このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018169066) 樹脂シートの製造方法、樹脂シート、構造体の製造方法、構造体及び航空機機体
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/169066 国際出願番号: PCT/JP2018/010538
国際公開日: 20.09.2018 国際出願日: 16.03.2018
IPC:
B29C 43/52 (2006.01) ,B29C 43/02 (2006.01) ,B29C 70/10 (2006.01) ,B32B 5/02 (2006.01) ,B32B 15/08 (2006.01) ,B64C 1/00 (2006.01) ,B64D 15/12 (2006.01)
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
43
圧縮成形,すなわち,付加された外部圧で成形材料を流動させるもの;そのための装置
32
構成部品,細部または付属装置;補助操作
52
加熱または冷却
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
43
圧縮成形,すなわち,付加された外部圧で成形材料を流動させるもの;そのための装置
02
一定長の物品,すなわち.不連続物品,の圧縮成形
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
70
複合材料,すなわち補強材,充填材,あるいは予備成形部品からなるプラスチック材料,例.挿入物の成形
04
補強材のみを含むもの,例.自己強化プラスチック
06
繊維状の補強材のみ
10
繊維状の補強材の構造に特徴があるもの
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
5
層の不均質または物理的な構造を特徴とする積層体
02
繊維または繊条からなる層の構造的な特徴により特徴づけられるもの
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
15
本質的に金属からなる積層体
04
層の主なまたは唯一の構成要素が金属からなり,特定物質の他の層に隣接したもの
08
合成樹脂の層に隣接したもの
B 処理操作;運輸
64
航空機;飛行;宇宙工学
C
飛行機;ヘリコプタ
1
胴体;胴体,翼,安定板,またはそれらと同様な構成要素の共通構造
B 処理操作;運輸
64
航空機;飛行;宇宙工学
D
航空機の装備;飛行服;パラシュート;動力装置または推進伝達機構の設備または装置
15
航空機外表面の除氷または防氷
12
電熱によるもの
出願人:
三菱重工業株式会社 MITSUBISHI HEAVY INDUSTRIES, LTD. [JP/JP]; 東京都港区港南二丁目16番5号 16-5, Konan 2-chome, Minato-ku, Tokyo 1088215, JP
発明者:
神原 信幸 KAMIHARA, Nobuyuki; JP
阿部 俊夫 ABE, Toshio; JP
石川 直元 ISHIKAWA, Naomoto; JP
高柳 俊幸 TAKAYANAGI, Toshiyuki; JP
村岡 幹夫 MURAOKA, Mikio; JP
代理人:
特許業務法人酒井国際特許事務所 SAKAI INTERNATIONAL PATENT OFFICE; 東京都千代田区霞が関3丁目8番1号 虎の門三井ビルディング Toranomon Mitsui Building, 8-1, Kasumigaseki 3-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1000013, JP
優先権情報:
2017-05280917.03.2017JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR MANUFACTURING RESIN SHEET, RESIN SHEET, METHOD FOR MANUFACTURING STRUCTURAL BODY, STRUCTURAL BODY, AND AIRFRAME OF AIRCRAFT
(FR) MÉTHODE DE FABRICATION D'UNE FEUILLE DE RÉSINE, FEUILLE DE RÉSINE, MÉTHODE DE FABRICATION D'UN CORPS STRUCTURAL, CORPS STRUCTURAL ET CELLULE D'AÉRONEF
(JA) 樹脂シートの製造方法、樹脂シート、構造体の製造方法、構造体及び航空機機体
要約:
(EN) Provided are a method for manufacturing a resin sheet 10 capable of substantially transmitting heat, the resin sheet 10, a method for manufacturing a structural body using the resin sheet 10, the structural body, and an airframe of an aircraft. The method for manufacturing the resin sheet 10 comprises: a coating step; a heating step; and a pressurizing step. In the coating step, linear metal nanomaterial 14 is coated on a surface of a resin film 12 having thermal plasticity. In the heating step, the resin film 12 having the linear metal nanomaterial 14 coated on the surface thereof is heated and softened. In the pressurizing step, the resin film 12 having the linear metal nanomaterial 14 coated on the surface thereof is pressurized to press the linear metal nanomaterial 14 along a direction orthogonal to the surface on which the linear metal nanomaterial 14 is coated. Thus, the coated linear metal nanomaterial 14 is caused to penetrate the resin film 12 to obtain the resin sheet 10 containing the linear metal nanomaterial 14.
(FR) L'invention concerne une méthode de fabrication d'une feuille de résine 10 capable de transmettre sensiblement de la chaleur, la feuille de résine 10, une méthode de fabrication d'un corps structural à l'aide de la feuille de résine 10, le corps structural et une cellule d'un aéronef. La méthode de fabrication de la feuille de résine 10 comprend : une étape de revêtement ; une étape de chauffage ; et une étape de mise sous pression. Dans l'étape de revêtement, un nanomatériau métallique linéaire 14 est revêtu sur une surface d'un film de résine 12 ayant une plasticité thermique. Dans l'étape de chauffage, le film de résine 12 ayant le nanomatériau métallique linéaire 14 revêtu sur sa surface est chauffé et ramolli. Dans l'étape de mise sous pression, le film de résine 12 ayant le nanomatériau métallique linéaire 14 revêtu sur sa surface est mis sous pression pour presser le nanomatériau métallique linéaire 14 le long d'une direction orthogonale à la surface sur laquelle le nanomatériau métallique linéaire 14 est revêtu. Ainsi, le nanomatériau métallique linéaire revêtu 14 est amené à pénétrer dans le film de résine 12 pour obtenir la feuille de résine 10 contenant le nanomatériau métallique linéaire 14.
(JA) 十分に熱を伝達することができる樹脂シート10の製造方法及び樹脂シート10と、その樹脂シート10を用いた構造体の製造方法、構造体及び航空機機体を提供する。樹脂シート10の製造方法は、塗布ステップと、加熱ステップと、加圧ステップと、を含む。塗布ステップでは、熱可塑性を有する樹脂フィルム12の表面に、線状金属ナノ材料14を塗布する。加熱ステップでは、表面に線状金属ナノ材料14が塗布された樹脂フィルム12を加熱して軟化させる。加圧ステップでは、表面に線状金属ナノ材料14が塗布された樹脂フィルム12を、線状金属ナノ材料14が塗布された面に直交する方向に沿って、線状金属ナノ材料14を押し付けるように加圧する。これにより、塗布された線状金属ナノ材料14を、樹脂フィルム12に潜り込ませて、線状金属ナノ材料14を含む樹脂シート10を得る。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)