このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018179879) ゲーム装置及びゲーム用物品
Document

明 細 書

発明の名称 ゲーム装置及びゲーム用物品

技術分野

0001  

背景技術

0002  

先行技術文献

特許文献

0003  

発明の概要

発明が解決しようとする課題

0004   0005  

課題を解決するための手段

0006  

発明の効果

0007  

図面の簡単な説明

0008  

発明を実施するための形態

0009   0010   0011   0012   0013   0014   0015   0016   0017   0018   0019   0020   0021   0022   0023   0024   0025   0026   0027   0028   0029   0030   0031   0032   0033   0034   0035   0036   0037   0038   0039   0040   0041   0042   0043   0044   0045   0046   0047   0048   0049   0050   0051   0052   0053   0054   0055   0056   0057   0058   0059  

符号の説明

0060  

請求の範囲

1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17  

図面

1   2   3   4   5   6   7   8  

明 細 書

発明の名称 : ゲーム装置及びゲーム用物品

技術分野

[0001]
本発明は、ゲーム装置及びゲーム用物品に関し、特に物品から取得した情報に基づくゲームを実行するゲーム装置に関する。

背景技術

[0002]
盤面上に載置されたカード等のゲーム用物品から情報を取得し、該カードを盤面上で移動操作することで、別モニタにて進行するゲームにおいて、該物品に対応するゲーム要素の操作を可能ならしめるゲーム装置がある(特許文献1)。特許文献1のゲーム装置では、複数枚のカードを移動操作する盤面はスクリーンで構成されており、背面投影方式でゲーム演出画像の投影が可能に構成されている。

先行技術文献

特許文献

[0003]
特許文献1 : 特開2011-240147号公報

発明の概要

発明が解決しようとする課題

[0004]
一方、特許文献1のゲーム装置では、複数枚のカードの盤面上に展開して移動操作を行うものであるため、盤面に投影されるゲーム演出画像がカードに遮蔽され、好適な演出効果をユーザにもたらさない可能性があった。また、特許文献1のように別モニタと盤面の両方を用いてゲーム画面やゲーム演出画像の提示が行われる場合、ユーザの視線はゲーム進行が確認できる別モニタに集中し得、ゲームプレイ中においてカードは操作インタフェースでしかなく、カードに付された図柄等、カードが本来有する興趣要素は、ゲームのプレイ体験により提供される興趣要素とは親和性が低いとの側面もあった。 
[0005]
本発明は、上述の問題点に鑑みてなされたものであり、ゲーム用物品自体が有する興趣要素とゲームプレイによる興趣要素とを、好適にユーザに提供するゲーム装置及びゲーム用物品を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

[0006]
前述の目的を達成するために、本発明のゲーム装置は、物品から取得した物品情報に基づいてゲームを実行するゲーム装置であって、物品情報を取得した物品に対応するゲーム要素を表示する表示手段と、表示手段の表示領域の一部において、物品から物品情報を取得する取得手段と、を有する。

発明の効果

[0007]
このような構成により本発明によれば、ゲーム用物品自体が有する興趣要素とゲームプレイによる興趣要素とを、好適にユーザに提供することが可能となる。

図面の簡単な説明

[0008]
[図1] 本発明の実施形態及び変形例に係るゲーム装置100の外観を例示した図
[図2] 本発明の実施形態及び変形例に係る保持部160を説明するための図
[図3] 本発明の実施形態及び変形例に係るゲーム装置100の機能構成を示したブロック図
[図4] 本発明の実施形態及び変形例に係る提供処理を例示したフローチャート
[図5] 本発明の実施形態に係るプレイカードを例示した図
[図6] 本発明の実施形態及び変形例に係る、プレイカード及びゲーム画面が一体となって情報提示を行う態様を例示した図
[図7] 本発明の変形例3に係る保持部160の構成例を示した図
[図8] 本発明の実施形態及び変形例に係るゲーム装置100において使用される、各種データの構造を例示した図。

