このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018180930) セミプレグ、プリプレグ、樹脂複合材料およびそれらの製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/180930 国際出願番号: PCT/JP2018/011528
国際公開日: 04.10.2018 国際出願日: 22.03.2018
IPC:
C08J 5/24 (2006.01) ,B29C 70/06 (2006.01) ,C08G 73/10 (2006.01) ,C08G 73/12 (2006.01) ,B29K 79/00 (2006.01)
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
J
仕上げ;一般的混合方法;サブクラスC08B,C08C,C08F,C08GまたはC08Hに包含されない後処理(プラスチックの加工,例.成形B29)
5
高分子物質を含む成形品の製造
24
その場で重合しうるプレポリマーによる物質の含浸,例.プレプレグの製造
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
70
複合材料,すなわち補強材,充填材,あるいは予備成形部品からなるプラスチック材料,例.挿入物の成形
04
補強材のみを含むもの,例.自己強化プラスチック
06
繊維状の補強材のみ
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
73
グループ12/00~71/00に属さない,高分子の主鎖に酸素または炭素を有しまたは有せずに窒素を含む連結基を形成する反応により得られる高分子化合物
06
高分子の主鎖に窒素含有複素環を有する重縮合物;ポリヒドラジド;ポリアミド酸または類似のポリイミド前駆物質
10
ポリイミド;ポリエステル―イミド;ポリアミド―イミド;ポリアミド酸または類似のポリイミド前駆物質
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
73
グループ12/00~71/00に属さない,高分子の主鎖に酸素または炭素を有しまたは有せずに窒素を含む連結基を形成する反応により得られる高分子化合物
06
高分子の主鎖に窒素含有複素環を有する重縮合物;ポリヒドラジド;ポリアミド酸または類似のポリイミド前駆物質
10
ポリイミド;ポリエステル―イミド;ポリアミド―イミド;ポリアミド酸または類似のポリイミド前駆物質
12
不飽和ポリイミド前駆物資
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
K
サブクラスB29B,B29CまたはB29Dに関連する成形材料,あるいは補強材,充填材,予備成形部品(たとえば挿入物)用の材料についてのインデキシング系列
79
主鎖中に酸素または炭素のみを有しまたは有さないで窒素を有するその他の重合体を成形材料として使用
出願人:
株式会社カネカ KANEKA CORPORATION [JP/JP]; 大阪府大阪市北区中之島二丁目3番18号 3-18, Nakanoshima 2-chome, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5308288, JP
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 JAPAN AEROSPACE EXPLORATION AGENCY [JP/JP]; 東京都調布市深大寺東町七丁目44番地1 7-44-1, Jindaiji Higashi-machi, Chofu-shi, Tokyo 1828522, JP (AE, AG, AM, AO, AU, AZ, BA, BB, BF, BH, BJ, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CF, CG, CI, CL, CM, CO, CR, CU, DJ, DM, DO, DZ, EC, EG, GA, GD, GE, GH, GM, GN, GQ, GT, GW, HN, ID, IL, IN, IR, JO, JP, KE, KG, KH, KM, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LY, MA, MD, ME, MG, ML, MN, MR, MW, MX, MY, MZ, NA, NE, NG, NI, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, QA, RU, RW, SA, SC, SD, SG, SL, SN, ST, SV, SY, SZ, TD, TG, TH, TJ, TM, TN, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW)
発明者:
古川 誉士夫 FURUKAWA, Yoshio; JP
古田 武史 FURUTA, Takefumi; JP
千葉 健 CHIBA, Takeshi; JP
横田 力男 YOKOTA, Rikio; JP
石田 雄一 ISHIDA, Yuichi; JP
代理人:
特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK; 大阪府大阪市北区天神橋2丁目北2番6号 大和南森町ビル Daiwa Minamimorimachi Building, 2-6, Tenjinbashi 2-chome Kita, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5300041, JP
優先権情報:
2017-06768930.03.2017JP
発明の名称: (EN) SEMIPREG, PREPREG, RESIN COMPOSITE MATERIAL, AND PRODUCTION METHODS THEREOF
(FR) SEMI-IMPRÉGNÉ, PRÉ-IMPRÉGNÉ, MATÉRIAU COMPOSITE DE RÉSINE ET LEURS PROCÉDÉS DE PRODUCTION
(JA) セミプレグ、プリプレグ、樹脂複合材料およびそれらの製造方法
要約:
(EN) The purpose of the present invention is to achieve: a semipreg and a prepreg, each of which is capable of reducing the residual volatile content; respective production methods of the semipreg and the prepreg; a fiber reinforced composite material which is reduced in or becomes free from defects such as voids due to the semipreg or the prepreg, thereby having good heat resistance and mechanical strength; and a production method of the fiber reinforced composite material. The present invention solves the above-described problem by providing a semipreg or the like, which is characterized by containing a powder of an imide oligomer represented by specific general formula (1) and reinforcing fibers.
(FR) L'objet de la présente invention est d'obtenir : un semi-imprégné et un pré-imprégné, tous deux capables de réduire la teneur en composés volatils résiduaires; les procédés de production respectifs du semi-imprégné et du pré-imprégné; un matériau composite renforcé par fibres présentant des défauts réduits ou exempt de défauts tels que vides grâce audit semi-imprégné ou pré-imprégné, et ayant de ce fait une bonne résistance à la chaleur et une bonne résistance mécanique; et un procédé de production dudit matériau composite renforcé par fibres. La présente invention atteint l'objet ci-dessus par utilisation d'un semi-imprégné ou autre, qui est caractérisé en ce qu'il contient une poudre d'oligomère d'imide représenté par la formule générale spécifique (1) et des fibres de renfort.
(JA) 本発明の目的は、揮発分の残存を低減し得るセミプレグ、プリプレグ、および、これらの製造方法を実現し、これによりボイド等の欠陥が低減され、あるいは無くなって、良好な耐熱性、機械的強度を有する繊維強化複合材料、および、その製造方法を実現することにある。本発明は、特定の一般式(1)で表されるイミドオリゴマーの粉末と、強化繊維と、を含むことを特徴とするセミプレグ等を提供することにより、上記課題を解決する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)