このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018180011) 水分散紙
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/180011 国際出願番号: PCT/JP2018/005936
国際公開日: 04.10.2018 国際出願日: 20.02.2018
IPC:
D21H 13/04 (2006.01) ,D21H 27/00 (2006.01)
D 繊維;紙
21
製紙;セルロースの製造
H
パルプ組成物;サブクラスD21C,D21Dに包含されないその製造;紙の含浸またはコーティング;クラスB31またはサブクラスD21Gに包含されない完成紙の処理;他に分類されない紙
13
パルプまたは紙で,合成セルロースまたは非セルロース繊維またはウェブ形成材料からなるもの
02
合成セルロース繊維
04
セルロースエーテル
D 繊維;紙
21
製紙;セルロースの製造
H
パルプ組成物;サブクラスD21C,D21Dに包含されないその製造;紙の含浸またはコーティング;クラスB31またはサブクラスD21Gに包含されない完成紙の処理;他に分類されない紙
27
他に分類されない特殊紙,例.多段階工程によって製造されるもの
出願人:
日本製紙パピリア株式会社 NIPPON PAPER PAPYLIA CO., LTD. [JP/JP]; 静岡県富士市原田506番地 506, Harada, Fuji-shi, Shizuoka 4170852, JP
発明者:
岸本 雅樹 KISHIMOTO Masaki; JP
石野 良明 ISHINO Yoshiaki; JP
代理人:
下田 昭 SHIMODA Akira; JP
赤尾 謙一郎 AKAO Kenichiro; JP
栗原 和彦 KURIHARA Kazuhiko; JP
優先権情報:
2017-06693430.03.2017JP
発明の名称: (EN) WATER-DISPERSIBLE PAPER
(FR) PAPIER DISPERSABLE DANS L'EAU
(JA) 水分散紙
要約:
(EN) By using an alkalized carboxyalkyl cellulose with a specified etherification degree (DS) and Runkel ratio, it is possible to form a water-dispersible paper wherein the residue thereof causes little clogging of filters, etc. and which has excellent dispersing solubility in seawater. The water-dispersible paper is made of a base paper that contains fibrous carboxyalkyl cellulose and papermaking fibers, wherein the content of fibrous carboxyalkyl cellulose in the base paper is 25-80 mass%, the fibrous carboxyalkyl cellulose is alkalized, the etherification degree (DS) of the fibrous carboxyalkyl cellulose is 0.40-0.63, and the Runkel ratio is 0.5-3.5.
(FR) La présente invention concerne l'utilisation d'une cellulose de carboxyalkyle alcalinisée ayant un degré d'éthérification (DS) et un rapport de Runkel spécifiés, afin de former un papier dispersable dans l'eau dont le résidu provoque peu de colmatage de filtres, etc. et qui a une excellente solubilité par dispersion dans l'eau de mer. Le papier dispersable dans l'eau est constitué d'un papier de base qui contient de la cellulose de carboxyalkyle fibreuse et des fibres de fabrication de papier, la teneur en cellulose de carboxyalkyle fibreuse dans le papier de base étant de 25 à 80 % en masse, la cellulose de carboxyalkyle fibreuse est alcalinisée, le degré d'éthérification (DS) de la cellulose de carboxyalkyle fibreuse est de 0,40 à 0,63, et le rapport de Runkel est de 0,5 à 3,5.
(JA) 特定のエーテル化度(DS)とルンケル比とを有するアルカリ化カルボキシアルキルセルロースを用いることにより、残渣によるフィルター等の目詰まりが少なく、海水への分散溶解性の優れた水分散紙とすることができる。繊維状カルボキシアルキルセルロースと製紙用繊維を含有する基紙から成る水分散紙であって、該基紙中の繊維状カルボキシアルキルセルロースの含有量が25~80質量%であり、該繊維状カルボキシアルキルセルロースがアルカリ化され、該繊維状カルボキシアルキルセルロースのエーテル化度(DS)が0.40~0.63であり、ルンケル比が0.5~3.5である水分散紙である。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)