このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018180187) カルバミン酸エチルの分解
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/180187 国際出願番号: PCT/JP2018/007918
国際公開日: 04.10.2018 国際出願日: 02.03.2018
IPC:
A23L 5/00 (2016.01) ,C12G 1/00 (2006.01) ,C12G 3/02 (2006.01) ,C12G 3/08 (2006.01) ,C12G 3/12 (2006.01) ,C12N 9/18 (2006.01) ,C12N 15/09 (2006.01)
[IPC code unknown for A23L 5]
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
G
ぶどう酒;他のアルコール飲料;その調製
1
ぶどう酒または発泡性ぶどう酒の調製
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
G
ぶどう酒;他のアルコール飲料;その調製
3
他のアルコール飲料の調製
02
直接発酵によるもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
G
ぶどう酒;他のアルコール飲料;その調製
3
他のアルコール飲料の調製
08
発酵液の組成を変化させるための他の方法によるもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
G
ぶどう酒;他のアルコール飲料;その調製
3
他のアルコール飲料の調製
08
発酵液の組成を変化させるための他の方法によるもの
10
アルコール含量の増加
12
蒸留によるもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
9
酵素,例.リガーゼ(6.);酵素前駆体;その組成物;酵素の調製,活性化,阻害,分離または精製方法
14
加水分解酵素(3.)
16
エステル結合に作用するもの(3.1)
18
カルボン酸エステル加水分解酵素
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
出願人:
天野エンザイム株式会社 AMANO ENZYME INC. [JP/JP]; 愛知県名古屋市中区錦一丁目2番7号 2-7, Nishiki 1-chome, Naka-ku, Nagoya-shi, Aichi 4608630, JP
江南大学 JIANGNAN UNIVERSITY [CN/CN]; 江蘇省無錫蠡湖大道1800号 Xiaoyue Geng No. 1800 Lake Avenue Wuxi, Jiangsu 214122, CN
発明者:
吉田 和典 YOSHIDA Kazunori; JP
▲高▼橋 哲也 TAKAHASHI Tetsuya; JP
代理人:
萩野 幹治 HAGINO Mikiharu; JP
優先権情報:
2017-06842630.03.2017JP
発明の名称: (EN) DEGRADATION OF ETHYL CARBAMATE
(FR) DÉCOMPOSITION DE CARBAMATE D'ÉTHYLE
(JA) カルバミン酸エチルの分解
要約:
(EN) The present invention addresses the problem of providing a practically useful method whereby ethyl carbamate in a food or beverage can be efficiently degraded. A food or beverage containing ethyl carbamate is treated with an esterase to thereby degrade ethyl carbamate.
(FR) La présente invention a pour objet un procédé utile dans la pratique grâce auquel du carbamate d'éthyle présent dans un aliment ou une boisson peut être efficacement décomposé. Selon l'invention, un aliment ou une boisson contenant du carbamate d'éthyle est traité(e) par une estérase pour ainsi décomposer le carbamate d'éthyle.
(JA) 食品又は飲料中のカルバミン酸エチルを効率的に分解できる、実用性に優れた方法を提供することを課題とする。カルバミン酸エチルを含有する食品又は飲料にエステラーゼを作用させ、カルバミン酸エチルを分解する。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)