このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018159497) ポリビニルアルコール分解酵素とその製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/159497 国際出願番号: PCT/JP2018/006767
国際公開日: 07.09.2018 国際出願日: 23.02.2018
IPC:
C12N 9/04 (2006.01) ,C12N 1/15 (2006.01) ,C12N 1/19 (2006.01) ,C12N 1/21 (2006.01) ,C12N 5/10 (2006.01) ,C12N 9/14 (2006.01) ,C12N 15/09 (2006.01) ,C12P 21/02 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
9
酵素,例.リガーゼ(6.);酵素前駆体;その組成物;酵素の調製,活性化,阻害,分離または精製方法
02
酸化還元酵素(1.),例.ルシフェラーゼ
04
電子供与体としてCHOH基に作用するもの,例.グルコースオキシダーゼ,乳酸脱水素酵素(1.1)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
14
菌類;そのための培地
15
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
14
菌類;そのための培地
16
酵母;そのための培地
19
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
20
細菌;そのための培地
21
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5
ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
10
外来遺伝物質の導入によって修飾された細胞,例.ウイルス形質転換細胞
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
9
酵素,例.リガーゼ(6.);酵素前駆体;その組成物;酵素の調製,活性化,阻害,分離または精製方法
14
加水分解酵素(3.)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P
発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
21
ペプチドまたは蛋白質の製造
02
2以上のアミノ酸の結合順序が既知のもの,例.グルタチオン
出願人:
株式会社林原 HAYASHIBARA CO., LTD. [JP/JP]; 岡山県岡山市中区藤崎675番地1 675-1, Fujisaki, Naka-ku, Okayama-shi Okayama 7028006, JP
発明者:
山中 章裕 YAMANAKA Akihiro; JP
松尾 直紀 MATSUO Naoki; JP
森 哲也 MORI Tetsuya; JP
西本 友之 NISHIMOTO Tomoyuki; JP
代理人:
須磨 光夫 SUMA Mitsuo; JP
優先権情報:
2017-03967802.03.2017JP
発明の名称: (EN) POLYVINYL ALCOHOL-DEGRADING ENZYME AND PRODUCTION METHOD THEREFOR
(FR) ENZYME DÉGRADANT L'ALCOOL POLYVINYLIQUE ET SON PROCÉDÉ DE PRODUCTION
(JA) ポリビニルアルコール分解酵素とその製造方法
要約:
(EN) The present invention addresses the problem of providing: a novel PVA-degrading enzyme, the identity of which is revealed at the amino acid sequence level; a production method therefor; DNA coding for the enzyme; and recombinant DNA and a transformant which contain the DNA. The problem is solved by providing a polyvinyl alcohol-degrading enzyme having features (1) to (3), a production method therefor, DNA coding for the enzyme, and recombinant DNA and a transformant which contain the DNA having: (1) an activity of oxidizing polyvinyl alcohol and producing hydrogen peroxide; (2) an activity of hydrolyzing a β-diketone; and (3) a molecular weight of 100,000 ± 20,000 as determined through SDS-polyacrylamide gel electrophoresis.
(FR) La présente invention aborde le problème consistant à fournir : une nouvelle enzyme dégradant l'APV dont l'identité est révélée au niveau de la séquence d'acides aminés ; son procédé de production ; un ADN codant pour l'enzyme ; et de l'ADN recombinant et un transformant qui contiennent l'ADN. Le problème est résolu par la fourniture d'une enzyme dégradant l'alcool polyvinylique ayant des caractéristiques (1) à (3), de son procédé de production, d'ADN codant pour l'enzyme, et d'ADN recombinant et d'un transformant qui contiennent l'ADN ayant : (1) une activité d'oxydation d'alcool polyvinylique et de production de peroxyde d'hydrogène ; (2) une activité d'hydrolyse d'une β-dicétone ; et (3) un poids moléculaire de 100 000 ± 20 000 tel que déterminé par électrophorèse sur gel SDS-polyacrylamide.
(JA) アミノ酸配列のレベルまで実体が解明された新規なPVA分解酵素を提供するとともに、その製造方法、当該酵素をコードするDNA、これを含んでなる組換えDNA及び形質転換体を提供することを課題とし、下記(1)乃至(3)の特徴を有するポリビニルアルコール分解酵素、その製造方法、当該酵素をコードするDNA、これを含んでなる組換えDNA及び形質転換体を提供することにより上記課題を解決する: (1)ポリビニルアルコールを酸化し、過酸化水素を生成する活性を有する。 (2)β-ジケトンを加水分解する活性を有する。 (3)SDS-ポリアクリルアミドゲル電気泳動において分子量100,000±20,000を示す。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)