このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018179280) 主軸装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2018/179280 国際出願番号: PCT/JP2017/013401
国際公開日: 04.10.2018 国際出願日: 30.03.2017
IPC:
F16C 35/067 (2006.01) ,B23B 19/02 (2006.01) ,F16C 35/063 (2006.01) ,F16C 37/00 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
35
軸受ユニットの固定的支持;ハウジング,例.キャップ,カバー
04
玉軸受またはころ軸受の場合
06
玉軸受またはころ軸受のすえ付け;軸またはハウジングへのそれらの固定
067
それらのハウジングへの固定
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
B
旋削;中ぐり
19
主軸台;どのような工作機械についてもその同等な部分
02
加工主軸;それに関連した構成,例.支持構造
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
35
軸受ユニットの固定的支持;ハウジング,例.キャップ,カバー
04
玉軸受またはころ軸受の場合
06
玉軸受またはころ軸受のすえ付け;軸またはハウジングへのそれらの固定
063
それらの軸への固定
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
37
軸受の冷却
出願人:
株式会社牧野フライス製作所 MAKINO MILLING MACHINE CO., LTD. [JP/JP]; 東京都目黒区中根2丁目3番19号 3-19, Nakane 2-chome, Meguro-ku, Tokyo 1528578, JP
発明者:
川田 毅 KAWADA, Takeshi; JP
根深 鉄平 NEBUKA, Teppei; JP
代理人:
青木 篤 AOKI, Atsushi; JP
鶴田 準一 TSURUTA, Junichi; JP
島田 哲郎 SHIMADA, Tetsuro; JP
三橋 真二 MITSUHASHI, Shinji; JP
曽根 太樹 SONE, Taiju; JP
森本 有一 MORIMOTO, Yuichi; JP
優先権情報:
発明の名称: (EN) MAIN SHAFT DEVICE
(FR) DISPOSITIF DE TYPE ARBRE PRINCIPAL
(JA) 主軸装置
要約:
(EN) A main shaft device (10) is attached to a work machine (80). The main shaft device (10) is provided with a main shaft (14) that supports a tool (18) or a workpiece, and a main shaft motor (35) that causes the main shaft (14) to rotate. The main shaft device (10) is provided with bearings (16a, 16b, 17) that are rolling bearings which support the main shaft in an inner race, and a housing (12) and a rear housing (13) that secure an outer race of the bearings (16a, 16b, 17). The housing (12) and the rear housing (13) are formed of a material having a coefficient of thermal expansion greater than that of the main shaft (14).
(FR) L'invention concerne un dispositif de type arbre principal (10) fixé à une machine de travail (80). Le dispositif de type arbre principal (10) est pourvu d'un arbre principal (14) qui supporte un outil (18) ou une pièce à travailler, et d'un moteur d'arbre principal (35) qui amène l'arbre principal (14) à tourner. Le dispositif de type arbre principal (10) est pourvu de paliers (16a, 16b, 17) qui sont des paliers à roulement qui supportent l'arbre principal dans une course interne, et d'un boîtier (12) et d'un boîtier arrière (13) qui fixent une course externe des paliers (16a, 16b, 17). Le boîtier (12) et le boîtier arrière (13) sont formés d'un matériau ayant un coefficient de dilatation thermique supérieur à celui de l'arbre principal (14).
(JA) 主軸装置(10)は、工作機械(80)に取り付けられる。主軸装置(10)は、工具(18)またはワークを支持する主軸(14)と、主軸(14)を回転させる主軸モータ(35)とを備える。主軸装置(10)は、内輪にて主軸を支持する転がり軸受である軸受(16a,16b,17)と、軸受(16a,16b,17)の外輪を固定するハウジング(12)およびリアハウジング(13)とを備える。ハウジング(12)およびリアハウジング(13)は、主軸(14)よりも熱膨張係数が大きい材質にて形成されている。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)