このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018159840) 軸受部品及び転がり軸受、ならびに軸受部品の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/159840 国際出願番号: PCT/JP2018/008149
国際公開日: 07.09.2018 国際出願日: 02.03.2018
IPC:
C23C 8/32 (2006.01) ,C21D 1/06 (2006.01) ,C21D 9/36 (2006.01) ,C21D 9/40 (2006.01) ,C23C 8/80 (2006.01) ,F16C 33/32 (2006.01) ,F16C 33/34 (2006.01) ,F16C 33/62 (2006.01) ,F16C 33/64 (2006.01)
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
8
金属質材料表面への非金属元素のみの固相拡散;表面と反応性ガスとの反応による金属質材料の化学的表面処理,であって表面材料の反応生成物を被覆層中に残すもの,例.化成被覆(conversioncoatings),金属の不働態化
06
ガスを用いるもの
28
2以上の元素が1段階で用いられるもの
30
浸炭窒化
32
鉄系表面の浸炭窒化
C 化学;冶金
21
鉄冶金
D
鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
1
熱処理,例.焼なまし,硬化,焼入れ,焼きもどし,の一般的方法または装置
06
表面硬化
C 化学;冶金
21
鉄冶金
D
鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
9
特定の品物に用いられる熱処理,それに用いる炉,例.焼なまし,硬化,焼入れ,焼もどし(炉一般F27)
36
ボール用;ローラ用
C 化学;冶金
21
鉄冶金
D
鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
9
特定の品物に用いられる熱処理,それに用いる炉,例.焼なまし,硬化,焼入れ,焼もどし(炉一般F27)
40
リング用;軸受レース用
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
8
金属質材料表面への非金属元素のみの固相拡散;表面と反応性ガスとの反応による金属質材料の化学的表面処理,であって表面材料の反応生成物を被覆層中に残すもの,例.化成被覆(conversioncoatings),金属の不働態化
80
後処理
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
33
軸受部品;軸受または軸受部品の特別な製造方法(金属加工または類似の操作は関係クラスを参照)
30
玉軸受またはころ軸受の部品
32
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
33
軸受部品;軸受または軸受部品の特別な製造方法(金属加工または類似の操作は関係クラスを参照)
30
玉軸受またはころ軸受の部品
34
ころ;針状ころ
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
33
軸受部品;軸受または軸受部品の特別な製造方法(金属加工または類似の操作は関係クラスを参照)
30
玉軸受またはころ軸受の部品
58
軌道;軌道輪
62
材料の選択
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
33
軸受部品;軸受または軸受部品の特別な製造方法(金属加工または類似の操作は関係クラスを参照)
30
玉軸受またはころ軸受の部品
58
軌道;軌道輪
64
特別な製造方法
出願人:
NTN株式会社 NTN CORPORATION [JP/JP]; 大阪府大阪市西区京町堀1丁目3番17号 3-17, Kyomachibori 1-chome, Nishi-ku, Osaka-shi, Osaka 5500003, JP
発明者:
山田 昌弘 YAMADA, Masahiro; JP
大木 力 OHKI, Chikara; JP
代理人:
特許業務法人深見特許事務所 FUKAMI PATENT OFFICE, P.C.; 大阪府大阪市北区中之島三丁目2番4号 中之島フェスティバルタワー・ウエスト Nakanoshima Festival Tower West, 2-4, Nakanoshima 3-chome, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5300005, JP
優先権情報:
2017-04052403.03.2017JP
2017-24149818.12.2017JP
発明の名称: (EN) BEARING COMPONENT, ROLLING BEARING, AND BEARING COMPONENT MANUFACTURING METHOD
(FR) ÉLÉMENT DE PALIER, PALIER À ROULEMENT ET PROCÉDÉ DE FABRICATION D'ÉLÉMENT DE PALIER
(JA) 軸受部品及び転がり軸受、ならびに軸受部品の製造方法
要約:
(EN) Provided are a bearing component, a rolling bearing, and a bearing component manufacturing method, wherein the bearing component and the rolling bearing possess high enough abrasion resistances that allow satisfactory use thereof in an environment contaminated with foreign objects, and the manufacturing costs thereof are less than those of a conventional bearing component using a steel material containing several percent to several tens of percent of an element with which a carbonitride could be formed. The bearing component is formed of chromium-molybdenum steel and has a track surface or a rolling surface. A deposited compound formed of at least one of a carbide, a nitride, and a carbonitride is present on the track surface or the rolling surface. The area ratio of the deposited compound on the track surface or the rolling contact surface is equal to or greater than 3%. The average particle size of the deposited compound on the track surface or the rolling contact surface is equal to or less than 0.3 μm.
(FR) L'invention concerne un élément de palier, un palier à roulement et un procédé de fabrication d'élément de palier, l'élément de palier et le palier à roulement ayant des résistances à l'abrasion suffisamment élevées pour permettre leur utilisation satisfaisante dans un environnement contaminé par des objets étrangers, et leurs coûts de fabrication étant inférieurs à ceux d'un élément de palier classique utilisant un matériau d'acier contenant de quelques pour cent à plusieurs dizaines de pour cent d'un élément avec lequel un carbonitrure pourrait être formé. L'élément de palier est formé d'acier au chrome-molybdène et présente une surface de piste ou une surface de roulement. Un composé déposé formé d'au moins l'un parmi un carbure, un nitrure et un carbonitrure est présent sur la surface de piste ou la surface de roulement. Le rapport surfacique du composé déposé sur la surface de piste ou la surface de contact de roulement est supérieur ou égal à 3 %. La taille moyenne de particule du composé déposé sur la surface de piste ou la surface de contact de roulement est inférieure ou égale à 0,3 µm.
(JA) 異物混入環境下での使用に十分に耐え得る程度の耐摩耗性を有しており、かつ炭窒化物を形成し得る元素を数%以上十数%以下含有させた鋼材を用いた従来の軸受部品よりも製造コストが低い軸受部品および転がり軸受ならびに軸受部品の製造方法を提供する。軸受部品は、クロムモリブデン鋼からなり、軌道面または転動面を備える。軌道面または転動面には炭化物、窒化物、および炭窒化物の少なくともいずれかからなる析出化合物が存在している。軌道面または転動面における析出化合物の面積率が3%以上である。軌道面または転動面における析出化合物の平均粒径が0.3μm以下である。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)