国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018179514) ステロイド骨格含有化合物検出デバイスおよびこれを用いたステロイド骨格含有化合物の検出方法

Pub. No.:    WO/2018/179514    International Application No.:    PCT/JP2017/034996
Publication Date: Fri Oct 05 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Thu Sep 28 01:59:59 CEST 2017
IPC: G01N 27/414
Applicants: NEC SOLUTION INNOVATORS, LTD.
NECソリューションイノベータ株式会社
WASEDA UNIVERSITY
学校法人早稲田大学
Inventors: KANEKO Naoto
金子 直人
HORII Katsunori
堀井 克紀
OHASHI Keishi
大橋 啓之
OSAKA Tetsuya
逢坂 哲彌
Title: ステロイド骨格含有化合物検出デバイスおよびこれを用いたステロイド骨格含有化合物の検出方法
Abstract:
新たなステロイド骨格含有化合物検出デバイスおよびこれを用いたステロイド骨格含有化合物の検出方法を提供する。 本発明のステロイド骨格含有化合物検出デバイスは、ステロイド骨格含有化合物検出用核酸センサが配置されたトランジスタを含み、 前記核酸センサは、 所定の立体構造を形成する立体形成領域(D)と前記ステロイド骨格含有化合物に結合する結合領域(A)とを有し、 前記ステロイド骨格含有化合物非存在下、前記立体形成領域(D)は、前記立体構造の形成が阻害され、 前記ステロイド骨格含有化合物存在下、前記結合領域(A)への前記ステロイド骨格含有化合物の接触により、前記立体形成領域(D)が前記立体構造を形成し、 前記立体構造の形成時において、 前記ステロイド骨格含有化合物は、電解質を含む溶液中に存在し、 前記溶液のデバイ長の範囲における前記核酸センサを構成するヌクレオチド残基の数が、前記立体構造の形成の阻害時よりも増加または減少することを特徴とする。