国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018173811) 放射性微粒子製造システムおよび放射性微粒子製造方法

Pub. No.:    WO/2018/173811    International Application No.:    PCT/JP2018/009285
Publication Date: Fri Sep 28 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Sat Mar 10 00:59:59 CET 2018
IPC: G21G 4/10
G21G 4/06
G21H 5/00
Applicants: HIROSAKI UNIVERSITY
国立大学法人弘前大学
Inventors: TOKONAMI Shinji
床次 眞司
Title: 放射性微粒子製造システムおよび放射性微粒子製造方法
Abstract:
大掛かりな設備を用いずに物理的に安定した放射性微粒子を製造でき、新規な物理的指標を用いた放射能測定機器の性能評価を可能とし、空気の湿度により放射能濃度を制御する方法を具体的に示すと共に、放射能測定機器全体としての性能評価を実施できる放射性微粒子製造システム等を提供する。放射性微粒子製造システム(1)は、放射性ガス生成システム(10)、特定粒子径エアロゾル発生システム(20)及び混合槽(30)を備えたシンプルな構成により、天然放射性核種を用いた放射性微粒子を製造する。220Rnを用いることにより、物理的に安定した子孫核種で放射性微粒子を製造する。混合槽(30)では特定の粒子径のエアロゾルのみに子孫核種を付着させ、特定の粒子径の放射性微粒子を生成する。取込んだ空気OAの湿度を制御して放射線源部(12)へ送り出す湿度制御部(100)により、天然放射性希ガスの放射能濃度を制御することができる。