発明を実施するための形態

[0009]
[実施形態] 以下、本発明の例示的な実施形態について、図面を参照して詳細に説明する。なお、以下に説明する一実施形態は、ゲーム装置の一例としての、表示領域中の一部に保持された物品からの情報取得が可能に構成されたゲーム装置に、本発明を適用した例を説明する。しかし、本発明は、表示領域中の一部に載置された物品から情報取得を行うことが可能な任意の機器に適用可能である。 
[0010]
また、以下の説明において、ゲーム装置が排出する物品(ゲーム用物品)は、カード(プレイカード)であるものとして説明するが、物品に対応するゲーム要素を特定可能に構成された物品であれば、カードに限られるものではない。物品は、例えばゲーム要素の外観を有するフィギュア等の造形物であってもよい。 
[0011]
物品がいずれのゲーム要素を特定するかの情報(物品情報)は、採用される物品によって異なる態様で取得可能に構成されるものであってよい。本実施形態では、プレイカードへの物品情報の付加は、所定の変換演算を適用することで1次元あるいは多次元のパターン(コード)に変換され、プレイカード表面に不可視インクを用いて、不可視コードが印刷される態様で行われるものとして説明する。プレイカードの不可視コードは、後述のリーダにより読み取られることで、該物品情報が取得可能に構成されるものとして説明する。しかしながら、物品情報をプレイカードに付す態様は、このような不可視インクによってカードに付されるものに限らず、通常のインクを用いて可視の状態で印刷される、あるいはカードに含まれるICチップ等の記録媒体に記録され、データとして保持される等、どのようなものであってもよい。また物品が造形物である場合、物品情報は、該造形物の内部の記録媒体、あるいは該造形物に付された塗装、シール、印字等の外観の一部から取得可能であってよい。また物品はフィギュア等だけでなく、玩具やシール等、任意の物品であってよい。また物品情報は、このようにパッケージ化された情報として物品に付加される態様に限らず、物品に付されているゲーム要素の図柄や、物品自体の外観(形状等)を認識することにより、認識結果としてゲーム装置100において取得されるものであってもよい。この場合、物品情報が物品に付されているのではない。即ち、ゲーム用物品は、ゲーム要素と対応付けられているものであればよく、物品に対応付けられたゲーム要素の情報を取得する手法は、本発明において特定の手法に限られるものではない。 
[0012]
また本実施形態ではゲーム装置が実行するゲームにおいて、プレイカードの使用により登場させることが可能となるゲーム要素は、ユーザの操作対象である操作キャラクタであるものとし、カードには対応するキャラクタの図柄(キャラクタの外観を示した画像)が付されるものとして説明する。しかしながら、本発明の実施はこれに限られるものではなく、実行されるゲームのゲーム要素を特定する用途のカードは、キャラクタのようなゲーム要素を特定可能に構成されるものに限らず、アイテムや発動する効果等、その他のゲーム要素を特定するものであってもよいことは言うまでもない。 
[0013]
《ゲーム装置の外観》 図1は、本実施形態に係るゲーム装置100の外観を示したものである。図示されるように、ゲーム装置100の有する表示部130の表示面は、操作入力部109を有する面に対して垂直ではない傾斜を有して設けられており、表示面上にゲームに使用可能な物品(プレイカード)を載置することが可能となる。 
[0014]
本実施形態では表示部130に表示されるゲーム画面の視認性を担保するため、表示部130の一側縁(図1では下側縁)に沿った取得領域161においてのみプレイカードからの情報取得が可能に構成され、該領域に載置されたプレイカードが、実行されるゲームに影響を及ぼす。本実施形態では、図示されるように下側縁に取得領域161を設けるものとして説明するが、表示領域におけるゲーム画面の視認性を担保する態様であればこれに限られるものではない。例えば取得領域161は表示部130のいずれかの側縁に沿った表示領域中の領域に設けられるものであってもよいし、表示領域の四隅等に離散して設けられるものであってもよい。 
[0015]
また表示部130の表示領域(表示面)中の一部である取得領域161に、ゲームプレイに使用するプレイカードが確実に保持されるよう、本実施形態のゲーム装置100では、表示部130の表示面に図2に示されるような保持部160を設けるものとする。図2(a)及び(b)に示されるよう、保持部160は表示部130の表示面から突出する態様で設けられており、本実施形態の態様ではプレイカードの3つの側部を係止するよう、第1保持部材162、第2保持部材163及び第3保持部材164で構成される。本実施形態では、保持部160の上部においてプレイカードをスライドさせて抜き挿し可能なよう、上部には保持部材がない。また、ユーザが誤って触れてしまった、操作時のゲーム装置100の振動により落下した等でプレイカードの保持状態が解除されぬよう、各保持部材には1枚分のプレイカードの幅や厚みと対応した溝165が設けられており、下方向、左右方向の移動を低減し、定められた位置においてプレイカードからの情報取得が可能に構成されている。 
[0016]
