このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018180453) 緩衝器
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/180453 国際出願番号: PCT/JP2018/009665
国際公開日: 04.10.2018 国際出願日: 13.03.2018
IPC:
F16F 9/32 (2006.01) ,F16B 39/16 (2006.01) ,F16F 9/50 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
F
ばね;緩衝装置;振動減衰手段
9
減衰媒体として流体またはその均等物を用いるばね,振動減衰装置,緩衝装置,またはこれらと同様の機能を持つ組み立てられた運動減衰装置
32
細部
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
B
構造部材または機械部品同志の締め付けまたは固定のための装置,例.くぎ,ボルト,サークリップ,クランプ,クリップまたはくさび;継ぎ手または接続
39
ねじ,ボルトまたはナットのゆるみ止め
02
ねじ締めした後にゆるみ止めされるもの
12
止めナットによるもの
16
止めナットのねじ山がナットのねじ山と異なるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
F
ばね;緩衝装置;振動減衰手段
9
減衰媒体として流体またはその均等物を用いるばね,振動減衰装置,緩衝装置,またはこれらと同様の機能を持つ組み立てられた運動減衰装置
32
細部
50
自動減衰調整装置を備える特殊な方法
出願人:
KYB株式会社 KYB CORPORATION [JP/JP]; 東京都港区浜松町二丁目4番1号世界貿易センタービル World Trade Center Bldg., 4-1, Hamamatsu-cho 2-chome, Minato-ku, Tokyo 1056111, JP
発明者:
張 凱 CHO Gai; JP
三輪 昌弘 MIWA Masahiro; JP
代理人:
石川 憲 ISHIKAWA Ken; JP
天野 泉 AMANO Izumi; JP
優先権情報:
2017-06065027.03.2017JP
発明の名称: (EN) BUFFER
(FR) AMORTISSEUR
(JA) 緩衝器
要約:
(EN) A buffer (D) is provided with: a piston rod (3) on the outer periphery of which a first thread groove (3a) and a second thread groove (3b) different in pitch are formed; a first nut (5) that is engaged with the first thread groove (3a) so as to fix a piston (2) to the piston rod (3); and a second nut (61) that is engaged with the second thread groove (3b) so as to fix a damping force adjustment part (4) to the piston rod (3), wherein the piston nut (5) and the nut member (61) are integrated in such a manner that the relative rotations thereof in the circumferential direction are blocked by a connection means.
(FR) L'invention a trait à un amortisseur (D) comportant: une tige de piston (3) sur la périphérie externe de laquelle une première rainure de filetage (3a) et une seconde rainure de filetage (3b) de pas différents sont formées; un premier écrou (5) qui est en prise avec la première rainure de filetage (3a) de façon à fixer un piston (2) à la tige de piston (3); et un second écrou (61) qui est en prise avec la seconde rainure de filetage (3b) de façon à fixer une partie de réglage de force d'amortissement (4) à la tige de piston (3), l'écrou de piston (5) et l'élément d'écrou (61) étant intégrés de telle sorte que leurs rotations relatives dans la direction circonférentielle sont bloquées par un moyen de liaison.
(JA) 緩衝器(D)が、外周にピッチの異なる第一螺子溝(3a)と第二螺子溝(3b)が形成されたピストンロッド(3)と、第一螺子溝(3a)に螺合されてピストンロッド(3)にピストン(2)を固定する第一ナット(5)と、第二螺子溝(3b)に螺合されてピストンロッド(3)に減衰力調整部(4)を固定する第二ナット(61)とを備え、ピストンナット(5)とナット部材(61)が接続手段により周方向の相対回転を阻止された状態で一体化されている。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)