このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018180025) ポリオレフィン接着用表面処理金属板、複合部材、及び複合部材の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/180025 国際出願番号: PCT/JP2018/006105
国際公開日: 04.10.2018 国際出願日: 21.02.2018
IPC:
B32B 15/085 (2006.01) ,B29C 45/14 (2006.01) ,B29C 45/26 (2006.01) ,B32B 15/08 (2006.01) ,B32B 27/32 (2006.01) ,C09D 5/00 (2006.01) ,C09D 123/26 (2006.01) ,C09J 123/26 (2006.01)
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
15
本質的に金属からなる積層体
04
層の主なまたは唯一の構成要素が金属からなり,特定物質の他の層に隣接したもの
08
合成樹脂の層に隣接したもの
085
ポリオレフィンからなるもの
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
45
射出成形,即ち所要量の成形材料をノズルを介して閉鎖型内へ流入させるもの;そのための装置
14
あらかじめ形成された部品または層状物品と一体化するもの,例.挿入物の周囲へまたは物品を被覆するための射出成形
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
45
射出成形,即ち所要量の成形材料をノズルを介して閉鎖型内へ流入させるもの;そのための装置
17
構成部品,細部または付属装置;補助操作
26
金型
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
15
本質的に金属からなる積層体
04
層の主なまたは唯一の構成要素が金属からなり,特定物質の他の層に隣接したもの
08
合成樹脂の層に隣接したもの
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27
本質的に合成樹脂からなる積層体
32
ポリオレフインからなるもの
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
D
コーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
5
物理的性質または生ずる効果によって特徴づけられたコーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
D
コーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
123
ただ一つの炭素―炭素二重結合をもつ不飽和脂肪族炭化水素の単独重合体または共重合体に基づくコーティング組成物;そのような重合体の誘導体に基づくコーティング組成物
26
化学的な後処理によって変性されたもの
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
123
ただ1個の炭素―炭素二重結合を有する不飽和脂肪族炭化水素の単独重合体または共重合体に基づく接着剤;そのような重合体の誘導体に基づく接着剤
26
化学的な後処理によって変性されたもの
出願人:
株式会社神戸製鋼所 KABUSHIKI KAISHA KOBE SEIKO SHO (KOBE STEEL, LTD.) [JP/JP]; 兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通二丁目2番4号 2-4, Wakinohama-Kaigandori 2-chome, Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo 6518585, JP
発明者:
平野 康雄 HIRANO, Yasuo; --
岩 辰彦 IWA, Tatsuhiko; --
山本 哲也 YAMAMOTO, Tetsuya; --
渡瀬 岳史 WATASE, Takeshi; --
代理人:
小谷 悦司 KOTANI, Etsuji; JP
小谷 昌崇 KOTANI, Masataka; JP
宇佐美 綾 USAMI, Aya; JP
優先権情報:
2017-06611329.03.2017JP
発明の名称: (EN) SURFACE-TREATED METAL PLATE FOR POLYOLEFIN BONDING, COMPOSITE MEMBER, AND METHOD FOR MANUFACTURING COMPOSITE MEMBER
(FR) PLAQUE MÉTALLIQUE TRAITÉE EN SURFACE DESTINÉE À UNE LIAISON DE POLYOLÉFINE, ÉLÉMENT COMPOSITE ET PROCÉDÉ DE FABRICATION D'UN ÉLÉMENT COMPOSITE
(JA) ポリオレフィン接着用表面処理金属板、複合部材、及び複合部材の製造方法
要約:
(EN) A surface-treated metal plate for polyolefin bonding, provided with a metal plate and a resin layer provided on at least one face of the metal plate, the resin layer including an acid-modified polyolefin, the acid-modified polyolefin including a first acid-modified polyolefin having an acid value of 5 mg KOH/g or less and a second acid-modified polyolefin having an acid value of 20 mg KOH/g or greater and a melting point of more than 90°C, and the difference between the melting point of the first acid-modified polyolefin and the melting point of the second acid-modified polyolefin being 0°C to less than 40°C.
(FR) L'invention concerne une plaque métallique traitée en surface destinée à une liaison de polyoléfine, pourvue d'une plaque métallique et d'une couche de résine disposée sur au moins une face de la plaque métallique, la couche de résine comprenant une polyoléfine modifiée par un acide, la polyoléfine modifiée par un acide comprenant une première polyoléfine modifiée par un acide présentant une valeur acide de 5 mg KOH/g ou moins et une seconde polyoléfine modifiée par un acide présentant une valeur acide de 20 mg KOH/g ou plus et un point de fusion supérieur à 90 °C, et la différence entre le point de fusion de la première polyoléfine modifiée par un acide et le point de fusion de la seconde polyoléfine modifiée par un acide étant de 0 °C à moins de 40 °C.
(JA) 金属板と、前記金属板の少なくとも一方の面に設けられた樹脂層とを備え、前記樹脂層は、酸変性ポリオレフィンを含み、前記酸変性ポリオレフィンが、酸価が5mgKOH/g以下の第1酸変性ポリオレフィンと、酸価が20mgKOH/g以上で融点が90℃を超える第2酸変性ポリオレフィンとを含み、前記第1酸変性ポリオレフィンの融点と前記第2酸変性ポリオレフィンの融点との差が0℃以上40℃未満であるポリオレフィン接着用表面処理金属板である。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)