なお、本実施形態では表示部130の表示面と操作入力部109を有する面とが傾斜をなし、該表示面上にプレイカードが「載置可能」であるものとして説明するが、保持部160を設ける構成であれば、表示面と操作入力部109を有する面とが垂直であってもよい。また、本実施形態では保持部160を設けることでプレイカードを保持するものとして説明するが、本発明の実施はこれに限られるものではなく、例えば表示領域周辺に設けられた表示部130の外枠等で係止することにより、プレイカードの保持は実現されるものであってもよい。あるいは、表示面が水平もしくは略水平に構成される場合、少なくとも表示面の傾斜によるプレイカードの移動は生じにくいため、保持部160を有さないものとしてもよい。このように保持部160により情報取得が行われる領域を明示的に現さない態様では、少なくとも物品情報取得する期間において、該領域が物品の載置領域であることを示す画像を表示し、その領域の位置と大きさを知らしめるよう構成してもよい。 
[0017]
また、本実施形態では保持部160の各保持部材は所定の成形色が付され、プレイカードを保持すべきことがユーザに認識され易いよう構成されるものとして説明するが、ゲーム画面の視認性をより多く担保するため、各保持部材は光透過性の部材で形成され、保持部材が付される位置におけるゲーム画面の内容が視認可能に構成されるものであってもよい。 
[0018]
《ゲーム装置の機能構成》 図3は、本発明の実施形態に係るゲーム装置100の機能構成を示すブロック図である。 
[0019]
制御部101は、例えばCPUであり、ゲーム装置100が有する各ブロックの動作を制御する。具体的には制御部101は、例えば記録媒体102に記録されている各ブロックの動作プログラムを読み出し、メモリ103に展開して実行することにより各ブロックの動作を制御する。 
[0020]
記録媒体102は、例えば不揮発性メモリやHDD等の、恒久的にデータを保持可能な記録装置である。記録媒体102は、ゲーム装置100が有する各ブロックの動作プログラムに加え、各ブロックの動作において必要となるパラメータの情報や、ゲーム装置100が実行するゲームに使用される各種のグラフィックスデータ等を記憶する。メモリ103は、例えば揮発性メモリ等の一時的なデータ記憶に使用される記憶装置である。メモリ103は、各ブロックの動作プログラムの展開領域としてだけでなく、各ブロックの動作において出力されたデータ等を一時的に記憶する格納領域としても用いられる。 
[0021]
支払検出部104は、ゲーム装置100において対価の支払いがなされたことを検出する。対価の支払いは、例えば硬貨の投入口に所定の金額の硬貨や相当するコインが投入されたこと、あるいは所定の電子マネーに係るチップとの通信に基づく決算処理の完了等を検出することにより判断されるものであってよい。本実施形態のゲーム装置100は、対価の支払いに基づいてユーザへのカードの排出を伴うサービスの提供を開始するものとして説明するが、対価の支払いは必須の要件ではなく、所定の開始指示に基づいてサービスの提供が開始されるものであってもよい。 
[0022]
取得部105は、本実施形態のゲーム装置100が提供するゲームのプレイに際し、リーダ120を介してキャラクタに対応するプレイカードからの情報取得を行う。本実施形態ではリーダ120は、ゲーム装置100の筐体内部に設けられ、後述する表示部130の背面(筐体内)から、表示部130を介して保持部160に保持され
たプレイカードを認識し、プレイカードに付された物品情報を取得する。リーダ120の詳細については、表示部130の構成と共に後述する。 
[0023]
キャラクタDB106は、ゲームに登場するものとして予め定められたゲーム要素であるキャラクタの各々についての情報(キャラクタ情報)を管理するデータベースである。本実施形態のゲーム装置100で提供されるゲームでは、1回のゲームプレイに係るゲーム中に複数のキャラクタを登場させることができる。故に、プレイカードは、キャラクタDB106に管理されているキャラクタ情報のいずれかを一意に特定する情報を有し、ゲームプレイに際し情報取得をさせることで、対応するキャラクタを操作キャラクタとして、該ゲームプレイに係るゲーム中に登場させることができるよう構成される。 
[0024]
また本実施形態ではゲームに登場可能に設けられた各キャラクタのキャラクタ情報には、グラフィックスデータ(3Dモデル、それに対応するテクスチャ等)が含まれる。従って、本実施形態では、1つのキャラクタにつき管理されるキャラクタ情報は、図8(a)に示されるようなデータ構成を有するものであってよい。図示されるようにキャラクタ情報は、キャラクタを一意に特定するキャラクタID801に関連付けて、該キャラクタをゲームに登場させる際に表示するために用いられるグラフィックスデータ等を含む描画用情報802、及び同じく音声提示のために用いられる音声データ803を有する。またキャラクタ情報は、キャラクタの名称、属性等に加え、成長要素を考慮しない状態について予め定められた体力、攻撃力、防御力、発動技、特殊スキル等のキャラクタ固有の能力パラメータの初期値(基準値:レベル1(初期状態)での各種パラメータの値)等を記述した基本パラメータ804、及び基本パラメータからの各種パラメータについての成長/育成(レベル、プレイ回数、プレイ内容)に応じた増減幅や、追加付与することが可能な発動技、特殊スキル等を記述した成長情報805を含む。 
[0025]
なお、本実施形態ではキャラクタDB106に、グラフィックスデータが格納され、キャラクタ情報が該データを含むものとして説明するが、本発明の実施はこれに限られるものではない。キャラクタ情報には、グラフィックスデータではなく、該当のグラフィックスデータの格納場所を示す情報が含まれるものであってもよい。 
