このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018180893) 緩衝器
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/180893 国際出願番号: PCT/JP2018/011420
国際公開日: 04.10.2018 国際出願日: 22.03.2018
IPC:
F16F 9/348 (2006.01) ,F16F 9/32 (2006.01) ,F16F 9/58 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
F
ばね;緩衝装置;振動減衰手段
9
減衰媒体として流体またはその均等物を用いるばね,振動減衰装置,緩衝装置,またはこれらと同様の機能を持つ組み立てられた運動減衰装置
32
細部
34
特殊な弁構造;絞り口の形,構造
348
互いに反対方向に作動する環状円盤形絞り口
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
F
ばね;緩衝装置;振動減衰手段
9
減衰媒体として流体またはその均等物を用いるばね,振動減衰装置,緩衝装置,またはこれらと同様の機能を持つ組み立てられた運動減衰装置
32
細部
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
F
ばね;緩衝装置;振動減衰手段
9
減衰媒体として流体またはその均等物を用いるばね,振動減衰装置,緩衝装置,またはこれらと同様の機能を持つ組み立てられた運動減衰装置
32
細部
58
行程制限止め,例.シリンダの外側でピストン棒上に配置されるもの
出願人:
KYB株式会社 KYB CORPORATION [JP/JP]; 東京都港区浜松町二丁目4番1号世界貿易センタービル World Trade Center Bldg., 4-1, Hamamatsu-cho 2-chome, Minato-ku, Tokyo 1056111, JP
発明者:
星野 雄太 HOSHINO, Yuta; JP
代理人:
特許業務法人後藤特許事務所 GOTOH & PARTNERS; 東京都千代田区霞が関三丁目3番1号尚友会館 Shoyu-Kaikan, 3-1, Kasumigaseki 3-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1000013, JP
優先権情報:
2017-06202928.03.2017JP
発明の名称: (EN) BUFFER
(FR) AMORTISSEUR
(JA) 緩衝器
要約:
(EN) A buffer (D1) comprises a protrusion (6) that is provided to at least one of a cylinder (1), a piston (3), and a rod guide (4), and that restricts the piston (3) and the rod guide (4) from approaching each other. The protrusion (6) is disposed more toward the outside than the outer peripheral end of a leaf valve (5) that is stacked on an extension-side chamber (R1) side of the piston (3), and forms a gap between the leaf valve (5) and the rod guide (4) when the piston (3) and the rod guide (4) are closest to each other.
(FR) L'invention concerne un amortisseur (D1) comprenant une saillie (6) qui est disposée sur un cylindre (1) et/ou sur un piston (3) et/ou sur un guide de tige (4) et qui limite le rapprochement du piston (3) et du guide de tige (4). La saillie (6) est disposée davantage vers l'extérieur que l'extrémité périphérique externe d'une soupape à lamelle (5) qui est empilée sur un côté de chambre côté extension (R1) du piston (3), et forme un espace entre la soupape à lamelle (5) et le guide de tige (4) lorsque le piston (3) et le guide de tige (4) sont au plus près l'un de l'autre.
(JA) 緩衝器(D1)は、シリンダ(1)とピストン(3)とロッドガイド(4)のうち少なくとも一つに設けられピストン(3)とロッドガイド(4)の接近を規制する突起(6)を備え、突起(6)は、ピストン(3)の伸側室(R1)側に重ねられたリーフバルブ(5)の外周端より外側に配置され、ピストン(3)とロッドガイド(4)の最接近時にリーフバルブ(5)とロッドガイド(4)との間に隙間を形成する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)