国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018180327) キャピラリ電気泳動装置および恒温槽

Pub. No.:    WO/2018/180327    International Application No.:    PCT/JP2018/008888
Publication Date: Fri Oct 05 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Fri Mar 09 00:59:59 CET 2018
IPC: G01N 27/447
Applicants: HITACHI HIGH-TECHNOLOGIES CORPORATION
株式会社日立ハイテクノロジーズ
Inventors: SATO Wataru
佐藤 航
YAMAZAKI Motohiro
山崎 基博
Title: キャピラリ電気泳動装置および恒温槽
Abstract:
本発明に係るキャピラリ電気泳動装置は、複数のキャピラリそれぞれの長さ方向の温度を均一に保つことができるため、キャピラリ電気泳動装置の分離性能を安定化させることができ、分析性能を向上させることができる。 本発明のキャピラリ電気泳動装置は、熱源、第1の熱伝導部材、及び試料検出用の検出窓を有し、キャピラリを所定の温度に保つ恒温槽と、前記第1の熱伝導部材との間に前記キャピラリを挟み込む第2の熱伝導部材を有し、前記キャピラリを保持するキャピラリホルダと、キャピラリ内を電気泳動する試料を検出する検出部と、を備えた、キャピラリ電気泳動装置であって、前記熱源は、前記検出窓の周囲、及び、前記キャピラリの端部の少なくとも一方の発熱量が、それ以外の箇所の発熱量よりも高いことを特徴とする。