このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018180507) 銅又は銅合金の板条並びにトラバースコイル及びその製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/180507 国際出願番号: PCT/JP2018/010072
国際公開日: 04.10.2018 国際出願日: 14.03.2018
IPC:
C23C 26/00 (2006.01) ,B21B 3/00 (2006.01) ,B21C 47/12 (2006.01) ,C25D 5/48 (2006.01) ,C25D 5/50 (2006.01) ,C25D 7/06 (2006.01) ,C22C 9/00 (2006.01) ,C22C 9/02 (2006.01) ,C22C 9/04 (2006.01) ,C22C 9/06 (2006.01)
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
26
グループ2/00から24/00に分類されない被覆
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
B
金属の圧延
3
合金の組成によって特別な圧延法または圧延順序が必要とされまたは許容される組成をもった特殊合金材料の圧延
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
C
圧延以外の方法による金属板,線,棒,管,型材または類似の半製品の製造;実質的に材料を除去しない金属加工と関連して用いる補助作業
47
金属の処理法のみに関連した点を特徴とする金属線,金属帯または他の可撓性金属材料の巻取り,コイリングまたは巻戻し
02
巻取りまたはコイリング
10
移動ガイドによるもの
12
コイルの軸に平行に移動するガイド
C 化学;冶金
25
電気分解または電気泳動方法;そのための装置
D
電気分解または電気泳動による被覆方法;電鋳;電気分解による加工品の接合;そのための装置
5
方法に特徴のある電気鍍金;加工品の前処理または後処理
48
電気鍍金表面の後処理
C 化学;冶金
25
電気分解または電気泳動方法;そのための装置
D
電気分解または電気泳動による被覆方法;電鋳;電気分解による加工品の接合;そのための装置
5
方法に特徴のある電気鍍金;加工品の前処理または後処理
48
電気鍍金表面の後処理
50
熱処理
C 化学;冶金
25
電気分解または電気泳動方法;そのための装置
D
電気分解または電気泳動による被覆方法;電鋳;電気分解による加工品の接合;そのための装置
7
被覆される物品に特徴のある電気鍍金
06
線状体;ストリップ;箔
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
9
銅基合金
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
9
銅基合金
02
次に多い成分として錫を含むもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
9
銅基合金
04
次に多い成分として亜鉛を含むもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
9
銅基合金
06
次に多い成分としてニッケルまたはコバルトを含むもの
出願人:
JX金属株式会社 JX NIPPON MINING & METALS CORPORATION [JP/JP]; 東京都千代田区大手町一丁目1番2号 1-2,Otemachi 1-chome,Chiyoda-ku, Tokyo 1008164, JP
発明者:
泉 千尋 IZUMI,Chihiro; JP
代理人:
アクシス国際特許業務法人 AXIS PATENT INTERNATIONAL; 東京都港区新橋二丁目6番2号 新橋アイマークビル Shimbashi i-mark Bldg., 6-2 Shimbashi 2-Chome, Minato-ku, Tokyo 1050004, JP
優先権情報:
2017-07039431.03.2017JP
発明の名称: (EN) COPPER OR COPPER-ALLOY SHEET, AND TRAVERSE COIL AND PRODUCTION METHOD THEREFOR
(FR) FEUILLE DE CUIVRE OU D'ALLIAGE DE CUIVRE, ET BOBINE TRANSVERSALE ET SON PROCÉDÉ DE PRODUCTION
(JA) 銅又は銅合金の板条並びにトラバースコイル及びその製造方法
要約:
(EN) The present invention provides: a traverse coil of a copper or copper-alloy sheet that is unlikely to produce metallic powder as a result of friction with a tension pad; and a production method therefor. This copper or copper-alloy sheet is characterized by having, on the surface thereof, an oil having a kinetic viscosity of 3-12 mm2/s applied, wherein the amount of said oil is 100-500 mg/m2.
(FR) La présente invention concerne : une bobine transversale d'une feuille de cuivre ou d'alliage de cuivre qui est peu susceptible de produire de la poudre métallique sous l'effet du frottement avec un tampon de tension ; et son procédé de production. La feuille de cuivre ou d'alliage de cuivre est caractérisée en ce qu'elle comporte, sur sa surface, une huile comportant une viscosité cinétique de 3 à 12 mm2/s appliquée, la quantité de ladite huile étant de 100 à 500 mg/m2.
(JA) テンションパットとの摩擦に起因する金属粉の発生しにくい銅又は銅合金の板条のトラバースコイル及びその製造方法を提供すること。表面に、動粘度が3~12mm2/sである油が塗布され、前記油の量が100~500mg/m2であることを特徴とする銅又は銅合金の板条。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)