このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018159473) セルロース微細繊維及びその製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/159473 国際出願番号: PCT/JP2018/006617
国際公開日: 07.09.2018 国際出願日: 23.02.2018
IPC:
D21H 11/18 (2006.01) ,C08B 1/02 (2006.01) ,C08B 5/00 (2006.01) ,C08B 15/06 (2006.01)
D 繊維;紙
21
製紙;セルロースの製造
H
パルプ組成物;サブクラスD21C,D21Dに包含されないその製造;紙の含浸またはコーティング;クラスB31またはサブクラスD21Gに包含されない完成紙の処理;他に分類されない紙
11
パルプまたは紙で,天然のセルロースまたはリグノセルロース繊維を含むもの
16
特殊な後処理によって変性したもの
18
高度に水和,膨潤,またはフィブリル化可能な繊維
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
B
多糖類,その誘導体
1
セルロース誘導体を製造するためのセルロースの予備処理
02
エステル化のためのセルロースの精製
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
B
多糖類,その誘導体
5
セルロース無機酸エステルの製造
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
B
多糖類,その誘導体
15
他のセルロース誘導体または変性セルロースの製造
05
炭素,水素,酸素,ハロゲンおよび硫黄以外の元素を含有する誘導体
06
窒素を含むもの
出願人:
大王製紙株式会社 DAIO PAPER CORPORATION [JP/JP]; 愛媛県四国中央市三島紙屋町2番60号 2-60, Mishimakamiyacho, Shikokuchuo-shi, Ehime 7990492, JP
発明者:
松末 一紘 MATSUSUE, Ikko; JP
代理人:
特許業務法人永井国際特許事務所 NAGAI INTERNATIONAL PATENT BUREAU; 東京都中央区日本橋二丁目2番6号 日本橋通り二丁目ビル5階 5th Fl. Nihonbashidori 2-chome Bldg., 2-6, Nihonbashi 2-chome, Chuo-ku, Tokyo 1030027, JP
優先権情報:
2017-03566328.02.2017JP
発明の名称: (EN) CELLULOSE MICROFIBER AND METHOD FOR MANUFACTURING SAME
(FR) MICROFIBRE DE CELLULOSE ET SON PROCÉDÉ DE FABRICATION
(JA) セルロース微細繊維及びその製造方法
要約:
(EN) [Problem] To provide a method for manufacturing a cellulose microfiber and a cellulose microfiber that address the problem of the cellulose microfiber obtained becoming yellow. [Solution] In the method for manufacturing a cellulose microfiber, fibrillation is performed after adding an additive (A) formed from either or both of a phosphorous acid and a phosphorous acid metal salt and an additive (B) formed from either or both of urea and a urea derivative to cellulose fiber and heating and washing the same. The fiber width for the cellulose microfiber is 1 – 1000 nm. Some of the hydroxy groups in the cellulose fiber are substituted for by a functional group with a prescribed structural formula, and an ester of phosphorous acid is introduced.
(FR) La présente invention aborde le problème de la réalisation d'un procédé de fabrication d'une microfibre de cellulose et d'une microfibre de cellulose qui permettent de résoudre le problème selon lequel la microfibre de cellulose obtenue devient jaune. La solution selon l'invention porte sur un procédé de fabrication d'une microfibre de cellulose dans lequel une fibrillation est effectuée après ajout d'un additif (A) formé à partir d'un acide phosphoreux et/ou d'un sel métallique d'acide phosphoreux et d'un additif (B) formé à partir d'urée et/ou d'un dérivé d'urée en fibre de cellulose et en chauffant et en lavant ceux-ci. La largeur de fibre pour la microfibre de cellulose est comprise entre 1 et 1000 nm. Certains des groupes hydroxy dans la fibre de cellulose sont substitués par un groupe fonctionnel ayant une formule structurale prescrite et un ester d'acide phosphoreux est introduit.
(JA) 【課題】得られるセルロース微細繊維が黄色くなるとの問題が解決されたセルロース微細繊維の製造方法、及びセルロース微細繊維を提供する。 【解決手段】セルロース微細繊維の製造方法について、セルロース繊維に、亜リン酸類及び亜リン酸金属塩類の少なくともいずれか一方からなる添加物(A)、並びに尿素及び尿素誘導体の少なくともいずれか一方からなる添加物(B)を添加し、加熱及び洗浄した後に、解繊する。また、セルロース微細繊維について、繊維幅が1~1000nmであり、セルロース繊維のヒドロキシ基の一部が、所定の構造式に示す官能基で置換されて、亜リン酸のエステルが導入されている。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)