[0026]
提示制御部107は、ゲーム装置100におけるユーザへの各種情報提示の制御を司る。本実施形態のゲーム装置100では、ユーザへの各種情報提示の手段として、画像(ゲーム画面、メニュー画面等)表示を行う表示部130、音声出力を行う音声出力部140を有するものとして説明するが、情報提示の手段はこれらに限られるものではなく、代替あるいは追加が可能であることは言うまでもない。 
[0027]
提示制御部107は、例えばGPU等の描画装置を含み、表示部130に表示させる画面を生成する際には所定の描画処理を行う。具体的には提示制御部107は、ゲーム装置100の稼働中(ゲームプレイ中やスタンバイ状態中)において、制御部101により行われた処理や命令に基づいて必要な描画用オブジェクト(グラフィックスデータ)に対して適当な演算処理を実行し、画面の描画を行う。生成した画面は、ゲーム装置100と同一筐体内、あるいはゲーム装置100の外部に着脱可能に接続された表示装置である表示部130に出力され、所定の表示領域中に表示されることでユーザに提示される。 
[0028]
本実施形態では表示部130は、例えば保持部160によりプレイカードが保持された場合に接触する(載置される)保護層、液晶パネル層、導光層が積層される態様で構成されるものであってよく、表示部130の外枠内部に設けられた不図示のライン状に設けられた白色LED群が発光し、液晶パネル層の前面を照射するよう導光層が面発光することで、液晶パネル層で形成された画面が提示される。保護層、液晶パネル層、導光層は、いずれも赤外光を透過可能に構成され、表示部130導光層の底面には遮蔽物となるケーシングを有さず、リーダ120による物品情報の取得を妨げぬよう構成されているものとする。 
[0029]
本実施形態のゲーム装置100で使用可能なプレイカードは、コード化された物品情報が赤外光反射インクにより不可視コードとしてその表面に付されており、保持部160により保持された場合には、筐体内部に設けられた赤外線カメラを有するリーダ120により、不可視コードの読み取りが可能に構成される。 
[0030]
リーダ120の有する赤外線カメラは、表示部130の表示領域中の一部のみを撮像範囲に含むよう構成される。本実施形態では赤外線カメラは、その撮像範囲に、少なくとも表示面に設けられた複数の保持部160の全てを含むよう構成され、例えば操作キャラクタの登録シーケンス、あるいはゲーム中の物品情報取得を要するシーケンスにおいて、撮像を行い、画像を出力する。リーダ120は、撮像により得られた画像に対して所定の画像処理を適用することで不可視コードを抽出し、該保持部160に対応する領域内にプレイカードが保持されたことを検出する。またリーダ120は、抽出した不可視コードに対して所定の変換処理を適用することで、物品情報を復号して取得部105に出力する。 
[0031]
本実施形態では、撮像により得られた画像に基づき、画像中の保持部160に対応する領域に認識可能な不可視コードが含まれている(撮像範囲に不可視カードを有するプレイカードが進入した)場合に、プレイカードが挿入されたことを検出するものとして説明する。しかしながら、保持部160にプレイカードが挿入されたことを検出するセンサが設けられ、これに基づき、撮像、及び該撮像により得られた画像に対する、物品情報取得用の処理が開始されるものであってもよい。 
[0032]
なお、本実施形態では表示部130の各層を赤外光透過可能に構成することで、表示部130の背面からプレイカードに付された不可視コードを赤外線カメラにより取得し、認識可能であるものとして説明するが、表示領域中の一部に載置された物品から物品情報を取得する手法はこれに限られるものではない。例えばプレイカードからの物品情報の取得が近接無線通信により行われる場合、リーダ120は、表示部130を介して該当の保持部160からの情報取得が可能なように、表示部130の背面に設けられるものであってもよいし、保持部160自体に設けられるものであってもよい。 
[0033]
また提示制御部107は、例えばサウンドボードやアンプ等の音声信号の出力/増幅を行う回路を含み、音声出力部140から出力させる音声を生成する際には所定の処理を行う。具体的には提示制御部107は、例えば予め記録媒体102に記録された音声データに基づき、同時に出力を行う音声データを確定し、これを電気的な音声信号に変換(D/A変換)して音声出力部140に出力することで、音声出力を行う。音声出力部140は、所定のスピーカ等であってよく、入力された音声信号に基づく音波を出力する。 
[0034]
排出制御部108は、対価の支払いに基づく1回のゲームプレイにつき、1枚のプレイカードを排出させるための各種処理を行う。排出制御部108は、プレイカードの生成指示がなされた場合に、該カードに付す物品情報に対応するコード画像と印刷面を形成するその他の画像を含む、印刷出力するプレイカードの印刷データを生成する。上述したようにゲーム装置100により排出されるプレイカードは、ゲームに登場するいずれかのキャラクタを特定し、ゲームにおいて該キャラクタの操作キャラクタとしての使用(操作)をユーザに可能ならしめる。故に、プレイカードを使用することで使用可能となるキャラクタの図柄がカード印刷面には形成され、いずれのゲーム要素に対応するプレイカードであるかをユーザが容易に把握可能となっている。排出制御部108は、印刷データを生成すると、該印刷データを印刷命令と共に排出部150に伝送して該当のプレイカードの印刷を指示し、排出させる。 
