このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018159795) マイクロリアクタチップおよびその製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/159795 国際出願番号: PCT/JP2018/007927
国際公開日: 07.09.2018 国際出願日: 02.03.2018
IPC:
C12M 1/34 (2006.01) ,B01J 19/00 (2006.01) ,B81B 1/00 (2006.01) ,B81C 1/00 (2006.01) ,C12M 1/00 (2006.01) ,G01N 35/02 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
M
酵素学または微生物学のための装置
1
酵素学または微生物学のための装置
34
状態の測定または検出手段をもって測定または試験を行なうもの,例.コロニー計数器
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
19
化学的,物理的,または物理化学的プロセス一般;それらに関連した装置
B 処理操作;運輸
81
マイクロ構造技術
B
マイクロ構造装置またはシステム,例.マイクロマシン装置
1
可動の,または可撓性の要素がない装置,例.マイクロ毛細管装置
B 処理操作;運輸
81
マイクロ構造技術
C
マイクロ構造装置またはシステムの製造または処理に,特に適合した方法または装置
1
基層中または基層上での装置またはシステムの製造または処理
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
M
酵素学または微生物学のための装置
1
酵素学または微生物学のための装置
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
35
グループ1/00から33/00のいずれか1つに分類される方法または材料に限定されない自動分析;そのための材料の取扱い
02
1以上の処理位置または分析位置へコンベア系によって移動させられる多数の試料容器を用いるもの
出願人:
国立大学法人 東京大学 THE UNIVERSITY OF TOKYO [JP/JP]; 東京都文京区本郷七丁目3番1号 3-1, Hongo 7-chome, Bunkyo-ku, Tokyo 1138654, JP
発明者:
渡邉 力也 WATANABE Rikiya; JP
野地 博行 NOJI Hiroyuki; JP
曽我 直樹 SOGA Naoki; JP
代理人:
大野 聖二 OHNO Seiji; JP
森田 裕 MORITA Yutaka; JP
野本 裕史 NOMOTO Hiroshi; JP
優先権情報:
2017-04066403.03.2017JP
発明の名称: (EN) MICROREACTOR CHIP AND MANUFACTURING METHOD FOR SAME
(FR) PUCE DE MICRORÉACTEUR ET SA MÉTHODE DE FABRICATION
(JA) マイクロリアクタチップおよびその製造方法
要約:
(EN) Provided is a microreactor chip comprising a substrate and a hydrophobic layer which is a layer formed on the substrate and made of a hydrophobic substance, wherein the hydrophobic layer is formed such that a plurality of chamber openings are arranged regularly on a main surface of the layer. Each chamber is provided with a first lipid bilayer membrane and a second lipid bilayer membrane that are disposed with a gap therebetween in the depth direction so as to partition the chamber in the depth direction.
(FR) L'invention concerne une puce de microréacteur comprenant un substrat et une couche hydrophobe qui est une couche formée sur le substrat et constituée d'une substance hydrophobe, la couche hydrophobe étant formée de telle sorte qu'une pluralité d'ouvertures de chambre sont disposées régulièrement sur une surface principale de la couche. Chaque chambre est pourvue d'une première membrane lipidique bicouche et d'une seconde membrane lipidique bicouche qui sont disposées avec un espace entre elles dans la direction de la profondeur de façon à diviser la chambre dans la direction de la profondeur.
(JA) マイクロリアクタチップは、基板と、基板上に設けられた疎水性物質からなる層であって、複数のチャンバーの開口部が該層の主面上に規則的に配列するように形成されている、疎水層と、を備える。各チャンバーには、それぞれ、該チャンバーを深さ方向に分画するように、第1脂質二重膜と第2脂質二重膜とが深さ方向に間隔を空けて設けられている。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)