このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018164190) 人造フィブロイン繊維
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/164190 国際出願番号: PCT/JP2018/008800
国際公開日: 13.09.2018 国際出願日: 07.03.2018
IPC:
D01F 4/02 (2006.01) ,C07K 14/435 (2006.01) ,C12N 15/00 (2006.01)
D 繊維;紙
01
天然または人造の糸または繊維;紡績
F
人造のフィラメント,より糸,繊維,剛毛,リボンまたは炭素フィラメントの製造において化学的な特徴をもつもの;炭素フィラメントの製造に特に適合した装置
4
蛋白質の単一成分人造フィラメントまたはその類似物;その製造
02
フイブロインからのもの
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
14
21個以上のアミノ酸を含有するペプチド;ガストリン;ソマトスタチン;メラノトロピン;その誘導体
435
動物から;ヒトから
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
出願人:
Spiber株式会社 SPIBER INC. [JP/JP]; 山形県鶴岡市覚岸寺字水上234番地1 234-1, Aza Mizukami, Kakuganji, Tsuruoka-shi, Yamagata 9970052, JP
小島プレス工業株式会社 KOJIMA INDUSTRIES CORPORATION [JP/JP]; 愛知県豊田市下市場町3丁目30番地 30, Shimoichiba-cho 3-chome, Toyota-shi, Aichi 4718588, JP
発明者:
菅原 潤一 SUGAHARA Junichi; JP
森田 啓介 MORITA Keisuke; JP
中村 浩之 NAKAMURA Hiroyuki; JP
代理人:
長谷川 芳樹 HASEGAWA Yoshiki; JP
清水 義憲 SHIMIZU Yoshinori; JP
優先権情報:
2017-04652610.03.2017JP
発明の名称: (EN) SYNTHETIC FIBROIN FIBER
(FR) FIBRES DE FIBROÏNE SYNTHÉTIQUE
(JA) 人造フィブロイン繊維
要約:
(EN) The present invention pertains to a synthetic fibroin fiber which contains a modified fibroin and for which a shrinkage rate, defined by the formula below, exceeds 7%. Shrinkage rate = {1 − the length of a synthetic fibroin fiber which has undergone shrinkage processing including bringing the fiber into contact with water below the boiling point/the length of the synthetic fibroin fiber prior to undergoing the shrinkage processing} × 100(%)
(FR) L’invention concerne des fibres de fibroïne synthétique qui contiennent une fibroïne modifiée, et qui présentent un coefficient de retrait défini par la formule suivante supérieur à 7%. coefficient de retrait =(longueur des fibres de fibroïne synthétique après exécution d’un processus de retrait incluant une mise en contact avec une eau de température inférieure au point d’ébullition / longueur des fibres de fibroïne synthétique avant exécution du processus de retrait)}×100(%)
(JA) 本発明は、改変フィブロインを含み、かつ下記式で定義される収縮率が7%を超える、人造フィブロイン繊維に関する。 収縮率={1-(沸点未満の水に接触させることを含む収縮加工を施した人造フィブロイン繊維の長さ/収縮加工を施す前の人造フィブロイン繊維の長さ)}×100(%)
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)