国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018179122) 動力伝達装置

Pub. No.:    WO/2018/179122    International Application No.:    PCT/JP2017/012841
Publication Date: Fri Oct 05 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Thu Mar 30 01:59:59 CEST 2017
IPC: F16D 3/68
F02N 15/02
F16F 15/124
H02K 7/00
H02K 7/10
Applicants: HONDA MOTOR CO., LTD.
本田技研工業株式会社
Inventors: MORI, Hidemichi
森 英道
YOKOTA, Hiroshi
横田 洋
NOJIMA, Satoru
野島 悟
MURAKAMI, Soichiro
村上 宗一郎
FUKUYOSHI, Yasuhiro
福吉 康弘
DEGUCHI, Toshiaki
出口 寿明
OSAKI, Yusuke
大▲崎▼ 裕介
SUGIO, Daisuke
杉生 大輔
HATTA, Takuya
八田 拓也
Title: 動力伝達装置
Abstract:
トルク負荷の荷重に応じて適切な弾性部材が働いて衝撃を効果的に吸収し、常に円滑な動力伝達ができる動力伝達装置を供する。 本動力伝達装置は、回転中心軸Lcを同軸として相対して回転可能に配置された第1回転体81と第2回転体82の各々に突出して形成された第1押圧突部81pと第2押圧突部82pが、互いの回転軌跡の重なる相対位置に配設され、第1押圧突部81pと第2押圧突部82pとの間に、弾性変形量が大きく弾性係数が小さい軟性ラバー86aと弾性変形量が小さく弾性係数の大きい硬性ラバー87が介装され、第1回転体81と第2回転体82に相対的なトルク荷重が発生しない状態で、軟性ラバー86は、第1押圧突部81pと前記第2押圧突部82pの双方に接し、硬性ラバー87aは、第1押圧突部81pと第2押圧突部82pとの間に間隙を有して介装されるものである。