WIPO logo
Mobile | Deutsch | English | Español | Français | 한국어 | Português | Русский | 中文 | العربية |
PATENTSCOPE

国際・国内特許データベース検索
World Intellectual Property Organization
オプション
検索言語
語幹処理適用
並び替え:
表示件数
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018168898) 新規ベンズイミダゾロン化合物およびその医薬用途
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/168898 国際出願番号: PCT/JP2018/009881
国際公開日: 20.09.2018 国際出願日: 14.03.2018
IPC:
C07D 235/26 (2006.01) ,A61K 31/4439 (2006.01) ,A61K 45/00 (2006.01) ,A61P 13/00 (2006.01) ,A61P 25/00 (2006.01) ,A61P 25/04 (2006.01) ,A61P 29/00 (2006.01) ,A61P 43/00 (2006.01) ,C07D 401/12 (2006.01) ,C07D 405/12 (2006.01) ,C07D 405/14 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
235
他の環と縮合した1,3―ジアゾール環または水素添加した1,3―ジアゾール環からなる複素環式化合物
02
炭素環または環系と縮合しているもの
04
ベンズイミダゾール;水素添加したベンズイミダゾール
24
2位に直接結合する,異種原子,または異種原子に対する3個の結合をもち,そのうち多くても1個がハロゲンに対する結合である炭素原子,例.エステルまたはニトリル基,が2位に直接結合したもの
26
酸素原子
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
395
環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
435
環異種原子として1個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.炭素環系と縮合したもの
44
非縮合ピリジン;その水素添加誘導体
4427
さらに複素環系を含有するもの
4439
環異種原子として室素を有する5員環を含むもの,例.オメプラゾール
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
45
31/00~41/00に属さない活性成分を含有する医薬品製剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
13
泌尿器系疾患の治療薬
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
25
神経系疾患の治療薬
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
25
神経系疾患の治療薬
04
中枢性鎮痛剤,例.オピオイド
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
29
非中枢性鎮痛剤,解熱剤,抗炎症剤,例.抗リューマチ剤;非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
43
グループ1/00から41/00に展開されていない特殊な目的の医薬
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
401
異項原子として窒素原子のみをもつ2個以上の複素環を含有し,そのうち少なくても1個が1個の窒素原子のみをもつ6員環である複素環式化合物
02
2個の複素環を含有するもの
12
鎖結合として異種原子を含有する鎖により結合しているもの
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
405
異項原子として酸素原子のみをもつ1個以上の複素環と,異項原子として窒素のみをもつ1個以上の環を含有する複素環式化合物
02
2個の複素環を含有するもの
12
鎖結合として異種原子を含有する鎖により結合しているもの
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
405
異項原子として酸素原子のみをもつ1個以上の複素環と,異項原子として窒素のみをもつ1個以上の環を含有する複素環式化合物
14
3個以上の複素環を含有するもの
出願人: SUMITOMO DAINIPPON PHARMA CO., LTD.[JP/JP]; 6-8, Dosho-machi 2-chome, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka 5418524, JP
発明者: MIZUSHIMA, Shingo; JP
WATANABE, Masaki; JP
IWAMOTO, Kohei; JP
URASHIMA, Kuniko; JP
代理人: SAMEJIMA, Mutsumi; JP
SHINAGAWA, Hisatoshi; JP
優先権情報:
2017-05034115.03.2017JP
発明の名称: (EN) NOVEL BENZIMIDAZOLONE COMPOUND AND PHARMACEUTICAL USE THEREOF
(FR) NOUVEAU COMPOSÉ DE BENZIMIDAZOLONE ET SON UTILISATION PHARMACEUTIQUE
(JA) 新規ベンズイミダゾロン化合物およびその医薬用途
要約:
(EN) The present invention pertains to a therapeutic agent against diseases involving Nav 1.7, specifically, diseases such as neuropathic pain, nociceptive pain, inflammatory pain, small fiber neuropathy, erythromelalgia, paroxysmal extreme pain disorder, dysuria, or multiple sclerosis, the therapeutic agent containing a compound represented by formula (I) or a pharmaceutically acceptable salt thereof [in the formula, R1a, R1b, R1c and R1d represent hydrogen, halogen, cyano, C1-4 alkyl, C1-4 alkoxy and the like, at least one among the R1a, R1b, R1c and R1d represents C6-10 aryl, C6-10 aryloxy, and the like, R2 and R3 represent hydrogen, C1-6 alkyl, C3-10 cycloalkyl, and the like, R4 represents hydrogen, C1-6 alkyl, C3-4 cycloalkyl, and the like, m represents 1, 2, or 3, L represents CR7R8, and R7 and R8 represent hydrogen, a hydroxyl group, C1-4 alkyl, C1-4 alkoxy, and the like].
(FR) La présente invention concerne un agent thérapeutique dirigé contre des maladies impliquant Nav1.7, en particulier des maladies telles que la douleur neuropathique, la douleur nociceptive, la douleur inflammatoire, la neuropathie des petites fibres, l'érythromélalgie, le syndrome de douleur extrême paroxystique, la dysurie, ou la sclérose en plaques, l'agent thérapeutique contenant un composé représenté par la formule (I) ou un sel pharmaceutiquement acceptable de celui-ci [dans la formule, R1a, R1b, R1c et R1d représentent l'hydrogène, halogène, cyano, alkyle en C1-4, alcoxy en C1-4 et analogues, au moins l'un parmi les R1a, R1b, R1c et R1d représente un aryle en C6-10, un aryloxy en C6-10, et analogues, R2 et R3 représentent l'hydrogène, alkyle en C1-6, cycloalkyle en C3-10, et analogues, R4 représente l'hydrogène, alkyle en C1-6, cycloalkyle en C3-4, et analogues, m représente 1, 2 ou 3, L représente CR7R8, R7 et R8 représentent l'hydrogène, un groupe hydroxyle, un groupe alkyle en C1-4, un groupe alcoxy en C1-4, et analogues].
(JA) 本発明は、式(I): [式中、R1a、R1b、R1cおよびR1dは、水素、ハロゲン、シアノ、C1-4アルキル、C1-4アルコキシ等を表し、但し、R1a、R1b、R1cまたはR1dの少なくとも1つはC6-10アリール、C6-10アリールオキシ等を表し、RおよびRは、水素、C1-6アルキル、C3-10シクロアルキル等を表し、Rは、水素、C1-6アルキル、C3-4シクロアルキル等を表し、mは、1、2または3を表し、Lは、CRを表し、RおよびRは、水素、水酸基、C1-4アルキル、C1-4アルコキシ等を表す]で表される化合物またはその製薬学的に許容される塩を含む、Nav1.7が関与する疾患、具体的には神経障害性疼痛、侵害受容性疼痛、炎症性疼痛、小径線維ニューロパチー、肢端紅痛症、発作性激痛症、排尿障害または多発性硬化症等の疾患に対する治療薬に関する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)