このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018159595) ヒドロシリル化反応、水素化反応およびヒドロシラン還元反応用触媒
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/159595 国際出願番号: PCT/JP2018/007204
国際公開日: 07.09.2018 国際出願日: 27.02.2018
IPC:
B01J 31/22 (2006.01) ,C07C 5/03 (2006.01) ,C07C 9/15 (2006.01) ,C07C 15/073 (2006.01) ,C07C 209/50 (2006.01) ,C07C 211/27 (2006.01) ,C07F 7/08 (2006.01) ,C07F 7/10 (2006.01) ,C08G 77/08 (2006.01) ,C07B 61/00 (2006.01)
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
31
水素化物,配位錯体または有機化合物からなる触媒(重合反応においてのみ使用される触媒組成物C08)
16
配位錯体を含有するもの
22
有機錯体
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
5
同数の炭素原子を含有する炭化水素からの炭化水素の製造
02
水素添加によるもの
03
非芳香族炭素―炭素二重結合の
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
9
非環式飽和炭化水素
14
5~15個の炭素原子を有するもの
15
鎖状炭化水素
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
15
環部分として6員芳香環のみを含有する環式炭化水素
02
単環式炭化水素
067
C↓8H↓1↓0炭化水素
073
エチルベンゼン
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
209
炭素骨格に結合しているアミノ基を含有する化合物の製造
44
カルボン酸またはそのエステルのアンモニアまたはアミン存在下における還元によるもの,またはニトリル,カルボン酸アミド,イミンまたはイミノ―エーテルの還元によるもの
50
カルボン酸アミドの還元によるもの
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
211
炭素骨格に結合しているアミノ基を含有する化合物
01
非環式炭素原子に結合しているアミノ基をもつもの
26
少なくとも1個の6員芳香環を含有する不飽和炭素骨格の
27
飽和炭素鎖によって6員芳香環に結合しているアミノ基をもつもの
C 化学;冶金
07
有機化学
F
炭素,水素,ハロゲン,酸素,窒素,硫黄,セレンまたはテルル以外の元素を含有する非環式,炭素環式または複素環式化合物
7
周期律表の第4族の元素を含有する化合物
02
ケイ素化合物
08
1個以上のC-Si結合をもつ化合物
C 化学;冶金
07
有機化学
F
炭素,水素,ハロゲン,酸素,窒素,硫黄,セレンまたはテルル以外の元素を含有する非環式,炭素環式または複素環式化合物
7
周期律表の第4族の元素を含有する化合物
02
ケイ素化合物
08
1個以上のC-Si結合をもつ化合物
10
窒素を含有するもの
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
77
高分子の主鎖にいおう,窒素,酸素または炭素を有しまたは有せずにけい素を含む連結基を形成する反応により得られる高分子化合物
04
ポリシロキサン
06
製造法
08
用いられた触媒に特徴のあるもの
C 化学;冶金
07
有機化学
B
有機化学の一般的方法あるいはそのための装置
61
他の一般的方法
出願人:
国立大学法人九州大学 KYUSHU UNIVERSITY, NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION [JP/JP]; 福岡県福岡市東区箱崎六丁目10番1号 6-10-1, Hakozaki, Higashi-ku, Fukuoka-shi, Fukuoka 8128581, JP
信越化学工業株式会社 SHIN-ETSU CHEMICAL CO., LTD. [JP/JP]; 東京都千代田区大手町二丁目6番1号 6-1, Ohtemachi 2-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1000004, JP
発明者:
永島 英夫 NAGASHIMA Hideo; JP
真川 敦嗣 SANAGAWA Atsushi; JP
川端 将真 KAWABATA Shoma; JP
野田 大輔 NODA Daisuke; JP
作田 晃司 SAKUTA Koji; JP
代理人:
特許業務法人英明国際特許事務所 PATENT PROFESSIONAL CORPORATION EI-MEI PATENT OFFICE; 東京都中央区銀座二丁目16番12号 銀座大塚ビル2階 GINZA OHTSUKA Bldg. 2F, 16-12, Ginza 2-chome, Chuo-ku, Tokyo 1040061, JP
優先権情報:
2017-03694628.02.2017JP
発明の名称: (EN) CATALYST FOR HYDROSILYLATION REACTION, HYDROGENATION REACTION, AND HYDROSILANE REDUCTION REACTION
(FR) CATALYSEUR POUR RÉACTION D’HYDROSILYLATION, RÉACTION D’HYDROGÉNATION, ET RÉACTION DE RÉDUCTION PAR HYDROSILANE
(JA) ヒドロシリル化反応、水素化反応およびヒドロシラン還元反応用触媒
要約:
(EN) Provided is a catalyst which comprises a compound represented by formula (1) and which exhibits activity for at least one type of reaction selected from among hydrosilylation reaction or hydrogenation reaction with respect to an aliphatic unsaturated bond and hydrosilane reduction reaction with respect to a carbon-oxygen unsaturated bond or a carbon-nitrogen unsaturated bond. Formula (1): Mn(Lm) {M represents Fe, Co, or Ni having an oxidation number of 0, L represents an isocyanide ligand represented by formula (2), n denotes an integer of 1-8, and m denotes an integer of 2-12. Formula (2): (CN)x-R1 (R1 represents a mono- to trivalent-organic group having 1-30 carbon atoms, optionally being substituted by a halogen atom, and optionally having interposed therein one or more atoms selected from among O, N, S, and Si; and x denotes an integer of 1-3.)}.
(FR) L’invention concerne un catalyseur qui est constitué d’un composé de formule (1), et qui est actif dans au moins une sorte de réaction choisie parmi soit une réaction d’hydrosilylation ou une réaction d’hydrogénation vis-à-vis d’une liaison insaturée aliphatique, soit une réaction de réduction par hydrosilane vis-à-vis d’une liaison insaturée carbone-oxygène ou d’une liaison insaturée carbone-azote. Mn(L)m (1) {M représente un Fe, Co ou Ni d’état d’oxydation de valence 0, L représente un ligand isocynure représenté par la formule (2), n représente un nombre entier de 1 à 8, et m représente un nombre entier de 2 à 12. (CN)x-R1 (2) (R1 représente un groupe organique de valence comprise entre 1 et 3 et de nombre d’atomes de carbone compris entre 1 et 30 qui peut être substitué par un atome d’halogène, et dans lequel un atome ou plus choisi parmi O, N , S et Si peut s’intercaler.)}
(JA) 式(1)の化合物からなり、脂肪族不飽和結合に対するヒドロシリル化反応もしくは水素化反応、または炭素-酸素不飽和結合もしくは炭素-窒素不飽和結合に対するヒドロシラン還元反応から選ばれる少なくとも1種の反応に活性を有する触媒。 Mn(L)m (1) {Mは酸化数が0価のFe、Co、またはNiを、Lは下記式(2)で示されるイソシアニド配位子を、nは1~8の整数を、mは2~12の整数を表す。 (CN)x-R1 (2) (R1はハロゲン原子で置換されていてもよく、O、N、SおよびSiから選ばれる原子が1個以上介在してもよい、炭素原子数1~30の1~3価の有機基を、xは1~3の整数を表す。)}
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)