このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018163646) 対話方法、対話システム、対話装置、およびプログラム
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/163646 国際出願番号: PCT/JP2018/002505
国際公開日: 13.09.2018 国際出願日: 26.01.2018
IPC:
G06F 17/28 (2006.01) ,G06F 3/01 (2006.01) ,G06F 3/16 (2006.01) ,G10L 13/00 (2006.01) ,G10L 15/22 (2006.01)
G 物理学
06
計算;計数
F
電気的デジタルデータ処理
17
特定の機能に特に適合したデジタル計算またはデータ処理の装置または方法
20
自然言語データの取扱い
28
自然言語の処理または翻訳
G 物理学
06
計算;計数
F
電気的デジタルデータ処理
3
計算機で処理しうる形式にデータを変換するための入力装置;処理ユニットから出力ユニットへデータを転送するための出力装置,例.インタフェース装置
01
ユーザーと計算機との相互作用のための入力装置または入力と出力が結合した装置
G 物理学
06
計算;計数
F
電気的デジタルデータ処理
3
計算機で処理しうる形式にデータを変換するための入力装置;処理ユニットから出力ユニットへデータを転送するための出力装置,例.インタフェース装置
16
音声入力;音声出力
G 物理学
10
楽器;音響
L
音声の分析または合成;音声認識;音声処理;音声または音響の符号化と復号化
13
音声の合成;テキストを音声に変換するシステム
G 物理学
10
楽器;音響
L
音声の分析または合成;音声認識;音声処理;音声または音響の符号化と復号化
15
音声認識
22
音声認識処理中の手順,例.マン・マシン対話
出願人:
日本電信電話株式会社 NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION [JP/JP]; 東京都千代田区大手町一丁目5番1号 5-1, Otemachi 1-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008116, JP
国立大学法人大阪大学 OSAKA UNIVERSITY [JP/JP]; 大阪府吹田市山田丘1番1号 1-1, Yamadaoka, Suita-shi, Osaka 5650871, JP
発明者:
杉山 弘晃 SUGIYAMA, Hiroaki; JP
成松 宏美 NARIMATSU, Hiromi; JP
吉川 雄一郎 YOSHIKAWA, Yuichiro; JP
飯尾 尊優 IIO, Takamasa; JP
有本 庸浩 ARIMOTO, Tsunehiro; JP
石黒 浩 ISHIGURO, Hiroshi; JP
代理人:
中尾 直樹 NAKAO, Naoki; JP
中村 幸雄 NAKAMURA, Yukio; JP
義村 宗洋 YOSHIMURA, Takahiro; JP
優先権情報:
2017-04636410.03.2017JP
発明の名称: (EN) DIALOGUE METHOD, DIALOGUE SYSTEM, DIALOGUE DEVICE, AND PROGRAM
(FR) PROCÉDÉ DE DIALOGUE, SYSTÈME DE DIALOGUE, DISPOSITIF DE DIALOGUE ET PROGRAMME
(JA) 対話方法、対話システム、対話装置、およびプログラム
要約:
(EN) The purpose of the present invention is to prevent inattentive listening to the dialogue of an agent and to make it easier to understand the dialogue with the agent. A dialogue system 100 conducts a dialogue with a user 101. An anthropomorphic robot 50-1 presents a leap-in-logic utterance, which is an utterance the logical structure of which is partially omitted. The user 101 expresses confirmation behavior that is behavior confirming the information that has been omitted from the leap-in-logic dialogue. The anthropomorphic robot 50-1 presents a supplementary utterance that is an utterance explaining the omitted information.
(FR) L'objectif de l'invention est d'empêcher l'écoute inattentive du dialogue d'un agent et de faciliter la compréhension du dialogue avec l'agent. Un système de dialogue (100) établit un dialogue avec un utilisateur (101). Un robot anthropomorphique (50-1) présente un énoncé à saut de logique qui est un énoncé dont la structure logique est partiellement omise. L'utilisateur (101) exprime un comportement de confirmation qui est un comportement confirmant les informations qui ont été omises du dialogue à saut de logique. Le robot anthropomorphique (50-1) présente un énoncé supplémentaire qui est un énoncé expliquant les informations omises.
(JA) エージェントの対話を聞き流すことを防ぎ、エージェントとの対話を理解しやすくする。対話システム100は、ユーザ101と対話を行う。人型ロボット50-1は、論理構造の一部が欠落している発話である論理飛躍発話を提示する。ユーザ101は、論理飛躍発話において欠落している情報を確認する行動である確認行動を表出する。人型ロボット50-1は、欠落している情報を説明する発話である補足発話を提示する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)