このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018155526) レーザー装置およびその制御方法、質量分析装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/155526 国際出願番号: PCT/JP2018/006357
国際公開日: 30.08.2018 国際出願日: 22.02.2018
IPC:
H01J 49/10 (2006.01) ,G01N 27/62 (2006.01) ,G01N 27/64 (2006.01) ,G02F 1/37 (2006.01) ,H01S 3/00 (2006.01) ,H01S 3/1055 (2006.01) ,H01S 3/106 (2006.01) ,H01S 3/109 (2006.01)
H 電気
01
基本的電気素子
J
電子管または放電ランプ
49
粒子分光器または粒子分離管
02
細部
10
イオン源;イオン銃
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
27
電気的,電気化学的,または磁気的手段の利用による材料の調査または分析
62
ガスのイオン化の調査によるもの;放電の調査によるもの,例.陰極の放射
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
27
電気的,電気化学的,または磁気的手段の利用による材料の調査または分析
62
ガスのイオン化の調査によるもの;放電の調査によるもの,例.陰極の放射
64
ガスをイオン化するための波動または粒子線の利用,例.電離箱におけるもの
G 物理学
02
光学
F
光の強度,色,位相,偏光または方向の制御,例.スイッチング,ゲーテイング,変調または復調のための装置または配置の媒体の光学的性質の変化により,光学的作用が変化する装置または配置;そのための技法または手順;周波数変換;非線形光学;光学的論理素子;光学的アナログ/デジタル変換器
1
独立の光源から到達する光の強度,色,位相,偏光または方向の制御のための装置または配置,例.スィッチング,ゲーテイングまたは変調;非線形光学
35
非線型光学
37
二次高調波発振のためのもの
H 電気
01
基本的電気素子
S
誘導放出を用いた装置
3
レーザ,すなわち誘導放出を用いた赤外線,可視光あるいは紫外線の発生,増幅,変調,復調あるいは周波数変換のための装置
H 電気
01
基本的電気素子
S
誘導放出を用いた装置
3
レーザ,すなわち誘導放出を用いた赤外線,可視光あるいは紫外線の発生,増幅,変調,復調あるいは周波数変換のための装置
10
放出された放射線の強度,周波数,位相,偏光または方向の制御,例.スイッチング,ゲート,変調または復調
105
共振器の反射鏡の相対位置または反射特性を制御することによるもの
1055
回折格子によって構成されている反射鏡の1つを制御するもの
H 電気
01
基本的電気素子
S
誘導放出を用いた装置
3
レーザ,すなわち誘導放出を用いた赤外線,可視光あるいは紫外線の発生,増幅,変調,復調あるいは周波数変換のための装置
10
放出された放射線の強度,周波数,位相,偏光または方向の制御,例.スイッチング,ゲート,変調または復調
106
共振器内に置かれた素子の制御によるもの
H 電気
01
基本的電気素子
S
誘導放出を用いた装置
3
レーザ,すなわち誘導放出を用いた赤外線,可視光あるいは紫外線の発生,増幅,変調,復調あるいは周波数変換のための装置
10
放出された放射線の強度,周波数,位相,偏光または方向の制御,例.スイッチング,ゲート,変調または復調
106
共振器内に置かれた素子の制御によるもの
108
非線形光学素子を用いるもの,例.ブリリュアン散乱またはラマン散乱を示すもの
109
周波数逓倍,例.高調波の発生
出願人:
国立大学法人名古屋大学 NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION NAGOYA UNIVERSITY [JP/JP]; 愛知県名古屋市千種区不老町1番 1, Furo-cho, Chikusa-ku, Nagoya-shi, Aichi 4648601, JP
学校法人工学院大学 KOGAKUIN UNIVERSITY [JP/JP]; 東京都新宿区西新宿1丁目24番2号 1-24-2, Nishi-Shinjuku, Shinjuku-ku, Tokyo 1638677, JP
発明者:
富田 英生 TOMITA Hideki; JP
松井 大樹 MATSUI Daiki; JP
坂本 哲夫 SAKAMOTO Tetsuo; JP
代理人:
藤谷 修 FUJITANI Osamu; JP
一色 昭則 ISSHIKI Akinori; JP
角谷 智広 KADOYA Tomohiro; JP
優先権情報:
2017-03418924.02.2017JP
発明の名称: (EN) LASER DEVICE, METHOD FOR CONTROLLING LASER DEVICE, AND MASS SPECTROSCOPE
(FR) DISPOSITIF LASER, PROCÉDÉ DE COMMANDE DE DISPOSITIF LASER ET SPECTROSCOPE DE MASSE
(JA) レーザー装置およびその制御方法、質量分析装置
要約:
(EN) [Problem] To facilitate switching between a wideband mode of a wide wavelength-variable range and a high-output mode of a high output near a gain peak, in a laser device for wavelength variable laser resonance ionization. [Solution] This laser device is a wavelength-variable diffraction grating titanium sapphire laser, and has a titanium sapphire crystal 10 doped with titanium (Ti) in a resonator. The titanium sapphire crystal 10 is placed and fixed on a stage 21. This stage 21 enables the titanium sapphire crystal 10 to be moved in an optical axis direction so as to change the position thereof. Due to the position changing, switching between a wideband mode and a high-output mode can be performed easily.
(FR) Le problème décrit par la présente invention est de faciliter la commutation entre un mode à large bande d'une large gamme de longueurs d'ondes variables et un mode à sortie élevée d'une sortie élevée à proximité d'un pic de gain, dans un dispositif laser destiné à une ionisation par résonance laser à longueur d'onde variable. La solution selon l'invention porte sur un dispositif laser qui est un laser au saphir titane à réseau de diffraction à longueur d'onde variable, et qui comporte un cristal de saphir titane 10 dopé au titane (Ti) dans un résonateur. Le cristal de saphir titane 10 est placé et fixé sur un étage 21. Ledit étage 21 permet de déplacer le cristal de saphir titane 10 dans une direction d'axe optique de façon à changer sa position. Le changement de position permet d'effectuer facilement une commutation entre un mode à large bande et un mode à sortie élevée.
(JA) 【課題】波長可変なレーザー共鳴イオン化用のレーザー装置において、波長可変範囲の広い広帯域モードと、ゲインピーク近傍で高出力の高出力モードとを簡易に切り換えること。 【解決手段】レーザー装置は、波長可変な回折格子型チタンサファイアレーザーであり、共振器内にチタン(Ti)がドープされたチタンサファイア結晶10を有している。チタンサファイア結晶10は、ステージ21上に載せられ固定されている。このステージ21によって、チタンサファイア結晶10を光軸方向に移動させて位置を変更することが可能となっていて、その位置変更により、広帯域モードと高出力モードとを簡単に切り換えることが可能となっている。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)