国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018168160) 被加熱物の加熱方法及び加熱装置

Pub. No.:    WO/2018/168160    International Application No.:    PCT/JP2017/047183
Publication Date: Fri Sep 21 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Fri Dec 29 00:59:59 CET 2017
IPC: F23L 7/00
B22D 41/015
F23N 5/00
Applicants: TAIYO NIPPON SANSO CORPORATION
大陽日酸株式会社
Inventors: HAGIHARA Yoshiyuki
萩原 義之
MATSUMURA Takayuki
松村 孝之
SEINO Naoki
清野 尚樹
Title: 被加熱物の加熱方法及び加熱装置
Abstract:
被加熱物を短時間で均一に加熱できるとともに、二酸化炭素や窒素酸化物等の発生を大幅に削減でき、効率的で環境に配慮した乾燥・加熱を行うことが可能な被加熱物の加熱方法及び加熱装置を提供することを目的とし、バーナ(3)に燃料流体(M1、M2)及び支燃性ガス(G3)を供給し、これらを燃焼させた火炎(2)を熱源として被加熱物を加熱する方法であり、バーナ(3)に供給する支燃性ガス(G3)中の酸素濃度を漸次増加させることにより、被加熱物の昇温速度を増加させる被加熱物の加熱方法、および被加熱物を加熱するバーナ(3)と、燃料流体(M1、M2)及び支燃性ガス(G3)の流量を制御する流量制御部(4)と、バーナ(3)の燃焼情報を流量制御部(4)に送信する演算部(5)とを備え、流量制御部(4)は、バーナ(3)に供給する支燃性ガス(G3)中の酸素濃度を漸次増加させ、被加熱物の昇温速度を増加させる被加熱物の加熱装置(1)を提供する。