このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018163955) 組成物、その製造方法、および、その用途
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/163955 国際出願番号: PCT/JP2018/007737
国際公開日: 13.09.2018 国際出願日: 01.03.2018
IPC:
C09K 11/65 (2006.01) ,A01G 7/00 (2006.01) ,B82Y 30/00 (2011.01) ,B82Y 40/00 (2011.01) ,C01B 32/182 (2017.01) ,C08K 3/04 (2006.01) ,C08L 101/14 (2006.01) ,C09K 11/08 (2006.01) ,H01L 31/055 (2014.01) ,H01L 33/50 (2010.01)
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
K
他に分類されない応用される物質;他に分類されない物質の応用
11
発光性物質,例.電気発光性物質;化学発光性物質
08
無機発光性物質を含有するもの
65
炭素を含むもの
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
G
園芸;野菜,花,稲,果樹,ぶどう,ホップ,海草の栽培;林業;灌水
7
植物の生態一般
B 処理操作;運輸
82
ナノテクノロジー
Y
ナノ構造物の特定の使用または応用;ナノ構造物の測定または分析;ナノ構造物の製造または処理
30
材料または表面科学のためのナノテクノロジー,例.ナノ複合材料
B 処理操作;運輸
82
ナノテクノロジー
Y
ナノ構造物の特定の使用または応用;ナノ構造物の測定または分析;ナノ構造物の製造または処理
40
ナノ構造物の製造または処理
[IPC code unknown for C01B 32/182]
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K
無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
3
無機配合成分の使用
02
元素
04
炭素
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
101
不特定の高分子化合物の組成物
12
物理的性質,例.異方性,粘性または導電性,に特徴があるもの
14
水溶性または水膨潤性高分子化合物,例.水性ゲル
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
K
他に分類されない応用される物質;他に分類されない物質の応用
11
発光性物質,例.電気発光性物質;化学発光性物質
08
無機発光性物質を含有するもの
H 電気
01
基本的電気素子
L
半導体装置,他に属さない電気的固体装置
31
赤外線,可視光,短波長の電磁波,または粒子線輻射に感応する半導体装置で,これらの輻射線エネルギーを電気的エネルギーに変換するかこれらの輻射線によって電気的エネルギーを制御かのどちらかに特に適用されるもの;それらの装置またはその部品の製造または処理に特に適用される方法または装置;それらの細部
04
変換装置として使用されるもの
042
光電池のパネルまたは配列を含むもの,例.太陽電池
052
冷却,光反射または光集中手段を有するもの
055
光が吸収され,かつ集光装置により異なる波長で再放射されるもの,例.ルミネッセンス材料を用いることによるもの
H 電気
01
基本的電気素子
L
半導体装置,他に属さない電気的固体装置
33
光の放出に特に適用される少なくとも1つの電位障壁または表面障壁を有する半導体装置;それらの装置またはその部品の製造,あるいは処理に特に適用される方法または装置;それらの装置の細部
48
半導体素子本体のパッケージに特徴のあるもの
50
波長変換要素
出願人:
国立研究開発法人物質・材料研究機構 NATIONAL INSTITUTE FOR MATERIALS SCIENCE [JP/JP]; 茨城県つくば市千現一丁目2番地1 2-1, Sengen 1-chome, Tsukuba-shi, Ibaraki 3050047, JP
発明者:
長尾 忠昭 NAGAO Tadaaki; JP
ナンダ カルナ カル NANDA Karuna Kar; JP
代理人:
相田 悟 AIDA Satoru; JP
松本 悟 MATSUMOTO Satoru; JP
優先権情報:
2017-04486109.03.2017JP
2017-21341306.11.2017JP
発明の名称: (EN) COMPOSITION, METHOD FOR PRODUCING SAME, AND USE THEREOF
(FR) COMPOSITION, PROCÉDÉ POUR SA PRODUCTION ET UTILISATION ASSOCIÉE
(JA) 組成物、その製造方法、および、その用途
要約:
(EN) [Problem] To provide: a composition having a carbon naoparticle phosphor dispersed therein, wherein the emission wavelength of the carbon naoparticle phosphor does not have excitation wavelength dependency and the quantum efficiency of the carbon naoparticle phosphor is excellent; a method for producing the composition; and a use of the composition. [Solution] In the composition according to the present invention, a carbon naoparticle phosphor is dispersed in a water-soluble solvent, wherein the carbon naoparticle phosphor contains a carbon atom, an oxygen atom, a nitrogen atom and optionally a hydrogen atom, the intensity of a peak (285.98 eV) coming from a C-N bond and/or a C-O bond is larger than the intensity of a peak (284.95 eV) coming from a C-C bond and/or a C-H bond in the X-ray photoelectron spectroscopic spectra of the carbon naoparticle phosphor, and the Raman spectrum in the carbon naoparticle phosphor has peaks coming from a G band and a D band.
(FR) Le problème décrit par la présente invention concerne : une composition présentant un luminophore de nanoparticules de carbone dispersé en son sein, la longueur d'onde d'émission du luminophore de nanoparticules de carbone ne présentant pas de dépendance de longueur d'onde d'excitation et l'efficacité quantique du luminophore de nanoparticules de carbone étant excellente ; un procédé de production de la composition ; et une utilisation de la composition. Dans la composition selon la présente invention, un luminophore de nanoparticules de carbone est dispersé dans un solvant soluble dans l'eau, le luminophore de nanoparticules de carbone contenant un atome de carbone, un atome d'oxygène, un atome d'azote et éventuellement un atome d'hydrogène, l'intensité d'un pic (285,98 eV) provenant d'une liaison C-N et/ou d'une liaison C-O étant supérieure à l'intensité d'un pic (284,95 eV) provenant d'une liaison C-C et/ou d'une liaison C-H dans les spectres spectroscopiques photoélectroniques de rayons X du luminophore de particules de carbone et le spectre Raman dans le luminophore de nanoparticules de carbone présentant des pics provenant d'une bande G et d'une bande D.
(JA) 【課題】 発光波長の励起波長依存性がなく、量子効率に優れた炭素ナノ粒子蛍光体が分散した組成物、その製造方法、および、その用途を提供すること。 【解決手段】 本発明の組成物は、炭素ナノ粒子蛍光体が水溶性溶媒に分散しており、炭素ナノ粒子蛍光体は、炭素原子、酸素原子、窒素原子および必要に応じて水素原子を含有し、炭素ナノ粒子蛍光体は、X線光電子分光スペクトルにおいて、C-N結合および/またはC-O結合に由来するピーク(285.98eV)の強度が、C-C結合および/またはC-H結合に由来するそれ(284.95eV)よりも大きく、炭素ナノ粒子蛍光体におけるラマンスペクトルは、GバンドおよびDバンドに基づくピークを有する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)