このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018180158) クレープ用被膜調整剤
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/180158 国際出願番号: PCT/JP2018/007597
国際公開日: 04.10.2018 国際出願日: 28.02.2018
IPC:
D21H 27/00 (2006.01) ,C09J 11/06 (2006.01) ,C09J 133/24 (2006.01) ,C09J 163/00 (2006.01) ,C09J 177/00 (2006.01) ,C09J 179/02 (2006.01) ,C09J 201/00 (2006.01) ,D21F 5/00 (2006.01)
D 繊維;紙
21
製紙;セルロースの製造
H
パルプ組成物;サブクラスD21C,D21Dに包含されないその製造;紙の含浸またはコーティング;クラスB31またはサブクラスD21Gに包含されない完成紙の処理;他に分類されない紙
27
他に分類されない特殊紙,例.多段階工程によって製造されるもの
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
11
グループ9/00に分類されない接着剤の特徴,例.添加剤
02
非高分子添加剤
06
有機物
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
133
ただ1つの炭素―炭素二重結合を含有する1個以上の不飽和脂肪族基をもち,そのうちただ1つの脂肪酸がただ1つのカルボキシル基によって停止されている化合物,またはその塩,無水物,エステル,アミド,イミドまたはそのニトリルの単独重合体または共重合体に基づく接着剤;そのような重合体の誘導体に基づく接着剤
24
アミドまたはイミドの単独重合体または共重合体
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
163
エポキシ樹脂に基づく接着剤;エポキシ樹脂の誘導体に基づく接着剤
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
177
主鎖にカルボン酸アミド結合を形成する反応により得られるポリアミドに基づく接着剤;そのような重合体の誘導体に基づく接着剤
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
179
グループ161/00から177/00に属さない,主鎖のみに酸素または炭素を含みまたは含まずに窒素を含む結合を形成する反応によって得られる高分子化合物に基づく接着剤
02
ポリアミン
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
201
不特定の高分子化合物に基づく接着剤
D 繊維;紙
21
製紙;セルロースの製造
F
抄紙機;それによる紙の製造方法
5
連続紙抄紙機の乾燥部
出願人:
株式会社メンテック MAINTECH CO., LTD. [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内一丁目6番5号 6-5, Marunouchi 1-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1000005, JP
発明者:
関谷 宏 SEKIYA Hiroshi; JP
稲松 遼 INAMATSU Ryo; JP
澤田 拓 SAWADA Hiraku; JP
辻 孝倫 TSUJI Takanori; JP
代理人:
白崎 真二 SHIRASAKI Shinji; JP
優先権情報:
2017-06613929.03.2017JP
発明の名称: (EN) COATING FILM MODIFIER FOR CREPING
(FR) MODIFICATEUR DE FILM DE REVÊTEMENT POUR CRÊPAGE
(JA) クレープ用被膜調整剤
要約:
(EN) [Problem] To provide a coating film modifier for creping which, when used together with an adhesive agent for creping, enables the uniform formation of fine wrinkles in wet paper. [Solution] The present invention is a coating film modifier for creping which can be used together with an adhesive agent for creping which contains a heat-curable resin, said coating film modifier for creping comprising an oily agent for coating a heat-curable resin film R that is produced by curing a heat-curable resin, an emulsifying agent for emulsifying the oily agent, a softening agent for softening the heat-curable resin film, and water, wherein the softening agent is at least one organic substance selected from the group consisting of a carboxylic acid compound, a diol compound and a triol compound or at least one inorganic substance selected from the group consisting of an inorganic acid and an inorganic salt.
(FR) Le problème décrit par la présente invention est de produire un modificateur de film de revêtement pour crêpage qui, lorsqu'il est utilisé avec un agent adhésif pour crêpage, permet la formation uniforme de plis fins dans du papier humide. La solution selon l'invention porte sur un modificateur de film de revêtement pour crêpage qui peut être utilisé avec un agent adhésif pour crêpage qui contient une résine thermodurcissable, ledit modificateur de film de revêtement pour crêpage comprenant un agent huileux pour revêtir un film de résine thermodurcissable R qui est produit par durcissement d'une résine thermodurcissable, un agent émulsifiant pour émulsifier l'agent huileux, un agent de ramollissement pour ramollir le film de résine thermodurcissable, et de l'eau, l'agent de ramollissement étant au moins une substance organique sélectionnée dans le groupe constitué par un composé d'acide carboxylique, d'un composé diol et d'un composé triol ou d'au moins une substance inorganique sélectionnée dans le groupe constitué d'un acide inorganique et d'un sel inorganique.
(JA) 【課題】クレープ用接着剤と共に用いることにより、湿紙に対し、微細なシワを均一に形成することができるクレープ用被膜調整剤を提供すること。 【解決手段】本発明は、熱硬化性樹脂を含むクレープ用接着剤と共に用いられるクレープ用被膜調整剤であって、熱硬化性樹脂が硬化した熱硬化性樹脂膜Rを被覆するための油剤と、油剤を乳化するための乳化剤と、熱硬化性樹脂膜を軟化させるための軟化剤と、水とからなり、軟化剤が、カルボン酸化合物、ジオール化合物及びトリオール化合物からなる群より選ばれる少なくとも1種の有機物、若しくは、無機酸及び無機塩からなる群より選ばれる少なくとも1種の無機物であるクレープ用被膜調整剤である。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)