このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018179597) 鋼線およびばね
国際事務局に記録されている最新の書誌情報第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/179597 国際出願番号: PCT/JP2017/043632
国際公開日: 04.10.2018 国際出願日: 05.12.2017
IPC:
C22C 38/00 (2006.01) ,C22C 38/04 (2006.01) ,F16F 1/02 (2006.01) ,C21D 7/06 (2006.01) ,C21D 9/02 (2006.01) ,C21D 9/52 (2006.01)
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
04
マンガンを含有するもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
F
ばね;緩衝装置;振動減衰手段
1
ばね
02
低内部摩擦の鋼鉄またはその他の材料よりなるもの;つる巻きばね,ねじりばね,板ばね,皿ばね,輪ばねまたは類似のばねで,ばねの材料に関連しないもの
C 化学;冶金
21
鉄冶金
D
鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
7
加工変形による鉄または鋼の物理的性質の改良
02
冷間加工によるもの
04
表面の冷間加工
06
ショットピーニングまたはそれに類するものによるもの
C 化学;冶金
21
鉄冶金
D
鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
9
特定の品物に用いられる熱処理,それに用いる炉,例.焼なまし,硬化,焼入れ,焼もどし(炉一般F27)
02
バネ用
C 化学;冶金
21
鉄冶金
D
鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
9
特定の品物に用いられる熱処理,それに用いる炉,例.焼なまし,硬化,焼入れ,焼もどし(炉一般F27)
52
線材用;ストリップ用
出願人:
住友電気工業株式会社 SUMITOMO ELECTRIC INDUSTRIES, LTD. [JP/JP]; 大阪府大阪市中央区北浜四丁目5番33号 5-33, Kitahama 4-chome, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka 5410041, JP
日本発條株式会社 NHK SPRING CO., LTD. [JP/JP]; 神奈川県横浜市金沢区福浦3丁目10番地 3-10, Fukuura, Kanazawa-ku, Yokohama-shi, Kanagawa 2360004, JP
発明者:
渡邉 隆志 WATANABE, Takashi; JP
藤野 善郎 FUJINO, Yoshiro; JP
松本 断 MATSUMOTO, Sadamu; JP
山本 文男 YAMAMOTO, Fumio; JP
小口 拓也 OGUCHI, Takuya; JP
高橋 文雄 TAKAHASHI, Fumio; JP
代理人:
特許業務法人深見特許事務所 FUKAMI PATENT OFFICE, P.C.; 大阪府大阪市北区中之島三丁目2番4号 中之島フェスティバルタワー・ウエスト Nakanoshima Festival Tower West, 2-4, Nakanoshima 3-chome, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5300005, JP
優先権情報:
2017-06217228.03.2017JP
発明の名称: (EN) STEEL WIRE AND SPRING
(FR) FIL D'ACIER ET RESSORT
(JA) 鋼線およびばね
要約:
(EN) A steel wire is constituted from steel formed from 0.7 – 1.0% by mass carbon, 0.12 – 0.32% by mass silicon, 0.3 – 0.9% by mass manganese, with the remainder being iron and unavoidable impurities. The total decarbonized layer depth in a cross-section perpendicular to the longitudinal direction of the steel wire is 0.5% or less of the diameter. The difference in the maximum value and minimum value for hardness on a straight line passing through the center of gravity in a cross-section perpendicular to the longitudinal direction of the steel wire is 50 HV or less.
(FR) L'invention concerne un fil d'acier constitué d'acier formé de 0,7 à 1,0 % en masse de carbone, de 0,12 à 0,32 % en masse de silicium, de 0,3 à 0,9 % en masse de manganèse, le reste étant du fer et des impuretés inévitables. La profondeur totale de la couche décarbonisée dans une section transversale perpendiculaire à la direction longitudinale du fil d'acier est inférieure ou égale à 0,5 % du diamètre. La différence entre la valeur maximale et la valeur minimale pour une dureté sur une ligne droite passant par le centre de gravité dans une section transversale perpendiculaire à la direction longitudinale du fil d'acier est inférieure ou égale à 50 HV.
(JA) 鋼線は、0.7質量%以上1.0質量%以下の炭素と、0.12質量%以上0.32質量%以下の珪素と、0.3質量%以上0.9質量%以下のマンガンとを含み、残部が鉄および不可避的不純物からなる鋼から構成される。鋼線の長手方向に垂直な断面における全脱炭層深さが直径の0.5%以下である。鋼線の長手方向に垂直な断面において、重心を通る直線上における硬さの最大値と最小値との差が50HV以下である。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)