国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018181054) 有機半導体素子、有機半導体組成物、有機半導体膜の製造方法、有機半導体膜、並びに、これらに用いる化合物及びポリマー

Pub. No.:    WO/2018/181054    International Application No.:    PCT/JP2018/011873
Publication Date: Fri Oct 05 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Sat Mar 24 00:59:59 CET 2018
IPC: H01L 51/30
C07D 333/50
C07D 495/22
C08G 61/12
C08K 5/34
C08L 65/00
H01L 21/336
H01L 29/786
H01L 51/05
Applicants: FUJIFILM CORPORATION
富士フイルム株式会社
THE UNIVERSITY OF TOKYO
国立大学法人東京大学
Inventors: SHIROKANE, Kenji
白兼 研史
FUKUZAKI, Eiji
福▲崎▼ 英治
TANI, Yukio
谷 征夫
TAMAKUNI, Fumiko
玉國 史子
USAMI, Yoshihisa
宇佐美 由久
WATANABE, Tetsuya
渡邉 哲也
OKAMOTO, Toshihiro
岡本 敏宏
TAKEYA, Junichi
竹谷 純一
Title: 有機半導体素子、有機半導体組成物、有機半導体膜の製造方法、有機半導体膜、並びに、これらに用いる化合物及びポリマー
Abstract:
有機半導体層が式(1)の化合物及び/又は式(2)の化合物を含有し、又は式(9)及び(10)のいずれかの構造を有するポリマーを含有する有機半導体素子、この素子における有機半導体層に用いる有機半導体膜及びその製造方法、上記有機半導体膜に用いる化合物、ポリマー及び組成物。 X1は窒素原子又はCRaを示し、環A~環Dは特定の芳香族環又は芳香族複素環を示す。 Y1は酸素原子、硫黄原子、CRb2、又はNRcを示す。 Ra~Rcは水素原子又は置換基を示す。 R1及びR2は特定の置換基を示す。 nは1又は2である。 *は結合部位を示す。