国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018155610) 熱間鍛造用棒鋼

Pub. No.:    WO/2018/155610    International Application No.:    PCT/JP2018/006622
Publication Date: Fri Aug 31 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Sat Feb 24 00:59:59 CET 2018
IPC: C22C 38/00
C22C 38/60
C21D 8/06
Applicants: NIPPON STEEL & SUMITOMO METAL CORPORATION
新日鐵住金株式会社
Inventors: MIYAKOSHI, Yusuke
宮越 有祐
TAKASUGA, Motoki
高須賀 幹
Title: 熱間鍛造用棒鋼
Abstract:
優れた熱間加工性を有し、熱間鍛造後において高い降伏強度、高い疲労強度、優れた被削性、及び、優れたクラッキング性を示す熱間鍛造用棒鋼を提供する。本開示による熱間鍛造用棒鋼は、質量%で、C:0.05~0.40%、Si:0.05~0.50%、Mn:1.51~3.50%、P:0.010~0.100%、S:0.30%以下、Cr:0.05~2.50%、V:0.10~0.75%、Ti:0.005%~0.250%、Al:0.005~0.060%、N:0.002~0.020%を含有し、残部がFe及び不純物からなり、式(1)を満たす化学組成を有する。鋼中の20μm以上の円相当径を有するTiNの数密度は0.3~4.0個/mm2である。 0.48≦C+0.11Mn+0.08Cr+0.75V+0.20Mo≦1.50 (1) ここで、式中の元素記号には、対応する元素の含有量(質量%)が代入される。