このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018158974) 表面被覆切削工具およびその製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/158974 国際出願番号: PCT/JP2017/024935
国際公開日: 07.09.2018 国際出願日: 07.07.2017
IPC:
B23B 27/14 (2006.01) ,B23B 51/00 (2006.01) ,B23C 5/16 (2006.01) ,B23D 77/00 (2006.01) ,B23F 21/00 (2006.01) ,B23G 5/06 (2006.01) ,C23C 16/34 (2006.01) ,C23C 16/56 (2006.01)
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
B
旋削;中ぐり
27
旋削機械または中ぐり盤用工具;一般に類似した種類の工具;そのための付属品
14
ビットまたはチップが特別な材料でできているバイト
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
B
旋削;中ぐり
51
ボール盤用工具
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
C
フライス削り
5
フライス
16
形状よりも物理的性質に特徴のあるもの
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
D
平削り;みぞ削り;せん断;ブローチ加工;のこ引き;やすり掛け;キサゲ加工;他に分類されない,切粉を出す金属加工のための類似の作業
77
リーマー工具
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
F
歯車またはラックの製造
21
歯切盤で使用するのに特に適した工具
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
G
ねじ切り;ねじ切りと関連した,ねじ,ボルト頭,またはナットの加工
5
ねじ切削工具;ダイヘッド
02
調整用手段のないもの
06
タップ
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
16
ガス状化合物の分解による化学的被覆であって,表面材料の反応生成物を被覆層中に残さないもの,すなわち化学蒸着(CVD)法
22
金属質材料以外の無機質材料の析出に特徴のあるもの
30
化合物,混合物または固溶体の析出,例.ほう化物,炭化物,窒化物
34
窒化物
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
16
ガス状化合物の分解による化学的被覆であって,表面材料の反応生成物を被覆層中に残さないもの,すなわち化学蒸着(CVD)法
56
後処理
出願人:
住友電工ハードメタル株式会社 SUMITOMO ELECTRIC HARDMETAL CORP. [JP/JP]; 兵庫県伊丹市昆陽北一丁目1番1号 1-1, Koyakita 1-chome, Itami-shi, Hyogo 6640016, JP
住友電気工業株式会社 SUMITOMO ELECTRIC INDUSTRIES, LTD. [JP/JP]; 大阪府大阪市中央区北浜四丁目5番33号 5-33, Kitahama 4-chome, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka 5410041, JP
発明者:
パサート アノンサック PASEUTH, Anongsack; JP
城戸 保樹 KIDO, Yasuki; JP
今村 晋也 IMAMURA, Shinya; JP
倉持 幸治 KURAMOCHI, Koji; JP
代理人:
特許業務法人深見特許事務所 FUKAMI PATENT OFFICE, P.C.; 大阪府大阪市北区中之島三丁目2番4号 中之島フェスティバルタワー・ウエスト Nakanoshima Festival Tower West, 2-4, Nakanoshima 3-chome, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5300005, JP
優先権情報:
2017-03737528.02.2017JP
発明の名称: (EN) SURFACE-COATED CUTTING TOOL AND PRODUCTION METHOD THEREFOR
(FR) OUTIL DE COUPE À REVÊTEMENT DE SURFACE ET PROCÉDÉ DE PRODUCTION ASSOCIÉ
(JA) 表面被覆切削工具およびその製造方法
要約:
(EN) This surface-coated cutting tool includes a base material and a coating formed on the surface thereof, wherein: the coating includes one or more layers; at least one of the layers is an Al-rich layer that contains hard particles; the hard particles have a sodium chloride-type crystal structure and comprise a plurality of aggregated first unit phases and second unit phases that are interposed between the first unit phases; the first unit phases comprise a nitride or a carbonitride of AlxTi1-x; the atomic ratio x of Al in the first unit phases is 0.7-0.96; the second unit phases comprise a nitride or a carbonitride of AlyTi1-y; the atomic ratio y of Al in the second unit phases is not less than 0.5 but less than 0.7; and, when analyzed by an X-ray diffraction method from a direction normal to the surface of the coating, the Al-rich layer has a maximum peak in (200) plane.
(FR) L'invention concerne un outil de coupe à revêtement de surface, comprenant un matériau de base et un revêtement formé sur sa surface, le revêtement comprenant une ou plusieurs couches ; au moins l'une des couches étant une couche riche en Al qui contient des particules dures ; les particules dures présentant une structure cristalline de type chlorure de sodium et comportant une pluralité de premières phases unitaires agrégées et de secondes phases unitaires qui sont interposées entre les premières phases unitaires ; les premières phases unitaires comportant un nitrure ou un carbonitrure d'AlxTi1-x ; le rapport atomique x d'Al dans les premières phases unitaires étant de 0,7 à 0,96 ; les secondes phases unitaires comportant un nitrure ou un carbonitrure d'AlyTi1- y ; le rapport atomique y d'Al dans les secondes phases unitaires n'étant pas inférieur à 0,5 mais inférieur à 0,7 ; et, lorsqu'elle est analysée par un procédé de diffraction des rayons X à partir d'une direction perpendiculaire à la surface du revêtement, la couche riche en Al présentant un plan de pic maximal dans (200).
(JA) 表面被覆切削工具は、基材と、その表面に形成された被膜とを含み、前記被膜は、1または2以上の層を含み、前記層のうち少なくとも1層は、硬質粒子を含むAlリッチ層であり、前記硬質粒子は、塩化ナトリウム型の結晶構造を有し、かつ複数の塊状の第1単位相と、前記第1単位相間に介在する第2単位相とを含み、前記第1単位相は、AlxTi1-xの窒化物または炭窒化物からなり、前記第1単位相のAlの原子比xは、0.7以上0.96以下であり、前記第2単位相は、AlyTi1-yの窒化物または炭窒化物からなり、前記第2単位相のAlの原子比yは、0.5を超え0.7未満であり、前記Alリッチ層は、X線回折法を用いて前記被膜の表面の法線方向から解析したとき、(200)面において最大ピークを示す。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)