WIPO logo
Mobile | Deutsch | English | Español | Français | 한국어 | Português | Русский | 中文 | العربية |
PATENTSCOPE

国際・国内特許データベース検索
World Intellectual Property Organization
オプション
検索言語
語幹処理適用
並び替え:
表示件数
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018168232) ピラノキナゾリン誘導体及びナフトピラン誘導体
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/168232 国際出願番号: PCT/JP2018/003141
国際公開日: 20.09.2018 国際出願日: 31.01.2018
IPC:
C07D 491/052 (2006.01) ,C07D 311/92 (2006.01) ,C07D 519/00 (2006.01) ,C08F 220/18 (2006.01) ,C09K 9/02 (2006.01) ,G02B 1/04 (2006.01) ,G02B 5/23 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
491
縮合系中に異項原子として酸素原子のみを持つ1個以上の環と異項原子として窒素原子のみを持つ1個以上の環とを含有し,451/00から459/00まで463/00,477/00,または489/00に属さない複素環式化合物
02
縮合系が2個の複素環を含有するもの
04
オルソ―縮合系
044
酸素含有環中に異項原子として1個の酸素原子のみを有するもの
052
酸素含有環が6員環であるもの
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
311
異項原子として1個の酸素原子のみをもつ6員環を含有し,他の環と縮合した複素環式化合物
02
炭素環または環系とオルト―またはペリ―縮合したもの
78
3個またはそれ以上の関連する環をもつ環系
92
ナフトピラン;水素添加したナフトピラン
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
519
相互に,または共有している炭素環系を介して縮合した2個以上の関連する複素環からなる2個以上の系を含有し,453/00から455/00に属さない複素環式化合物
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
F
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応によってえられる高分子化合物
220
ただ1つの炭素―炭素二重結合を含有する1個以上の不飽和脂肪族基をもち,そのうちのただ1つの脂肪族基がただ1つのカルボキシル基によって停止されている化合物.その塩,無水物,エステル,アミド,イミドまたはそのニトリルの共重合体
02
9個以下の炭素原子をもつモノカルボン酸;その誘導体
10
エステル
12
一価のアルコールまたはフェノールのエステル
16
フェノールまたは2個以上の炭素原子をもつアルコールのエステル
18
アクリル酸またはメタクリル酸との
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
K
他に分類されない応用される物質;他に分類されない物質の応用
9
テネブレッセンス物質,すなわち.ある種のエネルギーによる励起の結果としてエネルギー吸収の波長領域が変わる物質
02
有機テネブレッセンス物質
G 物理学
02
光学
B
光学要素,光学系,または光学装置
1
使用物質によって特徴づけられた光学要素;光学要素のための光学的コーティング
04
有機物質,例.合成樹脂,で作られたもの
G 物理学
02
光学
B
光学要素,光学系,または光学装置
5
レンズ以外の光学要素
20
フィルター
22
吸収フィルター
23
フォトクロミックフィルター
出願人: KANTO KAGAKU KABUSHIKI KAISHA[JP/JP]; 2-8, Nihonbashihoncho 3-chome, Chuo-ku, Tokyo 1030023, JP
発明者: ABE, Jiro; JP
INAGAKI, Yuki; JP
SUGA, Takayoshi; JP
NAGASAWA, Hiroto; JP
優先権情報:
2017-04911314.03.2017JP
2017-16792531.08.2017JP
発明の名称: (EN) PYRANOQUINAZOLINE DERIVATIVE AND NAPHTHOPYRAN DERIVATIVE
(FR) DÉRIVÉ DE PYRANOQUINAZOLINE ET DÉRIVÉ DE NAPHTOPYRANE
(JA) ピラノキナゾリン誘導体及びナフトピラン誘導体
要約:
(EN) [Problem] A problem was presented in that conventional photochromic compounds cannot be considered adequate in terms of the coloring/decoloring rate and durability, and the production process therefor has many steps. The present invention provides an industrially applicable photochromic compound that has both a rapid coloring/decoloring reaction and high durability and can also be synthesized at a low cost. [Solution] This compound is characterized in that etheric oxygen atoms are bonded to the carbon atoms at position 1 of a pyranoquinazoline (8H-pyrano[3,2-f]quinazoline) skeleton and position 10 of a naphthopyran (3H-naphtho[2,1-b]pyran) skeleton, said compound having photochromic properties and being a photochromic compound that has both a rapid coloring/decoloring reaction and high durability. Also provided is an industrially applicable photochromic compound that can be synthesized at a low cost.
(FR) Le problème décrit par la présente invention concerne des composés photochromiques classiques qui ne peuvent pas être considérés comme adéquats en termes de vitesse de coloration/décoloration et de durabilité, avec un procédé de production comportant de nombreuses étapes. La présente invention concerne un composé photochromique applicable à l'industrie qui possède à la fois une réaction de coloration/décoloration rapide et une durabilité élevée et peut également être synthétisé à faible coût. La solution selon la présente invention porte sur un composé qui est caractérisé en ce que des atomes d'oxygène éthérique sont liés aux atomes de carbone à la position 1 d'un squelette de pyranoquinazoline (8H-pyrano[3,2-f]quinazoline) et à la position 10 d'un squelette de naphtopyrane (3H-naphto[2,1-b] pyrane), ledit composé ayant des propriétés photochromiques et étant un composé photochromique qui possède à la fois une réaction de coloration/décoloration rapide et une durabilité élevée. L'invention concerne également un composé photochromique applicable à l'industrie qui peut être synthétisé à faible coût.
(JA) 【課題】 従来のフォトクロミック化合物は、発消色速度・耐久性の観点から十分とはいえない、製造工程数が多いといった問題があった。本発明では、高速な発消色反応と高い耐久性を併せ持ち、さらには低コストで合成できることをも実現し、工業的に利用可能なフォトクロミック化合物を提供する。 【解決手段】 本発明の化合物は、ピラノキナゾリン(8H-ピラノ[3,2-f]キナゾリン)骨格の1位およびナフトピラン(3H-ナフト[2,1-b]ピラン)骨格の10位の炭素原子にエーテル性酸素原子が結合していることを特徴としており、当該化合物がフォトクロミック特性を有すること、また、高速な発消色反応と高い耐久性を併せ持つフォトクロミック化合物を実現する。さらには、低コストで合成できることをも実現し、工業的利用がより可能なフォトクロミック化合物を提供する。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)