisé pour produire la substance cible en amenant un matériau à subir une réaction d'oxydation catalytique en phase gazeuse. La présente invention concerne un catalyseur en forme d'anneau qui est utilisé lors de la production d'une substance cible en amenant un matériau à subir une réaction d'oxydation catalytique en phase gazeuse et qui a une partie de corps droit et une partie de corps creux, la longueur de la partie de corps droit étant inférieure à la longueur de la partie de corps creux, et le catalyseur a une courbe concave d'une partie d'extrémité de la partie de corps droit à une partie d'extrémité de la partie de corps creux dans au moins une partie d'extrémité du catalyseur.
(JA) 本発明は、触媒を用いて材料物質を気相接触酸化反応させて目的物質を製造する際に、圧力損失及びコーキングが抑制され、高収率で目的物質を製造することができる触媒を提供することを目的とする。本発明は、材料物質を気相接触酸化反応させて目的物質を製造する際に用いる、直胴部と空胴部を有するリング形状の触媒であって、直胴部の長さが空胴部の長さより短く、且つ、少なくとも一方の端部において直胴部の端部から空胴部の端部までが凹曲している触媒に関する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)