[0035]
排出部150は、ゲーム装置100と同一筐体内、あるいはゲーム装置100の外部に着脱可能に接続された、排出制御部108との情報送受信が可能に構成されたプリンタ等の印刷装置である。排出部150は、排出制御部108からプレイカードに係る印刷データ及び該データに係る印刷命令を受信すると、印刷データの印刷動作を行う。印刷により排出されるカードは、排出部150がゲーム装置100と同一筐体内に内蔵される場合は、ゲーム装置100の外部からアクセス可能な排出口151(図1参照)に導かれることでユーザに提供されてよい。 
[0036]
操作入力部109は、例えば方向入力用や決定入力用の操作部材、各種センサ等の、ゲーム装置100が有するユーザインタフェースである。操作入力部109は、操作部材に対する操作入力がなされたことを検出すると、該操作入力に対応する制御信号を制御部101に出力する。なお、本実施形態ではゲーム装置100は物理的な操作部材として各種インタフェースを備えるものとして説明するが、例えば表示部130の画面上になされたタッチ入力を検出するタッチ入力検出センサ等を含んでいてもよい。 
[0037]
通信部110は、ゲーム装置100が有する外部装置との通信インタフェースである。通信部110は、インターネット等の通信網や機器間を接続するケーブルであってもよいネットワーク(有線・無線を問わない)を介して外部装置と接続し、データの送受信を可能とすることができる。通信部110は、例えば送信対象として入力された情報を所定の形式のデータに変換し、ネットワークを介してサーバ等の外部装置に送信する。また通信部110は、例えばネットワークを介して外部装置から情報を受信すると、該情報を復号し、メモリ103に格納する。また本実施形態のゲーム装置100は、ゲームに係る処理のプログラムをパッケージ化したプログラムデータを通信部110を介して外部装置から受信可能に構成される。制御部101は、通信部110により該プログラムデータがプログラムの更新要求とともに受信された場合、更新要求に従って現在記録媒体102に格納されているゲームに係る処理のプログラムを、受信したプログラムデータを用いて更新することができる。なお、ゲームに係る処理のプログラムの更新処理は、この他、例えば記録媒体に記録されているプログラムデータをゲーム装置が有する不図示の光学ドライブ等に挿入した際に自動実行される、あるいは挿入後に管理者が開始命令を行うことによっても実行可能である。 
[0038]
《提供処理》 このような構成をもつ本実施形態のゲーム装置100において1回のゲームプレイに係り実行される提供処理について、図4のフローチャートを用いて具体的な処理を説明する。該フローチャートに対応する処理は、制御部101が、例えば記録媒体102に記憶されている対応する処理プログラムを読み出し、メモリ103に展開して実行することにより実現することができる。なお、本提供処理は、例えば対価の支払いがなされたことを支払検出部104が検出した際に開始されるものとして説明する。 
[0039]
また、本実施形態のゲーム装置100において提供されるゲームは、ユーザの操作する所定数の操作キャラクタと、NPC(Non-Player Character)としてゲームに登場する所定数の相手キャラクタとの間で行われる対戦ゲームであるものとする。対戦ゲームは、全ての相手キャラクタを行動不能とすることで勝利条件が満たされ、所定の制限時間の経過、あるいは操作キャラクタが行動不能となったことで敗北条件が満たされる。対戦相手となる相手キャラクタは、本実施形態では例示のため、3体の操作キャラクタと3体の相手キャラクタとの間で対戦ゲームが行われるものとして説明するが、本発明の実施がこれに限られるものではないことは容易に理解されよう。 
[0040]
S401で、制御部101は、今回のゲームプレイに登場させる操作キャラクタの登録を受け付ける登録シーケンスの処理を実行する。本登録シーケン
スでは、制御部101はリーダ120を動作させ、プレイカードについての情報取得がなされた場合、即ちいずれかの保持部160プレイカードが挿入されたことが検出されて物品情報が取得された場合には、取得された物品情報と対応するキャラクタ情報とに基づいてプレイカードに対応するキャラクタのステータスを導出し、操作キャラクタの情報としてメモリ103に登録する。このとき、プレイカードから取得される物品情報は、例えば図8(b)に示されるように、プレイカードを一意に特定するプレイカードID811に関連付けて、該プレイカードに対応するキャラクタを特定するキャラクタID812、及び該キャラクタの成長/育成状態を記述した状態情報813を含むものであってよい。また操作キャラクタの情報は、例えば図8(c)に示されるように、操作キャラクタについて、該操作キャラクタを特定するキャラクタID821に関連付けて、状態情報813を反映して導出されるキャラクタステータス822、及びプレイカードに基づき登録されたことを示すカード使用フラグ823(真:True)を含むものであってよい。 
[0041]
