国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018159733) 液晶配向剤、液晶配向膜及び液晶表示素子

Pub. No.:    WO/2018/159733    International Application No.:    PCT/JP2018/007686
Publication Date: Sat Sep 08 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Fri Mar 02 00:59:59 CET 2018
IPC: G02F 1/1337
Applicants: NISSAN CHEMICAL CORPORATION
日産化学株式会社
Inventors: FUJIEDA, Tsukasa
藤枝 司
FUKUDA, Ippei
福田 一平
TOYODA, Miki
豊田 美希
YAMAMOTO, Yusuke
山本 雄介
Title: 液晶配向剤、液晶配向膜及び液晶表示素子
Abstract:
本発明は、過度の加熱にさらされた場合であっても、液晶を垂直に配向させる能力が低下しない液晶配向膜を得られる液晶配向剤を提供し、且つ膜に何らかの異物が接触し、傷ついた際も、液晶を垂直に配向させる能力が低下しない液晶配向膜を得られる液晶配向剤を提供する。本発明は、式[1]で表されるジアミン(式[1]中、Xは単結合又は-O-などの二価の基を表し、Yは式[1-1]で表される基を表す。Y1~Y6は、明細書記載の特定の基を表す)を含有するジアミン成分と、テトラカルボン酸成分との反応物であるポリイミド前駆体及びそのイミド化物であるポリイミドから選ばれる少なくとも1種の重合体を含有する液晶配向剤を提供する。