このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018179395) ホットスタンプ成形体
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2018/179395 国際出願番号: PCT/JP2017/013760
国際公開日: 04.10.2018 国際出願日: 31.03.2017
IPC:
C23C 2/12 (2006.01) ,C21D 1/18 (2006.01) ,C21D 9/00 (2006.01) ,C22C 18/04 (2006.01) ,C22C 21/10 (2006.01) ,C22C 38/00 (2006.01) ,C22C 38/06 (2006.01) ,C22C 38/58 (2006.01) ,C23C 2/28 (2006.01) ,C23C 2/40 (2006.01)
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
2
形状に影響を及ぼすことのない溶融状態にある被覆材料の適用による溶融メッキまたは溶融浸漬法;そのための装置
04
被覆材料に特徴があるもの
12
アルミニウムまたはアルミニウム基合金
C 化学;冶金
21
鉄冶金
D
鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
1
熱処理,例.焼なまし,硬化,焼入れ,焼きもどし,の一般的方法または装置
18
硬化;その後の焼もどしを伴うあるいは伴わない焼入れ
C 化学;冶金
21
鉄冶金
D
鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
9
特定の品物に用いられる熱処理,それに用いる炉,例.焼なまし,硬化,焼入れ,焼もどし(炉一般F27)
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
18
亜鉛を基とする合金
04
次に多い成分としてアルミニウムを含むもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
21
アルミニウム基合金
10
次に多い成分として亜鉛を含むもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
06
アルミニウムを含有するもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
18
クロムを含有するもの
40
ニッケルを共に含有するもの
58
マンガンを1.5重量%より多く含有するもの
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
2
形状に影響を及ぼすことのない溶融状態にある被覆材料の適用による溶融メッキまたは溶融浸漬法;そのための装置
26
後処理
28
熱による後処理,例.油浴処理
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
2
形状に影響を及ぼすことのない溶融状態にある被覆材料の適用による溶融メッキまたは溶融浸漬法;そのための装置
34
処理される材料の形状に特徴があるもの
36
長尺材料
40
板;ストリップ
出願人:
日本製鉄株式会社 NIPPON STEEL CORPORATION [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内二丁目6番1号 6-1, Marunouchi 2-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008071, JP
発明者:
仙石 晃大 SENGOKU, Akihiro; JP
竹林 浩史 TAKEBAYASHI, Hiroshi; JP
秋岡 幸司 AKIOKA, Koji; JP
松村 賢一郎 MATSUMURA, Kenichiro; JP
代理人:
特許業務法人ブライタス BRIGHTAS IP ATTORNEYS; 大阪府大阪市北区曽根崎2丁目5番10号 2-5-10, Sonezaki, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5300057, JP
優先権情報:
発明の名称: (EN) HOT STAMPED MOLDING
(FR) PIÈCE MOULÉE ESTAMPÉE À CHAUD
(JA) ホットスタンプ成形体
要約:
(EN) A hot stamped molding provided with a base metal 10 and a plating layer 20 formed on the surface of the base metal 10, wherein: the plating layer 20 comprises an interfacial layer 21, an intermediate layer 22 and an oxide layer 23, in that order starting from the side of the base metal 10; the structure of the interfacial layer 21 comprises at least one kind of Fe-Al alloy selected from αFe, Fe3Al and FeAl and the total area ratio of the Fe-Al alloy is at least 99%; the intermediate layer 22 comprises at least one kind of Fe-Al-Zn phase selected from Fe(Al,Zn)2, Fe2(Al,Zn)5 and Fe(Al,Zn)3 and the total area percentage of the Fe-Al-Zn phases is at least 50%; the mean composition, in mass%, comprises Al: 30-50% and Zn: 15-30%; and the mean film thickness of the oxide layer 23 is 3.0 µm or less and the Mg content is 0.05-0.50 g/m2.
(FR) L'invention concerne une pièce moulée estampée à chaud comportant un métal de base 10 et une couche de placage 20 formée sur la surface du métal de base. La couche de placage 20 comprend une couche interfaciale 21, une couche intermédiaire 22 et une couche d'oxyde 23, dans cet ordre à partir du côté du métal de base 10 ; la structure de la couche interfaciale 21 comprend au moins un type d'alliage Fe-Al choisi parmi αFe, Fe3Al et le rapport surfacique total de l'alliage Fe-Al est d'au moins 99 % ; la couche intermédiaire 22 comprend au moins un type de phase Fe-Al-Zn choisie parmi Fe(Al,Zn)2, Fe2(Al,Zn)5 et Fe(Al,Zn)3 et le pourcentage surfacique total des phases Fe-Al-Zn est d'au moins 50 % ; la composition moyenne, en % en masse, comprend 30 à 50 % d'Al et 15 à 30 % de Zn ; l'épaisseur moyenne de film de la couche d'oxyde 23 est de 3,0 µm ou moins ; et la teneur en Mg va de 0,05 à 0,50 g/m2.
(JA) 母材10と母材10の表面に形成されためっき層20とを備えるホットスタンプ成形体であって、めっき層20は、母材10側から順に、界面層21、中間層22および酸化物層23を含み、界面層21は、組織がαFe、FeAlおよびFeAlから選択される1種以上のFe-Al合金を含み、かつ、Fe-Al合金の合計面積率が99%以上であり、中間層22は、前記中間層は、Fe(Al,Zn)、Fe(Al,Zn)およびFe(Al,Zn)から選択される1種以上のFe-Al-Zn相を含み、かつ、Fe-Al-Zn相の合計面積率が50%以上であり、平均組成が、質量%で、Al:30~50%、および、Zn:15~30%、を含み、酸化物層23は、平均膜厚が3.0μm以下であり、かつ、Mg含有量が0.05~0.50g/mである、ホットスタンプ成形体。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)