国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018159365) 情報処理装置、情報処理装置の制御方法および情報処理装置の制御プログラム

Pub. No.:    WO/2018/159365    International Application No.:    PCT/JP2018/005793
Publication Date: Sat Sep 08 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Tue Feb 20 00:59:59 CET 2018
IPC: G06F 9/48
G06F 12/0842
Applicants: FUJITSU LIMITED
富士通株式会社
Inventors: MAEDA, Munenori
前田 宗則
Title: 情報処理装置、情報処理装置の制御方法および情報処理装置の制御プログラム
Abstract:
【課題】 メモリリークの発生を抑止する。 【解決手段】 情報処理装置は、実行部、第1記憶部、第2記憶部、退避処理部および情報受け渡し部を有する。実行部は、スレッドを実行する。第1記憶部は、スレッドの実行に使用されうるスレッド情報を記憶する。第2記憶部は、第1記憶部から退避されるスレッド情報を記憶する。退避処理部は、実行部が実行するスレッドのうち、スレッド情報を退避する退避対象のスレッドの実行の終了後に、退避対象のスレッドのスレッド情報を第1記憶部から第2記憶部に退避する。情報受け渡し部は、実行中のスレッドが第2記憶部に退避されたスレッド情報を使用する場合、実行中のスレッドにより使用されるスレッド情報を第2記憶部から実行部に転送する。