このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018180000) エンジンの吸気通路構造
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/180000 国際出願番号: PCT/JP2018/005868
国際公開日: 04.10.2018 国際出願日: 20.02.2018
IPC:
F02M 35/10 (2006.01) ,F02M 26/04 (2016.01) ,F02M 26/06 (2016.01) ,F02M 35/104 (2006.01) ,F02M 35/108 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
M
一般の燃焼機関への可燃混合物またはその成分の供給
35
内燃機関に特に適用されまたは配備される燃焼空気清浄器,空気取り入れ口,吸い込み側消音器または吸い込み系統
10
空気の取り入れ;吸い込み系統
[IPC code unknown for F02M 26/04][IPC code unknown for F02M 26/06]
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
M
一般の燃焼機関への可燃混合物またはその成分の供給
35
内燃機関に特に適用されまたは配備される燃焼空気清浄器,空気取り入れ口,吸い込み側消音器または吸い込み系統
10
空気の取り入れ;吸い込み系統
104
吸い込み側多岐管
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
M
一般の燃焼機関への可燃混合物またはその成分の供給
35
内燃機関に特に適用されまたは配備される燃焼空気清浄器,空気取り入れ口,吸い込み側消音器または吸い込み系統
10
空気の取り入れ;吸い込み系統
104
吸い込み側多岐管
108
1次および2次吸い込み側通路をもつもの
出願人:
マツダ株式会社 MAZDA MOTOR CORPORATION [JP/JP]; 広島県安芸郡府中町新地3番1号 3-1, Shinchi, Fuchu-cho, Aki-gun, Hiroshima 7308670, JP
発明者:
平田 敏彦 HIRATA Toshihiko; JP
胡子 英策 EBESU Hidesaku; JP
西田 良太郎 NISHIDA Ryotaro; JP
代理人:
特許業務法人前田特許事務所 MAEDA & PARTNERS; 大阪府大阪市北区堂島浜1丁目2番1号 新ダイビル23階 Shin-Daibiru Bldg. 23F, 2-1, Dojimahama 1-chome, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5300004, JP
優先権情報:
2017-06767830.03.2017JP
発明の名称: (EN) INTAKE PASSAGE STRUCTURE FOR ENGINE
(FR) STRUCTURE DE PASSAGE D'ADMISSION POUR MOTEUR
(JA) エンジンの吸気通路構造
要約:
(EN) An intake passage (30) has a third passage (37) that connects an intercooler (36) and a bottom part of a surge tank (38) so that the intercooler (36) is positioned lower than the surge tank (38). Within a section spanning from an upstream end of the third passage (37) to the connecting part between the third passage (37) and the surge tank (38) are formed a pair of wall parts (71, 72) configured so as to catch moisture.
(FR) L'invention concerne un passage d'admission (30) comportant un troisième passage (37) qui relie un refroidisseur intermédiaire (36) et une partie inférieure d'un vase d'expansion (38) de sorte que le refroidisseur intermédiaire (36) soit positionné plus bas que le vase d'expansion (38). Dans une section s'étendant à partir d'une extrémité en amont du troisième passage (37) jusqu'à la partie de liaison entre le troisième passage (37) et le vase d'expansion (38), deux parties de paroi (71, 72) sont formées et sont conçues pour retenir l'humidité.
(JA) 吸気通路(30)は、インタークーラ(36)がサージタンク(38)よりも下方に位置するように、インタークーラ(36)とサージタンク(38)の底部とを接続する第3通路(37)を有する。第3通路(37)の上流端部から該第3通路(37)とサージタンク(38)との接続部にかけての区間内には、水分を受け止めるように構成された一対の壁部(71、72)が形成されている。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)