このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018159110) 積層体の製造方法、及び光硬化性樹脂組成物
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/159110 国際出願番号: PCT/JP2018/000578
国際公開日: 07.09.2018 国際出願日: 12.01.2018
IPC:
B32B 37/12 (2006.01) ,B05D 1/36 (2006.01) ,B05D 3/06 (2006.01) ,B05D 7/24 (2006.01) ,B29C 65/48 (2006.01) ,B32B 38/18 (2006.01) ,C03C 27/10 (2006.01) ,C09J 4/02 (2006.01) ,C09J 5/00 (2006.01) ,C09J 11/06 (2006.01) ,C09J 133/00 (2006.01) ,G02F 1/1333 (2006.01) ,G09F 9/00 (2006.01)
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
37
積層の方法または装置,例.硬化結合または超音波結合によるもの
12
接着剤の使用に特徴のあるもの
B 処理操作;運輸
05
霧化または噴霧一般;液体または他の流動性材料の表面への適用一般
D
液体または他の流動性材料を表面に適用する方法一般
1
液体または他の流動性材料を適用する方法
36
液体または他の流動性材料を連続的に適用するもの,例.中間処理がないもの
B 処理操作;運輸
05
霧化または噴霧一般;液体または他の流動性材料の表面への適用一般
D
液体または他の流動性材料を表面に適用する方法一般
3
液体または他の流動性材料を適用する表面の前処理;適用されたコーティングの後処理,例.液体または他の流動性材料を続いて適用することに先だってなされるすでに適用されたコーティングの中間処理
06
放射線にさらすことによるもの
B 処理操作;運輸
05
霧化または噴霧一般;液体または他の流動性材料の表面への適用一般
D
液体または他の流動性材料を表面に適用する方法一般
7
液体または他の流動性材料を特定の表面に適用するかまたは特定の液体または他の流動性材料を適用するのに特に適した,フロック加工以外の,方法
24
特定の液体または他の流動性材料を適用するためのもの
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
65
予備成形品の接合;そのための装置
48
接着剤を用いるもの
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
38
積層過程に伴う付随的操作
18
層または積層体の取扱い
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
C
ガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグからの繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
27
ガラスの他の無機物質への接着;融着以外によるガラスのガラスへの接着
06
融着以外の方法によるガラスのガラスへの接着
10
目的に特に適する接着物によるもの
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
4
少なくとも1つの重合性炭素―炭素不飽和結合をもつ有機非高分子化合物に基づく接着剤
02
アクリルモノマー
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
5
一般的接着方法;他の分類に規定されない接着方法,例.下塗りに関連するもの
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
11
グループ9/00に分類されない接着剤の特徴,例.添加剤
02
非高分子添加剤
06
有機物
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
133
ただ1つの炭素―炭素二重結合を含有する1個以上の不飽和脂肪族基をもち,そのうちただ1つの脂肪酸がただ1つのカルボキシル基によって停止されている化合物,またはその塩,無水物,エステル,アミド,イミドまたはそのニトリルの単独重合体または共重合体に基づく接着剤;そのような重合体の誘導体に基づく接着剤
G 物理学
02
光学
F
光の強度,色,位相,偏光または方向の制御,例.スイッチング,ゲーテイング,変調または復調のための装置または配置の媒体の光学的性質の変化により,光学的作用が変化する装置または配置;そのための技法または手順;周波数変換;非線形光学;光学的論理素子;光学的アナログ/デジタル変換器
1
独立の光源から到達する光の強度,色,位相,偏光または方向の制御のための装置または配置,例.スィッチング,ゲーテイングまたは変調;非線形光学
01
強度,位相,偏光または色の制御のためのもの
13
液晶に基づいたもの,例.単一の液晶表示セル
133
構造配置;液晶セルの作動;回路配置
1333
構造配置
G 物理学
09
教育;暗号方法;表示;広告;シール
F
表示;広告;サイン;ラベルまたはネームプレート;シール
9
情報が個別素子の選択または組合わせによって支持体上に形成される可変情報用の指示装置
出願人:
デクセリアルズ株式会社 DEXERIALS CORPORATION [JP/JP]; 東京都品川区大崎1丁目11番2号 ゲートシティ大崎イーストタワー8階 Gate City Osaki, East Tower 8F, 1-11-2, Osaki, Shinagawa-ku, Tokyo 1410032, JP
発明者:
中村 司 NAKAMURA, Tsukasa; JP
原 大輔 HARA, Daisuke; JP
代理人:
野口 信博 NOGUCHI, Nobuhiro; JP
優先権情報:
2017-03761428.02.2017JP
発明の名称: (EN) MANUFACTURING METHOD FOR LAMINATED BODY, AND PHOTOCURABLE RESIN COMPOSITION
(FR) PROCÉDÉ DE FABRICATION DE CORPS STRATIFIÉ ET COMPOSITION DE RÉSINE PHOTODURCISSABLE
(JA) 積層体の製造方法、及び光硬化性樹脂組成物
要約:
