国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018179299) 燃料タンクの固定部構造

Pub. No.:    WO/2018/179299    International Application No.:    PCT/JP2017/013481
Publication Date: Fri Oct 05 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Fri Mar 31 01:59:59 CEST 2017
IPC: B62D 25/08
B60K 15/067
B62J 1/12
B62J 35/00
Applicants: HONDA MOTOR CO.,LTD.
本田技研工業株式会社
Inventors: SUZUKI Shota
鈴木 将太
HAYASHI Takazumi
林 敬済
Title: 燃料タンクの固定部構造
Abstract:
【課題】燃料タンクの後部を車体へ取付けるためのタンクステーを設けるとき、底板のみに溶接すると、この溶接部に大きな応力が集中しやすくなるので、タンクステーに対する応力を分散できるようにする。 【解決手段】フランジレス型の燃料タンク13の後部において、外板13aから後方へ延出する第1ステー20と、底板13bから後方へ延出する第2ステー21を設け、これら第1ステー20と第2ステー21の各後部を重ねて一体化してフレーム側固定部15aとし、ここでボルト16により1点で車体フレーム側へ取付ける。第1ステー20の前部30は外板13aの背面へ溶接で取付け、第2ステー21の前部40は底板13bの底面へ溶接で取付ける。燃料タンク13からタンクステー15に加わる重量は、第1ステー20と第2ステー21へ分散して加わることになり、タンクステー15と燃料タンク13との取付部に対する応力の集中が緩和される。