このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018163947) 多孔性タンパク質結晶を利用したタンパク質結晶化
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/163947 国際出願番号: PCT/JP2018/007697
国際公開日: 13.09.2018 国際出願日: 01.03.2018
IPC:
C12N 15/09 (2006.01) ,C07K 1/14 (2006.01) ,C07K 19/00 (2006.01) ,C12N 1/15 (2006.01) ,C12N 1/19 (2006.01) ,C12N 1/21 (2006.01) ,C12N 5/10 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
1
ペプチドの製造のための一般方法
14
抽出;分離;精製
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
19
ハイブリッドペプチド
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
14
菌類;そのための培地
15
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
14
菌類;そのための培地
16
酵母;そのための培地
19
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
20
細菌;そのための培地
21
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5
ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
10
外来遺伝物質の導入によって修飾された細胞,例.ウイルス形質転換細胞
出願人:
国立大学法人徳島大学 TOKUSHIMA UNIVERSITY [JP/JP]; 徳島県徳島市新蔵町2丁目24番地 2-24, Shinkura-cho, Tokushima-shi, Tokushima 7708501, JP
発明者:
真板 宣夫 MAITA, Nobuo; JP
代理人:
特許業務法人三枝国際特許事務所 SAEGUSA & PARTNERS; 大阪府大阪市中央区道修町1-7-1 北浜TNKビル Kitahama TNK Building, 1-7-1, Doshomachi, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka 5410045, JP
優先権情報:
2017-04245607.03.2017JP
発明の名称: (EN) PROTEIN CRYSTALLIZATION UTILIZING POROUS PROTEIN CRYSTAL
(FR) CRISTALLISATION DE PROTÉINE À L'AIDE D'UN CRISTAL POREUX PROTÉINIQUE
(JA) 多孔性タンパク質結晶を利用したタンパク質結晶化
要約:
(EN) Disclosed are: a fusion protein containing an R1-EN and a protein fused to a C-terminus or an N-terminus of said R1-EN or a protein having said R1-EN in a loop; a protein crystal production method including a step for crystallizing said fusion protein; protein crystals containing said fusion protein; a protein structure analyzing method including a step for performing X-ray crystal structure analysis by using the protein crystals obtained by means of the aforementioned method or the aforementioned protein crystals; a nucleic acid coding for said fusion protein; an expression vector containing said nucleic acid; a transformant in which said nucleic acid has been introduced; and a method for placing an arbitrary protein in a gap of a crystal lattice having a honeycomb structure in which said fusion protein is used.
(FR) L'invention concerne : une protéine de fusion contenant un R1-EN et une protéine fusionnée à une extrémité C-terminale ou à une extrémité N-terminale dudit R1-EN ou d'une protéine présentant ledit R1-EN dans une boucle ; un procédé de production de cristal protéinique comprenant une étape de cristallisation de ladite protéine de fusion ; des cristaux protéiniques contenant ladite protéine de fusion ; un procédé d'analyse de structure protéinique comprenant une étape consistant à effectuer une analyse de structure de cristal par rayons X à l'aide des cristaux protéiniques obtenus au moyen du procédé susmentionné ou des cristaux protéiniques susmentionnés ; un acide nucléique codant pour ladite protéine de fusion ; un vecteur d'expression contenant ledit acide nucléique ; un transformant dans lequel ledit acide nucléique a été introduit ; et un procédé consistant à placer une protéine arbitraire dans un interstice d'un réseau cristallin présentant une structure en nid d'abeilles dans laquelle ladite protéine de fusion est utilisée.
(JA) 開示されているのは、R1-EN、及び該R1-ENのC末端若しくはN末端に融合したタンパク質又はループ中に該R1-ENを有するタンパク質を含有する融合タンパク質、該融合タンパク質を結晶化させる工程を含むタンパク質結晶の製造方法、該融合タンパク質を含むタンパク質結晶、該方法により得られるタンパク質結晶又は該タンパク質結晶を用いてX線結晶構造解析を行う工程を含むタンパク質の構造解析方法、該融合タンパク質をコードする核酸、該核酸を含む発現ベクター、該核酸が導入された形質転換体、並びに該融合タンパク質を使用するハニカム構造をした結晶格子の空隙に任意のタンパク質を配置させる方法である。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)