制御部101は、3体全ての操作キャラクタの情報を登録した場合は処理をS402に移す。また、操作キャラクタの登録を終了する操作入力がなされた際、あるいは登録シーケンスについて予め定められた制限時間が終了した際等、登録シーケンスを終了すべきタイミングにおいて、3体の操作キャラクタの情報を登録していない場合、制御部101は、例えば抽選処理により不足している数のキャラクタIDを選択し、該当の情報をキャラクタDB106から取得し、操作キャラクタの情報として登録した後、処理をS402に移す。このとき、プレイカードに基づかずに登録された操作キャラクタの情報のキャラクタステータス822は、対応するキャラクタ情報にて基本パラメータ804として定められるステータス(初期状態)で登録されればよい。またカード使用フラグ823は、プレイカードに基づき登録されていないことを示す偽(False)に設定される。 
[0042]
S402で、制御部101は、今回のゲームプレイで登場させる3体の相手キャラクタを決定する。相手キャラクタの決定は、予め設けられた相手キャラクタまたはクエスト等のうちからいずれかを選択する操作入力がなされたことに応じて行われるものであってもよいし、抽選処理、対戦ゲームに先行して行われる所定のゲームの結果、ユーザのプレイ進行状況等に応じて、操作入力を要さずに行われるものであってもよい。 
[0043]
S403で、制御部101は、登録した操作キャラクタ及び相手キャラクタの情報に基づき、今回のゲームプレイに係る対戦ゲームを提供するゲーム処理を開始する。ゲーム処理の実行中、提示制御部107は制御部101の制御の下、ゲームの進行及びなされた操作入力に基づくゲーム画面を生成し、表示部130に表示させる。ゲーム画面には、所定のゲームフィールド上に操作キャラクタ及び相手キャラクタのグラフィクスデータが配置された状態で描画され、各種GUIを重畳して生成される。 
[0044]
ここで、本実施形態の対戦ゲームにおける、興趣性を高める画面表示について説明する。 
[0045]
本実施形態のゲーム装置100でゲームプレイに使用し、またゲーム装置100から排出されるプレイカードは、紙媒体ではなく、例えばアクリルプレート等の合成樹脂素材に対して印刷が施され、形成されるものであってよい。プレイカードは、光透過性の素材で構成され、図5(a)に示されるように、対応付けられたキャラクタの図柄や各種情報が印刷された領域は一定の遮光性を実現し、印刷がなされなかった一部の領域501(ハッチングで示す)は、そのまま光透過性を有している。即ち、プレイカードは、一部に光透過性の領域501を有して構成されており、ゲームのプレイ中、保持部160に保持された状態において、該領域において、プレイカードを介してゲーム画面の表示を観賞可能となっている。 
[0046]
本実施形態では表示部130の表示領域中に設けられた保持部160にプレイカードを保持させることで、該プレイカードに対応付けられたキャラクタを操作キャラクタとしてゲームに登場させることが可能であるだけでなく、該プレイカードを、対応する操作キャラクタのゲーム中の状態を提示するGUIとして利用する。より詳しくは、図5(a)に示される光透過性の領域501は、残り体力(0となった場合に行動不能となる)や、キャラクタについて定められた特殊技の発動に必要なチャージ量(所定の閾値以上となった場合に特殊技の発動が可能となり、発動により消耗される)等、所定のパラメータを示すゲージとして利用することが可能となっている。従って、例えば図6(a)に示されるように、ゲーム画面の保持部160に保持された状態で該領域501と対応する位置に、特定のパラメータを示す帯状の表示601を含めることで、プレイカードと一体となって、ユーザへのゲームに係る情報提示を好適に行うことができる。 
[0047]
このように構成することで、プレイカードが単に操作キャラクタ指定のために用いられるツールとしての役割としてだけでなく、ゲームにおける必要な情報の提示にも用いられるため、プレイカードがゲームと連動して興趣要素を提供する様をユーザに提示することができる。さらに、このように単にゲーム画面の変化だけではなく、プレイカード自体がゲームの変化に応じてその態様を変化させる構成は、表示領域の一部にプレイカードの配置が固定されていたとしても、その使用感をユーザに与え得るものであるため、ユーザのプレイカードやキャラクタに対する愛着を醸成させることができる。 
[0048]
なお、本実施形態では、プレイカード中の光透過性の領域を、所定のパラメータのゲージとして利用するものとして説明するが、本発明の実施はこれに限られるものではない。光透過性の領域はゲージに限らず、例えば図5(b)に示されるように操作キャラクタの各種パラメータを数値として表示するための表示枠502や、図5(c)に示されるように操作キャラクタにより発せられる台詞の文字列を表示する吹き出し503として設けられるものであってもよい。 
[0049]
また、登録シーケンスにおいて、制御部101が不足しているキャラクタを決定し、登録した場合、プレイカードは保持部160に保持されないが、同等のプレイ体験を提供するため、該当する保持部160には、仮想的にプレイカードが保持されているよう、該キャラクタをプレイカード化した場合に得られる図柄のカード画像を表示させ、該カード画像中でゲージ表示を行うようにすればよい。 
[0050]
S404で、制御部101は、ゲーム処理を終了する条件が満たされたか否かを判断する。ゲーム処理は、例えば上述した勝利条件及び敗北条件のいずれかが満たされた場合に終了するものであってよい。制御部101は、ゲーム処理を終了する条件が満たされたと判断した場合は処理をS405に移し、満たされていないと判断した場合は本ステップの処理を繰り返す。 
