このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018180810) 溶接継手の製造方法、及び溶接継手
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/180810 国際出願番号: PCT/JP2018/011166
国際公開日: 04.10.2018 国際出願日: 20.03.2018
IPC:
B23K 11/16 (2006.01) ,B23K 11/06 (2006.01) ,B23K 11/34 (2006.01) ,B23K 31/00 (2006.01)
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
11
抵抗溶接;抵抗加熱による切り離し
16
溶接される材料の性質を考慮したもの
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
11
抵抗溶接;抵抗加熱による切り離し
06
ローラ型電極を用いるもの
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
11
抵抗溶接;抵抗加熱による切り離し
34
予備処理
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
31
このサブクラスに関連する方法であって,特殊な物品または目的のために特に適合するが,メイングループ1/00から28/00のいずれのメイングループにも包含されないもの
出願人:
日本製鉄株式会社 NIPPON STEEL CORPORATION [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内二丁目6番1号 6-1, Marunouchi 2-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008071, JP
発明者:
銭谷 佑 ZENIYA, Tasuku; JP
泰山 正則 YASUYAMA, Masanori; JP
中澤 嘉明 NAKAZAWA, Yoshiaki; JP
代理人:
特許業務法人太陽国際特許事務所 TAIYO, NAKAJIMA & KATO; 東京都新宿区新宿4丁目3番17号 3-17, Shinjuku 4-chome, Shinjuku-ku, Tokyo 1600022, JP
優先権情報:
2017-06798930.03.2017JP
発明の名称: (EN) WELDED JOINT MANUFACTURING METHOD, AND WELDED JOINT
(FR) PROCÉDÉ DE FABRICATION DE JOINT SOUDÉ, ET JOINT SOUDÉ
(JA) 溶接継手の製造方法、及び溶接継手
要約:
(EN) This welded joint manufacturing method comprises: sandwiching an aluminum plated steel sheet provided with an aluminum plated layer between a pair of electrode wheels and rotating the pair of electrode wheels in a circumferential direction to energize the aluminum plated steel sheet while the electrode wheels are caused to move relative to the aluminum plated steel sheet; and, with the aluminum plated layer overlapping another steel sheet, welding the parts of the aluminum plated steel sheet that have been energized by means of said energization to the other steel sheet.
(FR) Le procédé de fabrication de joint soudé selon l'invention comprend : la prise en sandwich d'une feuille d'acier plaquée d'aluminium pourvue d'une couche plaquée d'aluminium entre une paire de molettes et la rotation de la paire de molettes dans une direction circonférentielle pour exciter la feuille d'acier plaquée d'aluminium pendant que les molettes sont amenées à se déplacer par rapport à la feuille d'acier plaquée d'aluminium ; et dans l'état où la couche plaquée d'aluminium chevauche une autre feuille d'acier, le soudage des parties de la feuille d'acier plaquée d'aluminium qui ont été excitées au moyen de ladite excitation sur l'autre feuille d'acier.
(JA) 本開示の溶接継手の製造方法は、アルミニウムめっき層を備えるアルミニウムめっき鋼板を電極輪対の間にはさみ、電極輪対を周方向に回転させることで、電極輪対をアルミニウムめっき鋼板に対して移動させながらアルミニウムめっき鋼板に通電することと、アルミニウムめっき層と他の鋼板とを重ねた状態で、アルミニウムめっき鋼板のうち通電によって通電された箇所を前記他の鋼板と溶接することと、を備える。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)