国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018164113) マウス近視誘導モデル及び近視予防・抑制のための小胞体ストレス抑制剤

Pub. No.:    WO/2018/164113    International Application No.:    PCT/JP2018/008554
Publication Date: Fri Sep 14 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Wed Mar 07 00:59:59 CET 2018
IPC: A61K 45/00
A61K 31/235
A61P 27/10
A61P 43/00
C12Q 1/04
G01N 33/15
G01N 33/50
Applicants: KEIO UNIVERSITY
学校法人 慶應義塾
Inventors: IKEDA Shinichi
池田 真一
JIANG Xiaoyan
姜 効炎
TSUBOTA Kazuo
坪田 一男
KURIHARA Toshihide
栗原 俊英
Title: マウス近視誘導モデル及び近視予防・抑制のための小胞体ストレス抑制剤
Abstract:
マウスの成長に応じて角度と幅を調節可能なマイナスレンズ、及びプロテクターを幼若マウスに装着することによって、ヒトの強度近視に酷似したモデルを作製することができる。また、このモデル解析から近視誘導により小胞体ストレスが強膜に生じていること、及び小胞体ストレスによって近視が誘導されることが示された。さらに、小胞体ストレス抑制剤、特に、フェニル酪酸、タウロウルソデオキシコール酸が近視予防・抑制剤として作用することが明らかとなった。