[0051]
S405で、制御部101は、行われた対戦ゲームにおいて勝利条件が満たされたか否かを判断する。制御部101は、勝利条件が満たされたと判断した場合は処理をS406に移し、勝利条件が満たされなかった、即ち敗北条件が満たされたと判断した場合は処理をS407に移す。 
[0052]
S406で、制御部101は、今回のゲームプレイについてプレイカードの排出候補とするキャラクタを決定し、表示部130に選択可能に表示させる。勝利条件が満たされた場合にプレイカードの排出候補とされるキャラクタは、操作キャラクタして登録された3体のキャラクタに加え、相手キャラクタとして登録した3体のキャラクタを含む。 
[0053]
一方、S405において勝利条件が満たされなかったと判断した場合、制御部101はS407で、今回のゲームプレイについてプレイカードの排出候補とするキャラクタを決定し、表示部130に選択可能に表示させる。S406と異なり、勝利条件が満たされなかった場合にプレイカードの排出候補とされるキャラクタは、操作キャラクタとして登録されたキャラクタに限られる。 
[0054]
S408で、制御部101は、排出候補の中から排出対象のキャラクタ(対象キャラクタ)の決定に係る操作入力がなされると、該キャラクタにつき物品情報に付す状態情報813を決定し、プレイカードに付す物品情報を構成する。状態情報は、対象キャラクタがプレイカードのスキャンにより登録された操作キャラクタであれば、ゲームプレイの内容に応じて現在のステータスを成長(ゲームを有利に進行せしめる状態に変更)させ、該成長後のステータスに基づいて確定される。また、対象キャラクタがプレイカードのスキャンにより登録された操作キャラクタでなければ、即ち、プレイカードに基づかない操作キャラクタまたは相手キャラクタであれば、ゲームプレイの内容に依らず、基本パラメータ804として定められるステータス(初期状態)に基づいて確定される。排出制御部108は制御部101の制御の下、対象キャラクタの情報と物品情報とに基づいて対象キャラクタに係るプレイカードの印刷データを構成し、排出部150にプレイカードを印刷させて排出させる。プレイカードの排出が完了すると、制御部101は、今回のゲームプレイに係る本提供処理を完了する。 
[0055]
このようにすることで、本実施形態のゲーム装置によれば、ゲーム用物品自体が有する興趣要素とゲームプレイによる興趣要素とを、好適にユーザに提供することができる。より詳しくは、ゲーム用物品からの情報取得が行われる領域は表示領域の一部に限定されるため、ゲーム画面の視認性や物品を確認しながらの好適なゲームプレイが担保され易く、また情報取得や物品検出に係る演算量を低減することができる。さらに、本実施形態ではゲーム用物品を利用したゲームの情報提示を行うため、ゲーム装置とゲーム用物品とが一体となってゲームプレイにより提供される興趣性を高めることができる。 
[0056]
[変形例1] 上述した実施形態では、プレイカードの一部に光透過性の領域を構成することで、プレイ中のゲームに係る情報提示を該領域を介して行い、プレイカードとゲーム画面とが一体となった興趣要素を提供する態様について説明したが、本発明の実施はこれに限られるものではない。例えば、プレイカードが光透過性の領域を有していなくとも、図6(b)に示されるように、プレイカードの図柄602を考慮し、これと連結するような表示603(ハッチングを付す)が保持部160の周辺に表示されるよう、ゲーム画面を構成することでも、プレイカードとゲーム画面とが一体となった興趣要素の提供は可能である。この場合、保持部160は、光透過性の材料で構成されることが好ましい。 
[0057]
[変形例2] 上述した実施形態及び変形例1では、プレイカードとゲーム画面とが一体となって興趣要素を提供する表示態様について説明したが、本発明の実施はこれに限られるものではない。例えばプレイカードが光透過性の領域を有していないのであれば、プレイカードが載置される領域についてゲーム画面の描画を行う必要はなく、少なくともゲームプレイの間、プレイカードが保持され、遮蔽される保持部160に対応する領域にはゲーム画面を表示しないよう制御するものとしてもよい。 
[0058]
[変形例3] 上述した実施形態及び変形例では、表示部130の表示面から突出した保持部160を有することで、表示領域中の一部の領域にプレイカードを保持する態様について説明したが、本発明の実施はこれに限られるものではない。例えば、図7に示されるような表示部130の保護層の形状を変化させ、周囲の表示面よりもゲーム装置100の内部側に窪んだ凹部701を設けることで、プレイカードを保持可能に構成するものとしてもよい。また例えば、プレイカードの情報取得が行われる表示領域中の一部の領域に、粘着性の素材を設けてプレイカードを吸着する、あるいは背面から吸気することで表示面にプレイカードを密着させる等、吸着方式によって、
表示領域の一部にプレイカードを保持するよう構成するものとしてもよい。 
[0059]
[その他の実施形態] 本発明は上記実施の形態に制限されるものではなく、本発明の精神及び範囲から離脱することなく、様々な変更及び変形が可能である。また本発明に係るゲーム装置は、1以上のコンピュータを該ゲーム装置として機能させるプログラムによっても実現可能である。該プログラムは、コンピュータが読み取り可能な記録媒体に記録されることにより、あるいは電気通信回線を通じて、提供/配布することができる。

