国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018164166) 銀ナノワイヤインクの製造方法および銀ナノワイヤインク並びに透明導電塗膜

Pub. No.:    WO/2018/164166    International Application No.:    PCT/JP2018/008699
Publication Date: Fri Sep 14 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Thu Mar 08 00:59:59 CET 2018
IPC: C09D 11/52
C09D 5/24
C09D 7/40
C09D 201/00
H01B 1/00
H01B 1/22
H01B 5/14
H01B 13/00
Applicants: DOWA ELECTRONICS MATERIALS CO., LTD.
DOWAエレクトロニクス株式会社
Inventors: SATO Kimitaka
佐藤 王高
KODAMA Daisuke
兒玉 大輔
KANASUGI Minami
金杉 実奈美
UEYAMA Toshihiko
上山 俊彦
KURITA Satoru
栗田 哲
Title: 銀ナノワイヤインクの製造方法および銀ナノワイヤインク並びに透明導電塗膜
Abstract:
【課題】工業的実用性の高いナノワイヤの製造方法および高透明性と高導電性を兼ね備えた導電膜を提供する。 【解決手段】伸度500%未満のウレタン樹脂からなる平均粒径200nm以下のウレタン樹脂粒子を銀ナノワイヤ分散液に混合する銀ナノワイヤインクの製造方法。前記ウレタン樹脂は100%モジュラス値(100%Mo)の平均値が例えば6.0MPa以上である。銀ナノワイヤインク総量に対するウレタン樹脂コロイドまたはウレタン樹脂エマルションの含有量はウレタンとして、0.01~2.0質量%とすることができる。銀ナノワイヤインク総量に対する銀の含有量は0.01~2.0質量%とすることが好ましい。銀ナノワイヤインク総量に対する粘度調整剤の含有量は0.01~2.0質量%とすることが好ましい。