(EN) The purpose of the present invention is to achieve both high viscosity of dam material and low viscosity of fill material and make adhesion between members satisfactory even when a resin composition having the same components is used as the dam material and the fill material. The present manufacturing method comprises: a step (A) of forming a coated region 7 of a second resin composition 8 on a surface of a first member using a first resin composition; a step (B) of coating the coated region 7 with the second resin composition 8; a step (C) of bonding the first member and a second member together via the second resin composition 8 and filling the coated region 7 with the second resin composition 8; and a step (D) of irradiating light onto the second resin composition 8 to form a cured resin layer 1. The step (C) includes heating the second resin composition 8. The second resin composition 8 contains a monofunctional monomer having a heating residue of 95% or more after having been heated at 60°C for 30 minutes. The second resin composition 8 has a heating residue of 95% or more after having been heated at 80°C for three hours.
(FR) Le but de la présente invention est d'obtenir à la fois une viscosité élevée de matériau de barrage et une faible viscosité de matériau de remplissage et de rendre l'adhérence entre des éléments satisfaisante même lorsqu'une composition de résine ayant les mêmes composants est utilisée en tant que matériau de barrage et matériau de remplissage. Le présent procédé de fabrication comprend : une étape (A) consistant à former une région revêtue (7) d'une seconde composition de résine (8) sur une surface d'un premier élément à l'aide d'une première composition de résine ; une étape (B) consistant à revêtir la région revêtue (7) avec la seconde composition de résine (8) ; une étape (C) consistant à coller le premier élément et un second élément ensemble par l'intermédiaire de la seconde composition de résine (8) et à remplir la région revêtue (7) avec la seconde composition de résine (8) ; et une étape (D) consistant à irradier de la lumière sur la seconde composition de résine (8) pour former une couche de résine durcie (1). L'étape (C) comprend le chauffage de la seconde composition de résine (8). La seconde composition de résine (8) contient un monomère monofonctionnel ayant un résidu de chauffage supérieur ou égal à 95 % après avoir été chauffé à 60 °C pendant 30 minutes. La seconde composition de résine (8) présente un résidu de chauffage supérieur ou égal à 95 % après avoir été chauffé à 80 °C pendant trois heures.
(JA) ダム材とフィル材として同一成分の樹脂組成物を用いた場合でも、ダム材の高粘度性と、フィル材の低粘度性とを両立し、部材同士の密着性を良好にする。 本製造方法は、第1の部材の表面に、第1の樹脂組成物を用いて、第2の樹脂組成物8の塗布領域7を形成する工程(A)と、塗布領域7に第2の樹脂組成物8を塗布する工程(B)と、第1の部材と、第2の部材とを、第2の樹脂組成物8を介して貼合せ、第2の樹脂組成物8を塗布領域7に充填させる工程(C)と、第2の樹脂組成物8に光を照射して硬化樹脂層1を形成する工程(D)とを有する。工程(C)は、第2の樹脂組成物8を加熱することを含む。第2の樹脂組成物8は、60℃で30分間加熱後の加熱残分が95.0%以上である単官能モノマーを含有する。第2の樹脂組成物8は、80℃で3時間加熱後の加熱残分が95.0%以上である。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)