国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018168101) 感震センサ及び地震判定方法

Pub. No.:    WO/2018/168101    International Application No.:    PCT/JP2017/042600
Publication Date: Fri Sep 21 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Wed Nov 29 00:59:59 CET 2017
IPC: G01V 1/00
G01V 1/18
Applicants: OMRON CORPORATION
オムロン株式会社
Inventors: MINO, Hiroyuki
三野 宏之
UEDA, Naotsugu
上田 直亜
Title: 感震センサ及び地震判定方法
Abstract:
感震センサにおいてノイズを地震と誤判定することを低減させる。感震センサは、省電力モード、及び当該省電力モードよりも消費電力の大きい測定モードで動作する。感震センサは、加速度を測定する測定部と、測定部が測定した加速度が所定の閾値を超えた場合に、省電力モードから測定モードへ移行し、測定モードにおいて測定された加速度に基づいて地震が発生したか否か判定する地震判定部と、地震が発生したと地震判定部が判定した場合に、地震の規模を示す指標値を算出する指標算出部とを備え、地震判定部は、測定モードに移行した後の期間を複数に分割した各々の判断期間を処理単位として、少なくとも1つの判断期間において、当該判断期間において測定された加速度に基づいて判断される所定の条件を満たすか否かにより、地震が発生したか否かを判定し、地震が発生していないと判定された場合に、測定モードから省電力モードに移行する。