国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018181185) 樹脂組成物及び樹脂組成物の難燃性判定方法

Pub. No.:    WO/2018/181185    International Application No.:    PCT/JP2018/012149
Publication Date: Fri Oct 05 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Tue Mar 27 01:59:59 CEST 2018
IPC: C08L 1/00
C08K 5/521
C08L 23/00
C08L 67/04
C08L 101/00
Applicants: THE DOSHISHA
学校法人同志社
Inventors: TANAKA Tatsuya
田中 達也
SANO Yukinori
佐野 之紀
MASUYAMA Kenta
増山 健太
Title: 樹脂組成物及び樹脂組成物の難燃性判定方法
Abstract:
難燃性成形品の製造に適し、少ない難燃剤の添加量であっても高い難燃性を発揮させることのできる樹脂組成物と、樹脂組成物の難燃性を判定するための難燃性判定方法を提供する。 本発明の樹脂組成物は、熱可塑性樹脂と、セルロース系材料と、リン酸系難燃剤とを含み、下記の関係式(1)及び(2)を満たすものである。 (上式(1)及び(2)において、TP、TB及びTCMPは熱重量分析における重量減少速度ピーク時の温度を指し、それぞれ、TP:熱可塑性樹脂の重量減少速度ピーク時の温度(℃)、TB:セルロース系材料の重量減少速度ピーク時の温度(℃)、TCMP:樹脂組成物の重量減少速度ピーク時の温度(℃)である。ただし、樹脂組成物の重量減少速度ピークが2つある場合は低温側の温度をTCMPとする。)