符号の説明

[0060]
100:ゲーム装置、101:制御部、102:記録媒体、103:メモリ、104:支払検出部、105:取得部、106:キャラクタDB、107:提示制御部、108:排出制御部、109:操作入力部、110:通信部、120:リーダ、130:表示部、140:音声出力部、150:排出部、160:保持部

請求の範囲

[請求項1]
物品から取得した物品情報に基づいてゲームを実行するゲーム装置であって、 前記物品情報を取得した物品に対応するゲーム要素を表示する表示手段と、 前記表示手段の表示領域の一部において、物品から前記物品情報を取得する取得手段と、を有するゲーム装置。
[請求項2]
前記表示領域の一部は、物品の載置領域を形成する請求項1に記載のゲーム装置。
[請求項3]
前記取得手段は、前記表示領域の一側縁に沿った領域において、物品から前記物品情報を取得する請求項1または2に記載のゲーム装置。
[請求項4]
前記表示領域の一部に、物品を保持する1以上の保持手段をさらに有する請求項1乃至3のいずれか1項に記載のゲーム装置。
[請求項5]
前記保持手段は、前記表示手段の表示面から突出した突出部である請求項4に記載のゲーム装置。
[請求項6]
前記突出部は、各々が物品の異なる側部を係止する第1の突出部、第2の突出部及び第3の突出部で構成される請求項5に記載のゲーム装置。
[請求項7]
前記突出部は、光透過性の部材で構成される請求項5または6に記載のゲーム装置。
[請求項8]
前記保持手段は、前記表示手段の表示面に設けられた凹部である請求項4に記載のゲーム装置。
[請求項9]
前記保持手段は、吸着により、前記表示領域の一部に物品を保持する請求項4に記載のゲーム装置。
[請求項10]
前記保持手段に物品が保持されたことを検出する検出手段をさらに有し、 前記取得手段は、前記検出手段により物品の保持が検出された場合に、該物品から物品情報を取得する請求項4乃至9のいずれか1項に記載のゲーム装置。
[請求項11]
前記表示手段は、前記ゲームの実行中、前記保持手段に物品が保持されていないことを条件として、該保持手段に対応する領域に仮想物品の画像を表示する請求項4乃至10のいずれか1項に記載のゲーム装置。
[請求項12]
物品には、対応するゲーム要素の図柄が付されており、 前記ゲームの実行中、前記保持手段に物品が保持されている状態において、該物品の図柄と、前記表示手段により前記表示領域の一部に表示された画像とが一体となって、該物品に対応するゲーム要素が提示される請求項4乃至11のいずれか1項に記載のゲーム装置。
[請求項13]
物品は、一部に光透過性の領域を有して構成されており、 前記表示手段は、前記ゲームの実行中、物品の前記光透過性の領域と対応する位置に該物品に対応するゲーム要素の情報を表示する請求項1乃至12のいずれか1項に記載のゲーム装置。
[請求項14]
前記表示手段は、少なくとも前記ゲームの実行中、前記保持手段に物品が保持された状態において、前記表示領域の一部に前記ゲームに係るゲーム画面を表示しない請求項4乃至11のいずれか1項に記載のゲーム装置。
[請求項15]
前記表示手段は、少なくとも前記物品情報を取得する期間において、物品の載置領域であることを示す画像を、前記表示領域の一部に表示する請求項1乃至14のいずれか1項に記載のゲーム装置。
[請求項16]
物品を排出する排出手段をさらに有し、 前記排出手段は、前記取得手段により物品情報が取得された場合に、該物品情報に基づく新たな物品を排出する請求項1乃至15のいずれか1項に記載のゲーム装置。
[請求項17]
請求項13に記載のゲーム装置において前記物品情報が取得されるゲーム用物品であって、 一部に光透過性の領域を有して構成されるゲーム用物品。

図面

[ 図 1]

[ 図 2]

[ 図 3]

[ 図 4]

[ 図 5]

[ 図 6]

[ 図 7]

[ 図 8]