このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018180942) 熱伝導性に優れた内燃機関用鉄基焼結合金製バルブシート
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/180942 国際出願番号: PCT/JP2018/011581
国際公開日: 04.10.2018 国際出願日: 23.03.2018
IPC:
B22F 5/10 (2006.01) ,B22F 3/26 (2006.01) ,C22C 38/00 (2006.01) ,C22C 38/60 (2006.01) ,F01L 3/02 (2006.01)
B 処理操作;運輸
22
鋳造;粉末冶金
F
金属質粉の加工;金属質粉からの物品の製造;金属質粉の製造;金属質粉に特に適する装置または機械
5
製品の特殊な形状に特徴がある金属質粉からの工作物または物品の製造
10
先行のサブグループに規定されていない,空洞あるいは穴のある物品
B 処理操作;運輸
22
鋳造;粉末冶金
F
金属質粉の加工;金属質粉からの物品の製造;金属質粉の製造;金属質粉に特に適する装置または機械
3
成形または焼結方法に特徴がある金属質粉からの工作物または物品の製造;特にそのために適した装置
24
工作物や物品の後処理
26
含浸処理
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
60
鉛,セレン,テルル,アンチモンまたは0.04重量%より多く硫黄を含有するもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
L
周期的に作動する機械または機関用弁
3
リフト弁,すなわち少なくとも締め切り面に対して垂直な開閉運動をする部分をもった締め切り部材をもつ締め切り装置;その部品または付属品
02
弁要素または弁座のための特殊な物質の選択;2またはそれ以上の物質から構成される弁要素または弁座
出願人:
日本ピストンリング株式会社 NIPPON PISTON RING CO., LTD. [JP/JP]; 埼玉県さいたま市中央区本町東5丁目12番10号 12-10, Honmachi-Higashi 5-chome, Chuo-ku, Saitama-shi, Saitama 3388503, JP
発明者:
及川 礼人 OIKAWA Ayato; JP
鷹木 清介 TAKAKI Seisuke; JP
大重 公志 OSHIGE Hiroshi; JP
佐藤 賢一 SATO Kenichi; JP
代理人:
落合 憲一郎 OCHIAI Kenichiro; JP
優先権情報:
2017-06062627.03.2017JP
発明の名称: (EN) SINTERED FERROUS ALLOY VALVE SEAT EXHIBITING EXCELLENT THERMAL CONDUCTIVITY FOR USE IN INTERNAL COMBUSTION ENGINE
(FR) SIÈGE DE SOUPAPE EN ALLIAGE FERREUX FRITTÉ MANIFESTANT UNE EXCELLENTE CONDUCTIVITÉ THERMIQUE POUR UNE UTILISATION DANS UN MOTEUR À COMBUSTION INTERNE
(JA) 熱伝導性に優れた内燃機関用鉄基焼結合金製バルブシート
要約:
(EN) The present invention pertains to a sintered ferrous alloy valve seat that is impregnated with copper and has a two-layer structure formed by integrating a functional member-side layer and a supporting member-side layer via an interface, wherein the thermal conductivity at 300°C is set to at least 25 W/m·K in the functional member-side layer and to at least 60 W/m·K in the supporting member-side layer.
(FR) La présente invention concerne un siège de soupape en alliage ferreux fritté qui est imprégné de cuivre et a une structure à deux couches formée par intégration d'une couche côté élément fonctionnel et d'une couche côté élément de support par l'intermédiaire d'une interface, où la conductivité thermique à 300 °C est définie à au moins 25 W/m·K dans la couche côté élément fonctionnel et à au moins 60 W/m·K dans la couche côté élément de support.
(JA) 本願は、機能部材側層と支持部材側層とを境界面を介し一体化してなる2層構造の銅溶浸された鉄基焼結合金製バルブシートに関し、300℃における熱伝導率を、機能部材側層で25W/m・K以上、支持部材側層で60W/m・K以上としたものである。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)