このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018155654) ドラムブレーキ装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/155654 国際出願番号: PCT/JP2018/006818
国際公開日: 30.08.2018 国際出願日: 23.02.2018
IPC:
F16D 65/22 (2006.01) ,B60T 13/74 (2006.01) ,F16D 65/54 (2006.01) ,F16D 125/64 (2012.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
65
ブレーキの部品または細部
14
ブレーキ用の作動機構;定められた位置で作用を起こすための手段
16
ブレーキ内またはブレーキ上に配置されたもの
22
部材を離れるように押すことに適合されたもの
B 処理操作;運輸
60
車両一般
T
車両用制動制御方式またはそれらの部品;制動制御方式またはそれらの部品一般;車両への制動要素の構成一般;車両が不意に動くのを阻止するためのもち運びできる装置;制動装置の冷却を助長するための車両の改造
13
補助動力または駆動動力を用いて初動装置から最終制動作動器への制動動作の伝達;そのような伝達装置が組み込まれた制動方式,例.空気圧制動方式
74
電気的補助力または駆動力をもつもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
65
ブレーキの部品または細部
38
ゆるみ調節装置
40
機械的なもの
52
過度の遊びを調節するための1つの方向に自動のもの
54
直接に直線的な調節によるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
125
ブレーキ作動機構中の構成要素
18
機械的なもの
58
直線運動同士の伝達
64
レバー
出願人:
曙ブレーキ工業株式会社 AKEBONO BRAKE INDUSTRY CO., LTD. [JP/JP]; 東京都中央区日本橋小網町19番5号 19-5, Nihonbashi Koami-cho, Chuo-ku, Tokyo 1038534, JP
発明者:
前原 利史 MAEHARA Toshifumi; JP
吉川 和宏 YOSHIKAWA Kazuhiro; JP
代理人:
特許業務法人栄光特許事務所 EIKOH PATENT FIRM, P.C.; 東京都港区西新橋一丁目7番13号 虎ノ門イーストビルディング10階 Toranomon East Bldg. 10F, 7-13, Nishi-Shimbashi 1-chome, Minato-ku, Tokyo 1050003, JP
優先権情報:
2017-03227823.02.2017JP
発明の名称: (EN) DRUM BRAKE DEVICE
(FR) DISPOSITIF DE FREIN À TAMBOUR
(JA) ドラムブレーキ装置
要約:
(EN) This drum brake device (100) is provided with: first and second brake shoes (17, 19); a link lever (42) rotatably supported by a first web (23) of the first brake shoe (17); first and second struts (39, 67) arranged parallelly between both the pivoting ends of the link lever (42) and the opposite ends of a second web (25) of the second brake shoe (19); and a lever (49) having a rotating base (51) rotatably supported at one end of the first strut (39). The rotating base (51) is disposed near the second brake shoe (19), and a lever input section (53) is disposed near the first brake shoe (17).
(FR) L'invention concerne un dispositif de frein à tambour (100), qui comporte : des première et seconde garnitures de frein (17, 19) ; un levier de liaison (42) supporté de manière rotative par une première lame (23) de la première garniture de frein (17) ; des première et seconde entretoises (39, 67) disposées parallèlement entre les deux extrémités de pivotement du levier de liaison (42) et les extrémités opposées d'une seconde lame (25) de la seconde garniture de frein (19) ; et un levier (49) ayant une base rotative (51) supportée de manière rotative au niveau d'une extrémité de la première entretoise (39). La base rotative (51) est disposée à proximité de la seconde garniture de frein (19), et une section d'entrée de levier (53) est disposée à proximité de la première garniture de frein (17).
(JA) ドラムブレーキ装置(100)は、第1及び第2ブレーキシュー(17,19)と、第1ブレーキシュー(17)の第1ウエブ(23)に回転自在に支持されたリンクレバー(42)と、リンクレバー(42)の両揺動端と第2ブレーキシュー(19)の第2ウエブ(25)の両端部との間に、平行に配設された第1及び第2ストラット(39,67)と、第1ストラット(39)の一端部に回転基部(51)が回転自在に支持されたレバー(49)と、を備える。回転基部(51)が第2ブレーキシュー(19)近傍に配置され、レバー入力部(53)が第1ブレーキシュー(17)近傍に配置される。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)