国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018167832) 脱臭装置

Pub. No.:    WO/2018/167832    International Application No.:    PCT/JP2017/010049
Publication Date: Fri Sep 21 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Tue Mar 14 00:59:59 CET 2017
IPC: B01D 53/04
B01D 53/44
B01D 53/70
Applicants: KANKEN TECHNO CO., LTD.
カンケンテクノ株式会社
Inventors: IMAMURA Hiroshi
今村 啓志
Title: 脱臭装置
Abstract:
本発明の脱臭装置は、無機の多孔質材料を主体とした物理的吸着材そのものを粒状又は塊状で使用しているので、悪臭成分吸着構造体(10)の単位容積当たりの悪臭成分吸着量を極大化できる。また、加熱手段(44)が吸着材(40)を直に加熱するので、吸着材(40)に吸着された悪臭成分が無駄なく昇温して吸着材(40)から離脱し、常温の再生エア(CA)でその離脱した悪臭成分を脱臭器(16a,16b…)から押し出すことにより、少ないエネルギー消費量で吸着材(40)の再生が可能となる。そして、固定式脱臭塔(18)が少なくとも2基以上の脱臭器(16a,16b…)を備えているので、戻りエア(CA)の脱臭および吸着材(40)の再生・冷却と言った2つの異なる工程を、従来のロータリー式のものと同様に、同時に実行することができる。