このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018180002) 多気筒エンジンの吸気装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/180002 国際出願番号: PCT/JP2018/005870
国際公開日: 04.10.2018 国際出願日: 20.02.2018
IPC:
F02M 35/104 (2006.01) ,F02B 31/08 (2006.01) ,F02B 37/16 (2006.01) ,F02D 13/02 (2006.01) ,F02D 23/00 (2006.01) ,F02M 35/10 (2006.01) ,F02M 35/112 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
M
一般の燃焼機関への可燃混合物またはその成分の供給
35
内燃機関に特に適用されまたは配備される燃焼空気清浄器,空気取り入れ口,吸い込み側消音器または吸い込み系統
10
空気の取り入れ;吸い込み系統
104
吸い込み側多岐管
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
B
内燃式ピストン機関;燃焼機関一般
31
シリンダ内の給気に回転を与えるために改良された吸入系統
08
多数の空気取入口をもつもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
B
内燃式ピストン機関;燃焼機関一般
37
排気により少くなくとも一時期駆動されるポンプの装備に特徴のある機関
12
ポンプの制御
16
吸気のバイパスによるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
D
燃焼機関の制御
13
吸気または排気弁の作動特性,例.タイミング,の変更による機関出力の制御
02
機関運転中のもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
D
燃焼機関の制御
23
過給されることを特徴とする機関の制御
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
M
一般の燃焼機関への可燃混合物またはその成分の供給
35
内燃機関に特に適用されまたは配備される燃焼空気清浄器,空気取り入れ口,吸い込み側消音器または吸い込み系統
10
空気の取り入れ;吸い込み系統
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
M
一般の燃焼機関への可燃混合物またはその成分の供給
35
内燃機関に特に適用されまたは配備される燃焼空気清浄器,空気取り入れ口,吸い込み側消音器または吸い込み系統
10
空気の取り入れ;吸い込み系統
104
吸い込み側多岐管
112
すべてのシリンダが1列にならんだ機関用
出願人:
マツダ株式会社 MAZDA MOTOR CORPORATION [JP/JP]; 広島県安芸郡府中町新地3番1号 3-1, Shinchi, Fuchu-cho, Aki-gun, Hiroshima 7308670, JP
発明者:
加藤 二郎 KATO Jiro; JP
早田 光則 WASADA Mitsunori; JP
東尾 理克 HIGASHIO Masayoshi; JP
足利 謙介 ASHIKAGA Kensuke; JP
中村 和博 NAKAMURA Kazuhiro; JP
小島 裕司 KOJIMA Yuji; JP
胡子 英策 EBESU Hidesaku; JP
古閑 達也 KOGA Tatsuya; JP
平田 敏彦 HIRATA Toshihiko; JP
代理人:
特許業務法人前田特許事務所 MAEDA & PARTNERS; 大阪府大阪市北区堂島浜1丁目2番1号 新ダイビル23階 Shin-Daibiru Bldg. 23F, 2-1, Dojimahama 1-chome, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5300004, JP
優先権情報:
2017-06768130.03.2017JP
発明の名称: (EN) MULTI-CYLINDER ENGINE AIR-INTAKE DEVICE
(FR) DISPOSITIF D'ADMISSION D'AIR DE MOTEUR MULTICYLINDRE
(JA) 多気筒エンジンの吸気装置
要約:
(EN) In the present invention, air-intake ports (17, 18) include second ports (18) configured so that the flow rate of gas passing therethrough is adjusted by an SVC (80). First and second branching passages (44b, 44c) are connected in the cylinder-bank direction with a space therebetween, and when a surge tank (38) is viewed in the cylinder-axis-direction, the first and second branching passages are connected to the surge tank (38) on extending lines (L1, L2) that extend from the upstream end of independent passages (392) connected to the second ports (18) toward the side opposite the cylinders (11).
(FR) Dans la présente invention, des orifices d'admission d'air (17, 18) comprennent des seconds orifices (18) conçus de telle sorte que le débit de gaz passant par ceux-ci soit ajusté par un SVC (80). Des premier et second passages de ramification (44b, 44c) sont reliés dans la direction de rangée de cylindres avec un espace entre eux, et lorsqu'un réservoir de surpression (38) est vu dans la direction d'axe de cylindre, les premier et second passages de ramification sont reliés au réservoir de surpression (38) sur des lignes d'extension (L1, L2) qui s'étendent à partir de l'extrémité amont de passages indépendants (392) reliés aux seconds orifices (18) vers le côté opposé aux cylindres (11).
(JA) 吸気ポート(17、18)は、通過するガスの流量がSCV(80)を介して調整されるよう構成された第2ポート(18)を含む。第1及び第2分岐通路(44b、44c)は、気筒列方向に間隔を空けて接続されていると共に、それぞれ、サージタンク(38)を気筒軸方向視したときに、第2ポート(18)に接続された独立通路(392)の上流端部から各シリンダ(11)に対して反対側へ延びる延長線(L1、L2)上においてサージタンク(38)に接続されている。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)